« バスに乗るジェスチャー | Accueil | 模型でやってはいけないこと »

17/02/2005

宮古.xls

 皆さんのパソコンの中に「index.html」という名前のファイルはいくつあるでしょうか?「readme.txt」は?
 たいがい1つや2つじゃないでしょう。自分でサイトを作ってる人なら、あるディレクトリのindex.htmlを開いて、それの一部を他のディレクトリのindex.htmlにコピーするとか、同じindex.htmlを同時に開くことも多いと思う。もちろん、同じファイル名でもパスが違うから、全く問題ない。
 ところが、世の中には何とも間抜けなアプリケーションがあるらしくて、同じ名前のファイルが同時に開けないそうだ。
 私の場合、このアプリケーションは使っていない。けれども、省庁とかの統計データが、このアプリケーションの形式で公開されていることがある。その度に「ゴルァ。。もっと一般的な形式で公開汁。」とその省庁に抗議メールを送っては、読み込み可能な他のアプリケーションで使っている。
 さて、沖縄県と岩手県と両方に「宮古市」という地名が出来るらしい。それについて、どっちだか先に出来た方が抗議したとか。
 これまでに、同一の市名はなかった。今、若松市や高田市はないが、会津若松や大和高田が市になった当時にはあったので、同一市名を避けたようだ。それには自治省の指導があったらしい。
 別に、同じ県内じゃなきゃ区別できるだろうし、現に町名だと同じものがいっぱいある。
 きっと、自治省というか今の総務省は、この間抜けなアプリケーションを使っているに違いない。宮古市もそうだと思う。岩手ディレクトリの「宮古.xls」と沖縄ディレクトリの「宮古.xls」が区別できないんだ。

|

« バスに乗るジェスチャー | Accueil | 模型でやってはいけないこと »

Commentaires

「府中市」だけは日本に二つありますよ。東京と広島ですね。両市とも意地を張りあって、全く同じ日に「府中市」の市制を開始したそうです。「府中」って地名は方々にあるから仕方ないですね。
「茨城県鹿嶋市」は、既に佐賀に「鹿島市」があったから漢字を変えたとか。「つくば」や「ひたちなか」みたいに平仮名の方がまだ良かったような。

Rédigé par: コバヤシ@日々カタログ。 | le 18/02/2005 à 12:29

 府中市じゃ、この間抜けなソフトは使ってないんでしょうね。当方も、この会社のソフトは使ってないんで、オサレなインフルエンザーがいらしても、ウィルス感染を心配しなくてすみます。
 佐賀の鹿島市は祐徳稲荷のあるとこですね。鹿嶋市も鹿島神宮くらいしかないとこなんで鹿島神宮市でもいいと思うけど。「うちら陽気な鹿島」市もいいな。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 18/02/2005 à 14:03

To pokoponさま
 はじめまして。「宮古島市」決定の報を受けてぐぐっていたら、ここに辿り着きました。
 同一市名御法度なんてのは、自治省(現総務省)のご都合主義でしかありませんよ。しかも、1970年に出た自治事務次官通達だけが唯一の根拠で、法的根拠は何一つありません。しかし、佐賀県鹿島市にしろ岩手県宮古市にしろ、この通達を根拠に茨城県鹿嶋市や沖縄県宮古島市(涙)を恫喝し、市名を変更させる事に成功しています。
 両方に共通しているのは、後から誕生する市の方が、その知名度が高いという事です。例えば、佐賀県鹿島市なんて東京での知名度はゼロですが、茨城県鹿嶋市は鹿島アントラーズや鹿島サッカースタジアム、鹿島臨海工業団地などでその名を全国に馳せています。一方、岩手県宮古市には浄土ヶ浜のウミネコくらいしか有名な物がありませんが、沖縄県宮古島市は既に全国区のリゾート地ですし、プロ野球オリックスバファローズ(涙)のキャンプ地としても有名です。
 要はルサンチマンなんですよ、ルサンチマン。テメエの知名度がほぼゼロなんで、同名の有名な都市に絡んでいるだけです。ハッキリ言ってヤクザのやり方ですね。宮古市長熊坂義裕の言い分はもっと見事です。「どうしてうちの市に挨拶がなかったのか」なんて、仁義を切れとか言ってますからね。やり方だけじゃなく、言い分までヤクザです。

 駄文ですがトラバさせて頂きました。お暇でしたらご覧下さい

Rédigé par: ひな | le 09/03/2005 à 17:15

 とある馬鹿社長が「鹿島建設や清水建設など土建屋が良くて、新聞社がなぜチーム名に社名を付けちゃいけないんだ」と怒ったという噂があるんで、茨城の鹿島ってその程度の知名度かと思っていたのですが、東京じゃ有名なんですか。
 そう言えば、笠間に行った時に「笠間稲荷は、伏見稲荷、豊川稲荷に並んで日本三大稲荷と言われ」なんて説明をされたのですが、私的には、佐賀の鹿島市の祐徳稲荷の方が有名だろと思ったのですが、地名の知名度って、いろいろなんですね。
 ちなみに、宮古と言えば、私の場合はトドヶ崎の手前や浄土が浜にも行ったことがあり、岩手県の宮古市を思い浮かべます。トライアスロンとかやってるのは宮古というより宮古島という感覚です。
 ですので、どちらが有名だとか知名度があるなんて規準は、どっちが先だと同じくらいにバカバカしいと思っています。
 鹿島市に文句を言われて「鹿嶋」に変えたのなら、所詮、その地域にとって、その程度の地名でしかなかったんだなと思うだけです。知名に愛着のない新住民が増えたのか、伝統ある知名をあっさり捨てた東京都中心部と同じような感覚かと思います。
 岩手県宮古市に文句を言われても、「宮古」がいいのなら、同じ宮古市にすればいいだけのことです。恫喝っても、別に具体的に嫌がらせも出来ないだろうし、政府も「宮古島市に変えないと、民間パイロット訓練に使ってる空港に、チャカ持った連中を乗り込ませるぞ」って言ってるわけでもない。むしろ宮古島市にしてもそうしたいようだし。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 18/03/2005 à 05:22

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/2968427

Voici les sites qui parlent de 宮古.xls:

» 【沖縄県宮古市】熊坂義裕糾弾キャンペーンその3 [ひな私語録 ブログ版]
 昨日の記事及び昨年12/19の記事で「沖縄県宮古市」問題に触れたので、もう少し追撃してみます。  取り敢えず、Yahoo!やGoogleで検索してみた限... [Lire la suite]

Notifié le le 09/03/2005 à 16:57

« バスに乗るジェスチャー | Accueil | 模型でやってはいけないこと »