« 画期的なモノマネ芸 | Accueil | まだ、このネタかいっ »

08/08/2004

ニセCDの普及元?

 ここんとこ、ニュースでよく聞くのがエイベックスという会社だ。
 専務が辞めるだの、一緒に所属タレントが辞めるだの、今度は辞める人が辞めないで、会長が辞めるだの、イザコザが続いてるようだ。
 で、誰が辞めるかなんてどうでもいいから「ニセCD」ヤメロという反応がけっこうあるようだ。
 ニセCDというのは、何か自称名があるようだが、要するに外見はCDと同じで、一部機器では再生できるが、「コンパクト・ディスク」の規格によっては作られていない、いわばCDのまがいものだ。だから、まともなパソコンのCDドライブじゃ再生できない。エイベックスという会社は、このニセCDの普及に力を入れていたらしい。
 もちろん、音楽出版社の中には、ニセCDを売らないという会社も多い。
 辞める辞めない騒ぎの原因はわからないけれども、どうも、所属タレントを握ってる側と株を握っている側の対立らしい。せいぜい、これからも騒動を続けて、自滅してほしいもんだ。

|

« 画期的なモノマネ芸 | Accueil | まだ、このネタかいっ »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/1148291

Voici les sites qui parlent de ニセCDの普及元?:

« 画期的なモノマネ芸 | Accueil | まだ、このネタかいっ »