« 終わりましたが | Accueil | 四国の中央で?を叫ぶ »

30/08/2004

なぜ、わざわざ怒らす?(8月29日の出来心)

 29日のことです。岡山駅で新幹線から四国行きの特急に乗り換えた。乗るはずの四国行き特急への乗り換え時間は8分あって、充分に余裕があった。
 岡山駅での乗り換えは、何度もしているし、いつものように、新幹線改札を出て、お買い物をして、乗り換え通路に行った。
ところが、その通路が閉鎖してあり「7月1日に閉鎖しました」と書いてある。そこから、あわてて、別の通路に行ったのだが、乗り遅れてしまった。
 新幹線の改札を出たところに、床に在来線のホームへの矢印が書いてあったのだけど、何度も利用しているだけに、ろくに見もしなかったし、改札を出た正面に、米子方面行きの乗り換えの案内の立て看板はあったのだが、四国方面行きの看板はなかった。
 それで、駅員さんに次の列車で行った場合の到着時刻とかを聞いた時に、改札を出た所に、従来の通路を閉鎖したという看板も立てておいてくれたらいいのに、と、つい言ってしまった。
 まあ、床にも表示してあるし、ろくに見ないこっちが悪いんだし、駅員さんも、床に表示してあるとか答えりゃいいのに、ところが、この駅員さん、わざわざ、こっちを怒らせるようなことを言う。
 すみません。そういう苦情はよくいただいてます。と答えたのだ。それまでは、こっちが悪いと思っていたのだけれど、苦情が来ている、ということは苦情があるのに対応しないJRが悪いということになる。
 それで、苦情が来ているのなら、なぜ対応しないのか聞いてみた。
 すると、答えは、そういうことはエライさんが決めるのでということだった。つまり、エライさんが、苦情が来ているのに対応しないようにしているということだ。
 じゃあ、その苦情に対応しないエライさんは誰なのか聞いてみたら、答えない。自分たちだけでは対応できないし、対応には時間がかかるだとさ。通路を閉鎖して2ヶ月だ。
 しかし、この駅員さん。なぜ、わざわざ乗客を怒らすようなことを言うんだろう。駅の工事はよくあることだし、基本的にはこちらの不注意で乗り換えに失敗している。
 でも、この駅員さんの言い方では、苦情が来ているのに、エライさんのせいで2ヶ月近く、対応を放置しているということになる。
 次の列車は1時間後で、ヒマだったので、駅のご意見箱に、そのエライさんは誰なのか、質問を書いて入れてきた。返答が楽しみだ。

|

« 終わりましたが | Accueil | 四国の中央で?を叫ぶ »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/1315622

Voici les sites qui parlent de なぜ、わざわざ怒らす?(8月29日の出来心):

« 終わりましたが | Accueil | 四国の中央で?を叫ぶ »