« KGB発見 | Accueil | ニセCDの普及元? »

19/07/2004

画期的なモノマネ芸

 モノマネ芸というのは、有名な人のモノマネをするのがアタリマエだった。昔は声色とか言い、歌舞伎俳優のモノマネだったし、ラジオの時代には政治家の声帯模写とかがあり、TVの普及によって、顔マネや動きのマネもするようになったようだ。動物や虫の声のマネだって、とにかくモデルが知られているというのが、モノマネ芸の条件だった。
 ところが、近年、モデルが知られてないけれども、いかにもありそう、そういうモノマネ芸をTVとかで目にする。中川家礼二とか友近という若手芸人がやっている。友近の場末のスナックのママさんとか、実際にモデルがいるのかどうかわからないが、いかにもいそうなのであって、笑ってしまう。
 おそらく、古くからのモノマネ芸人の人たちは、こういうのが芸になるとは思ってもみなかったと思う。
 ところが、この分野で頑張っているベテラン芸人さんがいたのに気付いた。地下鉄にポスターが貼ってあったのだ。ただし独演会ではなく、個展という形だった。
 片岡鶴太郎という芸人さんがいた。浦辺粂子のモノマネは有名だった。ところが、その後、見ていて痛々しいような俳優になってしまった。
 ところが、モノマネ芸、それも絵や書の分野で、ああこんなのあるーあるーというモノマネ芸で、カムバックしたようなのである。
 おそらく、絵や書に詳しい人なら大爆笑できるんだろうけど、私の場合、そんなに詳しい訳じゃないので、あまり笑えないと思う。
 今までのモノマネ芸人さんが誰も思いつかなかった画期的な芸だけれど、独演会じゃなく、個展を見に行こうかとは思わないな。

|

« KGB発見 | Accueil | ニセCDの普及元? »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/1001836

Voici les sites qui parlent de 画期的なモノマネ芸:

« KGB発見 | Accueil | ニセCDの普及元? »