« décembre 2004 | Accueil | février 2005 »

20/01/2005

タブには便利なアイコン

 firefoxでもsafariでも、ブラウザの上のURLの出る所には、先頭に地球が出る。もじらだとしおりのマークだ。で、ローカルファイルを表示させると、safariだとファイルのアイコンに変わる。
 それで、ちゃんとしたhtml文としては違反かも知れないけれど、このアイコンの表示を変えることもできて、それで某巨大掲示板だと「2」とかになる。このblogにも付けて見た。
 これは、タブブラウジングの際、開けている画面が多くなると、表示されるページタイトルが短くなってしまうため、けっこう便利だ。
 タブブラウジングも出来ないブラウザなら、どうでもいいような機能だけど、そういうブラウザ用に始まったというのがいかにもオマヌケだ。
 ところで、このアイコンは、firefoxのbookmarkにも読み込まれているのか、「manage bookmark」を開けると、URLの先頭に付いている。
 ところが、URLを開けてもアイコンは変わらないのに、「manage bookmark」だとアイコンが変わるというケースがある。
 岩手県の小さい方や千歳船橋の細い方のblogで、「manage bookmark」だと黄色い円の一部や、林檎のアイコンになっている。
 はたして、ブラウザが混乱してるのか、両方ともniftyのココログなので、niftyのおかしな仕様が何かあるのか、それぞれのblogで何か設定しているのか、ちょっとワカラナイ。
 と、こういう疑問を書いておくと、ココログのカスタマイズの先生が調べてくれるかな。

| | Commentaires (5) | TrackBack (0)

16/01/2005

140時間待ち

 今日は、いつもは行かない方向に行く用事があった。確かすぐ近所にその方向に行くバスの停留所があったはずだ。ということで、バス停に行ってみた。
 ちゃんとバス停があった。オサレなベンチも置いてある。で、バスの時刻を見てみた。

 次のバスまで140時間。

 世界中には、週に1本のバスが唯一の公共交通というところも多々あると思う。でも、うちの近所に週2本というバス路線があるとは意外だった。しかし、どういう目的の路線なんだ。
 そうなると、このバスには、どういう乗客が乗っているのだろうか、俄然、興味が湧いてきた。140時間後には、用事はもうないだろうけど乗ってみよう。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

13/01/2005

黒字になってる?

 昨年末にちょっと不要品を整理した。その不要品をぼちぼちネット・オークションに出している。
 そのついでに、今までのネット・オークションの集計をやってみた。落札が66件で148657円。送料とかもかかってるから、もっと使ってることになる。平均で2000円ちょいだ。たぶん、ネットでの買い物というのは、このあたりが中心価格帯じゃないのかなとも思う。
 売り上げの方は、83件で、501815円。こっちには、ちょっと驚いた。そんなに入った実感がない。この金はどこに消えたんだろう。しょっちゅう出してるワケではないし、11円で落札とかも多いのに。
 結局、たまに高額で落札されるものがあって、それが単価を引き上げている。以前に作った鉄道模型とかを、置く場所がなかったり、出来が気に入らなかったりで処分した場合、たまに、そこそこの値段になる。遊んだ結果がお金になったわけで、働いて得た金というわけではないので、つい使ってしまうのだ。
 そういえば、スキー用具一式も、蒸気機関車の模型が売れたお金で買った覚えがある。それに、この手のものは、年末に部屋の整理とかをして、要らないと思って出すことが多いので、そのまま、スキー行きの資金に回ってしまうことが多い。
 今も、出品中だ。500円台で出したけど、2000円くらいまでは行くかと思ってたものが、その10倍に近づいている。ということで、スキー1回分の費用が出そうだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11/01/2005

いつもメールありがとう

Tさんから最初にメールを貰ったのは2003年の4月末だ。
携帯電話からの画像メールで丸顔の女性と丸いおじさんが写ったのが数枚送られてきた。どこかのお店の風景のようで、おじさんはご機嫌だ。
発信メールアドレスも写真の人も知らない。
でも発信メールアドレスと同じハンドルを使っている人は知っている。たぶん、その彼女が、どこかのお店で友人を撮ったのを、アドレスを間違えて送って来たのだろうと思った。
数日おいて、同じ写真がまた数枚。さらに数日おいて数枚送られてきた。
「写真送ったよ」「来てないよ」「変だな。じゃあ、また送るよ」そういう会話でもあったのだろうか。
送ったのに着いてないなら、メールアドレスの確認くらいするだろう。普通。
それで、確認したのか、あきらめたのか、来なくなった。

しばらくして、7月。再度Tさんからメールが来た。
タイトルは「Fw:そうなんだぁ〜」
メールありがとうです!そうなの〜・・・・というからには、誰かのメールからの返事らしい。
返事なら「Re:何とか」になるのだけど、間違えて、転送したらしい。
このメールには、名前が付いていた。発信アドレスと同じハンドルを使っている知人の本名は知らなかったので、それが本名かと思った。
どうやら、Tさんは結婚したらしい。それで、みんなが気をつかい、誘ってくれずに、ビミョーに孤独だそうだ。

2003年の暮れ。またTさんからメールが来た。
昨日はお店バタバタしちゃっててごめんね。ということは、最初のメールのお店かな。どうもTさんは、このお店のスタッフらしい。
ところが、このメールには住所と名前が載っていて、「年賀状待ってるね。(^-^)」と書いてある。
住所は大阪だ。間違えて送ってきたと思っていた知人は福島県の人だ。名前も知らない。
でも、相手は私のメールアドレスを携帯に登録しているのだ。いったい、誰なんだろう。

年が明けて、1月、2通メールが来た。
タイトルには「Fw」が付いてるので、また、返信と転送を間違えたようだ。
「中井さんじゃないみた〜い」その通り、私は中井さんじゃない。どうやら、中井さんに間違えているらしい。
次のは「Fw:じゃあ」で「これはどぉですか」。
両方に、ドコモのサイトのアルバム用URLが付いている。
しかし、間違えているにしても、会話が成立しているようだ。不思議だ。

4月にまた来た。タイトルは「Fw:ちわ」。また例のパターンかと思った。
これにも住所と名前が付いていたのだが、高知の住所だ。
え? この人は大阪のアワテモンのはず。ということで、以前のメールを引っ張り出してみた。2003年7月のメールの名前、年賀状待ってますの名前、今回、皆、違う。そして、どれもが知らない名前だ。
だけど、むこうはこちらのアドレスを知ってるわけだから、「あんた誰?」って聞くのも失礼かも。
ステージ関係のオフラインミーティングで会った人かも知れない。女性に比べて男性が極端に少ないので、こちらが覚えてなくても、相手が覚えている可能性はある。
まあ、送信記録を見れば、間違えて送ったのにも気付くはずだし、謎を残しつつ放置しておいた。

そして、先日。またTさんからメールが来た。例によって「Fw:」
署名は「結婚通知」と同じ名前だ。メールアドレスを変更したということと、サイトのURLが載っている。
今まで、載っていたURLも見ず、また来たかで放置していたのだが、今回はちゃんと見てみた。
プロフィールが載っている。最初に届いた写真の女性らしい。そして、彼女はミュージシャンで、どうやら、あればピアノラウンジだったらしい。
でも、全く、ココロアタリがない。なぜ、むこうが私のメールアドレスを携帯に登録しているのか。可能性を考えてみた。
彼女の出身大学には、私と同姓同名の教員がいたはずだ。そして、その名前で検索すると、私の方がヒットする数が多い。だから間違えたのか。でも、そうなると、別のメールアドレスに来るはずだ。
趣味がお芝居らしいから、やっぱり、ステージ関係のオフラインミーティングで会った人かも知れない。
これまで、またかで放置していたのだが、プロフィールとか見ると、知人のようにも思ってしまう。
それで、せっかくメアド変更しましたという連絡をいただいたことだし、宣伝でもなさそうだから、本人にコンタクトを取ってみることにした。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

09/01/2005

ネタの投稿

 某巨大掲示板のオークション板に投稿した。
 ネットオークションで落札したら、出品者から来た振り込み案内のメールに、入金先が、
○郵便振替の場合 
口座名義 日本赤十字社 (ニホンセキジュウジシャ)
口座番号 00110―2−5606
通信欄に「スマトラ島沖地震救援」と明記してください。
(郵便局窓口での取扱いの場合振替手数料は免除されます。)
○銀行振込の場合
みずほ銀行 新橋中央支店 普通預金口座 1954800
口座名義 日本赤十字社 海外救援金口2
 (ニホンセキジュウジシャカイガイキュウエンキングチ2)

になっていたという話だ。
 そんなメールは来ていない。ウソというか、その掲示板で言うところのネタである。
 なぜにと言えば、こういうネタを投稿すれば、マネする人が少なからずいるからだ。
 貧乏な私が義捐金を送るよりも、このネタを投稿して、マネする人がいる方が、はるかに効果的だからだ。実際問題として、義捐金を出す余裕はないが、不要品なら義捐金用に出すという人は多いと思う。
 ところで、ここで問題がひとつある。ヤフオクでこういうことをした場合、ヤフーに出品料の10円と落札手数料の3%が入ることだ。
 郵便振替や銀行振込だと義捐金の手数料は要らない。だから、こういう方法が流行れば、ネットオークションの売上げをそのまま、義捐金にするなら、手数料不要のチャリティ用のシステムを作れという話も出てくると思う。
 ヤフオクで、100円程度のものを売ってる人は多い。発送の手間とか考えるとワリにあわない。けれども、不要品を捨てるくらいなら出してみようかという人だと思う。こういう人は、チャリティオークションのシステムが出来れば、そっちに出すだろう。
 不要品がチャリティになって、その上にヤフーの取り分が減るという、一石二鳥の効果があるんだけど、流行ってくれないかなぁ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« décembre 2004 | Accueil | février 2005 »