« C62の加工(Nゲージ) | Accueil | C51の黒塗装(Nゲージ) »

20/03/2005

C53も(Nゲージ)

019 お天気が良かったので、C51の金属部分の下塗りをして、その乾燥待ちの間に、また新たな車輌に手を付けてしまった。
 C51の加工を始め、C59とC62にも手を付けたのだから、当然の成りゆきみたいに、マイクロエースのC53の車高を下げることにした。
 いずれも、動力ユニットの上部を削るのは一緒なのだが、C51とC59はプラスティックで一体になった上回り全体を下げている。一方、C62はランボードの上で1mm程度切りつめ、さらに全体では1.5mm程度下げている。それで、このC53の場合もC62と同じ方式にした。
 C53が走っているのを見たことはないが、保存機や写真等で見た印象として、脚廻りの大きさに対し低く構えたボイラーという感じを受ける。このマイクロエースのC53は、正面から見た場合、ランボードに対してボイラーが高すぎて不細工なのだ。それで、ランボードの上で切りつめることにした。ただし、火室部分は切りつめずに、ランボードを切り取って、上部に移設している。

|

« C62の加工(Nゲージ) | Accueil | C51の黒塗装(Nゲージ) »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/47899034

Voici les sites qui parlent de C53も(Nゲージ):

« C62の加工(Nゲージ) | Accueil | C51の黒塗装(Nゲージ) »