25/02/2020

すずがも……り

 昨年末にちょびっと触れたことを、もうちょい詳しく。
スズガモ 15日に撮ったスズガモ、Aythya marila。近所にいないので、見かけたら撮る、撮ったら載せることも多いのだけど、この時期には必ず見られるということで、記録の意味もあまりなく、当日には載せてない。
スズガモ 沖をカモの群れが飛んでて、その1/3くらいだけど、ほとんどスズガモ。
 このスズガモ、書こうとすると予測変換で出てくるのが「鈴ヶ森」。鈴ヶ森といえば東京の地名で、かつて刑場があった場所。今も学校名や公園名に残っているので刑場だったから忌避したというわけでもないと思うのだけど、地名としては消えている。
 「御存鈴ヶ森」という芝居がある。「ご存じ」というくらいだから「鈴ヶ森」といえばこの芝居、というのは広くご存じされてるのだろう。元はもっと長い芝居の一幕だったようだけど、特に話の展開もなく、幡随院長兵衛が白井権八と出会うと言うだけの芝居だ。私も見たことはあるのだが、どうも印象が薄い。片岡孝太郎の権八を金比羅歌舞伎で見たことくらいしか覚えてない。
 むしろ 私の場合は「鈴ヶ森」といえば、「恋娘昔八丈」の七段目、「鈴が森」の段である。
 モデルとなったのは、亨保年間の1726年に、江戸日本橋新材木町の材木問屋「白子屋」で、長女のお熊らによって、入り婿の夫が殺された事件で、翌1727年にお熊は市中引き回しの上獄門となった。その際にお熊が黄八丈の小袖を着ていたことが、当時の人々に大きなインパクトを与えたようである。
クマタカ ついでながら、24日は天気が良かったので、ちょびっと近場の山際に行ってきた。もうウグイスやミソサザイの囀りが聞こえているけど、シャターを切ったのは遠くの稜線の上を飛ぶおくまさんだけだった。
 その白子屋の事件から約半世紀、1775年に江戸で初演されたのが、人形浄瑠璃の「恋娘昔八丈」である。この芝居では、主人公の名は「お熊」から「お駒」に変えられている。
コマドリ おくまさんを貼ったんで、おこまさんも貼っておくけど、今の時期にはいないので、上のおくまさんと同じ場所で以前に撮った絵。
 この芝居のラストが「鈴ヶ森」。冒頭に、江戸の野次馬の会話が出てくるけど義太夫節で語られるので上方アクセントというのが何か変。この芝居では、結局、お駒は違法性阻却事由が明らかになってお咎めなしとなる。そして、タイトルにもあるように、モデルのお熊と同じく、お駒が着ている衣装も黄八丈。
 この芝居は大ヒットとなったようで、初演の翌1776年に大流行した風邪が「お駒風」と名付けられたくらいだった。
恋娘昔八丈 こちらは人形浄瑠璃から歌舞伎に移された「恋娘昔八丈」で、さらに後の幕末の月岡芳年の絵。黄八丈といえば、黄色地の濃色の細い格子というのが、現在では一般的だけど、錦絵などでは、こういうパターンも見られるようだ。
ツグミ
ツグミ 23日に撮ったいつものハチジョウツグミ。
 この「ハチジョウ」は「八丈」で、18世紀末の書にはその名が見られるらしい。こうして絵で見ると随分と違うけれども、当時の人なら、腹部が白と黒ではなく、濃い黄色や赤褐色なので「黄八丈」のツグミと思ったことだろう。
 ハチジョウの由来は不明ということらしいが、ネット上では「八丈島で捕獲されたから」という珍説も見られる。八丈島のサイトを見ると、そもそも「八丈島」というのは「黄八丈」を含む八丈絹の産地ということで、そう呼ばれたのが由来だとか。普通に考えれば、このツグミだって八丈絹が由来だと思えるのだけど、なんでそんな珍説が出回ってるんだろうか。

| | Commentaires (0)

21/02/2020

今週の野良鳥(2/19〜21)

オカヨシガモ 近所の川のオカヨシガモ、Anas strepera
ヨシガモ 今日はちょこっとぶりに裏山の池を覗いてみた。ヨシガモ、Anas falcata
ハシビロガモ 先日にいたサブエクリプスのハシビロガモ、Anas clypeataだと思うが、換羽が進んで♂の羽色が出てきてた。
ハシビロガモ ハシビロガモ 今期、繁殖羽の♂を見てなかったので、昨日、用事で出かけたついでに見て来た。
トモエガモ トモエガモ、Anas formosa。裏山の池にまだ滞在中。
キンクロハジロ キンクロハジロ、Aythya fuligula
カワアイサ カワアイサ カワアイサ、Mergus merganser。♂と♀。
カワアイサ カワアイサ 頭の茶色いカワアイサも若いのは換羽が進んで、♀との違いがわかりやすくなった。並んでるとこを撮ろうとしたけど、近づくと♀が追い払おうとしたり。
カワアイサ カワアイサ カワアイサの若い♂。
イカルチドリ イカルチドリ、Charadrius placidus

| | Commentaires (0)

17/02/2020

今日の野良鳥とか(2月17日)

 再び近所
ツグミ
ツグミ 先日来のハチジョウツグミ、Turdus naumanni
ツグミ 背中や顔び色が濃いんで、ただのツグミと思ったら、これも腹の斑点が赤っぽい。
ルリビタキ ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
シメ
シメ
シメ 今期はよく見かけるシメ、Coccothraustes coccothraustes。でも見るだけだったけど、今日は撮ってみた。
イカル
イカル イカル、Eophona personata
セツブンソウ 今日もついでのセツブンソウ
ふきのとう ふきのとう。
梅 今日の紅梅。

| | Commentaires (0)

15/02/2020

今日の野良鳥(2月15日)

 今期、裏山の池にいるトモエガモもオシドリも成鳥♂だけ。だからといって♀も見に行こうとは思わない。ところが、今期まだ成鳥♂を見てないカモは、見に行こうという気になる。以前に散々見てるのに。それで、以前からちょいちょい行ってる海辺に行ったのだけど天気がモヒトツ。さらに昨年に数メートルの距離でウミアイサを見た堤防が工事中で、立入禁止。それでも、裏山の池のトモエガモよりは近いとこで見られた。
ホオジロガモ
ホオジロガモ 昨年末に♀だけ見たホオジロガモ、Bucephala clangulaの♂。今日の天気故か時期が早いのかディスプレーは見られなかった。
ホオジロガモ まだ繁殖羽になってない♂のホオジロガモもおったので、来月にも行かにゃ。
ホオジロガモ ついでに♀のホオジロガモ
ウミアイサ
ウミアイサ
ウミアイサ ウミアイサ、Mergus serrator 。成鳥の♂は近所に来てくれんかったので、こっちから行くしかないか。
ミコアイサ ついでにウミアイサの♀も、と思って撮ったんだけど、後で見たら♂の幼鳥っぽい。
ウミアイサ・セグロカモメ
ウミアイサ・セグロカモメ ウミアイサが潜ってるのを見てたら舌平目のような魚を獲ってきた。食べるのに手間取っていたら、セグロカモメ、Larus argentatusが横取りに来たけど、無事に食べられたようだ。
ミミカイツブリ ここではハジロカイツブリをよく見るんだけど、ちょっと違うと思ったら、ミミカイツブリ、Podiceps auritusのようだ。
ミミカイツブリ
ミミカイツブリ 別個体のミミカイツブリ。頭の色が薄いめで、こちらは赤い隈取りがわかる距離。先月にアカエリカイツブリを載せた際に、日本のカイツブリ目5種は一通りは見たことがあるが、うち2種はシャターを切る気にもならん距離でしか見たことないと書いてたけど、ミミカイツブリもそう。やっと一通り撮れた。
ハジロカイツブリ ハジロカイツブリ、Podiceps nigricollisもおった。

| | Commentaires (0)

14/02/2020

今週の野良鳥(2/11〜14)

オシドリ 裏山の新しい方の池。こっちはオシドリ、Aix galericulata。ともにドングリを食べるトモエガモとオシドリなので、同じ池に同居することも多いのに、なぜか分かれて滞在中。それも♂単独で。
アメリカヒドリ アメリカヒドリ、Anas americana。今期に何度か載せてる近所のではなく、今日、用事のついでに行った下流で見かけたの。
ミコアイサ
ミコアイサ
ミコアイサ ミコアイサ、Mergus albellus。飛んでった。
ミコアイサ 一緒に飛ばんかったし、追いかけもせず、1羽残ったミコアイサの♀。
カワウ
カワウ
カワウ カワウ、Phalacrocorax carbo。そこらじゅうにおるが撮ることもないトリだけど、魚に悪戦苦闘してたので撮ってみた。結局、鵜呑みに出来ずあきらめた。
ツグミ
ツグミ 先日2羽でたむろしてたハチジョウツグミ、Turdus naumanni。昨日はかなり離れたとこにいた。
ルリビタキ
ルリビタキ
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus。昨日の昼過ぎはよく晴れてたんで、梅を見ながら日向ぼっこ。曇ってきたので帰ろうとすると、近くをうろうろしだす。

| | Commentaires (0)

10/02/2020

この3日の野良鳥とか(2/8〜10)

 週末はどこかに出るかと思っていたけど、寒いのでやめ。結局、用事ついでの近所ばかり。
トモエガモ いつものトモエガモ、Anas formosa。コガモと寝てる。手前を泳ぐヨシガモ。
トモエガモ  起きて身繕いするトモエガモ。手前を泳ぐオカヨシガモ。
トモエガモ 泳ぎだしたトモエガモ。同じような絵ばかりだけど、他にも何なとおるんで、変わったもんに出くわすかも知れんので、つい行ってしまう。
アオバト
アオバト 公園のアオバト、Treron sieboldii
ツグミ 昨日も今日も、晴れてると思って出かけたら、時々雪やアラレや雨のちらつく天気、池をあきらめ行った公園でツグミ、Turdus naumanniが2羽たむろしとった。両方ともハチジョウツグミだけど、なかなか同じフレームに納まらん。
ツグミ
ツグミ
ツグミ
ツグミ とりあえず、近づいてきた方のツグミ。
オジロビタキ オジロビタキ オジロビタキ オジロビタキ、Ficedula albicilla
セツブンソウ ついでのセツブンソウ。

| | Commentaires (0)

07/02/2020

今日の野良鳥(2月7日)

トモエガモ 今日も、特に行くところもなく裏山の池のトモエガモ、Anas formosa。今日は、ほとんど見える所にいたけれど、寝てばかり。
トモエガモ トモエガモ 起きて泳ぎだしけれど、すぐ近くに上陸して寝る。
トモエガモ トモエガモ トモエガモ たまに起きた時のトモエガモ。今日は早々に退散。
カワアイサ カワアイサ カワアイサ カワアイサ カワアイサ カワアイサ カワアイサ 早い目に池から退散したんで、これもあいかわらずだけど、買い物ついでのカワアイサ、Mergus merganser

| | Commentaires (0)

05/02/2020

今日の野良鳥(2月5日)

 今日も裏山の池。
オカヨシガモ とりあRずは数種のトリが動いてるのが見えてるので。これはオカヨシガモ、Anas strepera
トモエガモ とりあえずの目標はトモエガモ、Anas formosaなんだけど、近いとこには来ない。そこそこ近いとこからは、隣の池をはじめ各所で撮ってるわけで、むしろ遠くてもこの池らしい絵が目当て。
トモエガモ トモエガモ トモエガモ トモエガモ このトモエガモはコガモ、Anas creccaと一緒に行動してるんで、その様子も。
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni

| | Commentaires (0)

04/02/2020

節分前後の野良鳥(2/2〜2/4)

 節分なので「柊鰮」。
柊鰮
 で、イワシを買いに行く前に、裏山でヒイラギを調達。そのついでに池に寄ってみた。その際に絵にならんかったのが多いんで、今日も裏山の池。
オカヨシガモ オカヨシガモ、Anas strepera
ヨシガモ
ヨシガモ ヨシガモ、Anas falcata
ヨシガモ ヨシガモの♀だと思うのだが、何か違和感があり、頭も緑っぽい。雄化してるんだろうか。
ヨシガモ・トモエガモ ヨシガモとトモエガモ。
ハシビロガモ
ハシビロガモ
ハシビロガモ
ハシビロガモ ハシビロガモ、Anas clypeata。別に珍しい鴨でもないのだが、これまでこの池で見た記憶がない。
トモエガモ
トモエガモ
トモエガモ
トモエガモ トモエガモ、Anas formosa。コガモと一緒に行動しており、浮島のシュレンケにいる時間が長く、ほとんど草被り、というかまる被り。

| | Commentaires (0)

01/02/2020

今週の野良鳥とか(1/26・2/1)

 カワアイサも繁殖羽になってるし、ちゃんと晴れた日に撮っておこうと、日曜日の昼頃、天気もいいので出かけたにもかかわらず、川辺に着く僅かの時間で曇ってしまう。結局、公園で早咲きの梅を見ることに。平日は出かけてもカメラ持たず。やっと今日、お買い物にいく途中の川辺。
カワアイサ カワアイサ カワアイサ カワアイサ、Mergus merganser
カイツブリ カイツブリ カイツブリ、Tachybaptus ruficollis。夏羽と冬羽の組み合わせでおった。
ヒレンジャク ヒレンジャク ヒレンジャク ヒレンジャク ヒレンジャク ヒレンジャク 今日のヒレンジャク、Bombycilla japonica。川の対岸なのでちょい遠いけれど、十数メートルの高さの樹上も、数メートル低い川面に降りても、同じとこからそんなに仰角も俯角もなく見られるので楽だった。
梅 梅 梅 早咲の梅。

| | Commentaires (0)

«今週始めの野良鳥(1/20〜22)