« C51の加工(N・燕) | Accueil | C59の加工(Nゲージ) »

09/03/2005

C51の炭水車(N・燕)

015 燕用のC51の炭水車には、乗務員交替用の通路が付いてる。市販の燕用のC51の模型では、右の白線のように通路用の手摺とハシゴが付いている。
 でも、この手摺の形は、どう見てもハシゴが中央部に付いていることを前提にしている。一方、普通、炭水車のハシゴは中央部には付かない。地上からのステップは、連結器を避ける都合で、中央には付けられないから、ハシゴも位置をあわせて左右に寄って付いている。そのハシゴの位置を前提にすると、こういう形は、手摺というより障害になってしまう。
 中央部にハシゴが付いた例もなくはない。天皇用の列車を牽引するために整備された機関車では中央に付いている。おそらく、客車の貫通扉が中央にあるので、客車からの通路としてハシゴの位置を決めたのだろう。
 ということで、釈然としないまま、多くの製品が採用している手摺とハシゴの形にするか、手摺を中央部に付け替えるか、ハシゴをそのままに手摺の形をアレンジするか、どうするか決めなくちゃいけない。
 実物の写真があればいいのだが、あいにく参考になるような本とかはほとんど持ってない。それに「正確な」模型を作ろうという気もない。むしろ、辻褄の会わないのが何となく嫌なので、ハシゴを中央に付け替えることにした。

|

« C51の加工(N・燕) | Accueil | C59の加工(Nゲージ) »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/47899029

Voici les sites qui parlent de C51の炭水車(N・燕):

« C51の加工(N・燕) | Accueil | C59の加工(Nゲージ) »