« 商品化許諾 | Accueil | 不思議な電話 »

07/10/2004

亜州的映画

 レンタルビデオ店に行ったら、韓国映画特集という棚が出来ていた。深夜にテレビで韓国映画を放映していることがあり、途中まで見ても途中でやめてしまうことが多い。韓国映画だけでなく、日本映画でもそうなのだが。
 それでも、気に入ってDVDを借りて観た映画もある。「西便制」と「春香伝」だ。「西便制」はパンソリという韓国の伝統的な語り芸の芸人さんの話。そのパンソリの代表的演目が「春香伝」で、その話を映画化した「パンソリ映画」が「春香伝」だ。
 この映画は、パンソリが気にいったとかではなく、画面とのマッチングが良かったのだ。何と無くぼーっと観ていて心地よい映画だった。
 中国映画も、そういえば京劇を題材にした映画で気に入ったものがあった。中国映画というと奇声を発して暴れまくるってイメージだったけど、そういうのは好きじゃない。「覇王別妃・さらばわが愛」とか「北京好日」とかが良かった。両方とも京劇が題材になってるけど、やっぱり絵が良かった印象がある。
 タイトルは忘れたけど、民国時代の骨董屋さんが鼎を取りあうという中国映画も印象に残っている。
 というわけで、最近流行ってるというような「今モノ」の韓国映画とか、暴れまくる中国映画って、あんまり観る気にならないのだ。ストーリーがとか、インターナショナルなというより、雰囲気的に韓国っぽい、中国っぽいというのが気に入ってる。
 で、日本映画というと、全く観てないな。好きな女優さんが脱ぐ映画くらいだな。退屈な映画を作ってほしいな。

|

« 商品化許諾 | Accueil | 不思議な電話 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/1614685

Voici les sites qui parlent de 亜州的映画:

« 商品化許諾 | Accueil | 不思議な電話 »