« 論理演算 | Accueil | 鈍感な人、敏感な人 »

25/04/2005

祝祭/축제

img055 知人に奨められた「祝祭/축제」のDVDを見た。
 伊丹十三監督の「お葬式」という映画があった。その後、日本で同じような葬式映画が作られた。それもあって、この「祝祭」をレンタルビデオ屋の棚で見た時も、DVDのジャケットだけを見て、同じようなもんかと思い、興味を示さなかった。「西便制」や「春香伝」と同じイムグォンテク(임권택)監督ということさえ気付いてなかった。
 見て、偽善者と偽悪者とが理解しあう、伝統の「カタチ」と「リクツ」の理解しあう映画だなと思った。
 主人公は作家であり、別に偽善者というわけではない。悪い人ではないし善人なのだが、郷里を離れているので祖母の面倒をちゃんと見られていない。夫婦間にも問題がある。それは、自分の至らなさと思っているのか、名声を得ているのが負い目になっているように見える。だから、自分を偽善者と言われても否定はできないという人だ。
 偽悪者というのはその姪で、一家を破産させて自殺した長男の婚外子だ。叔母達にやっかい者扱いされ、家出をした女性だ。その女性が祖母、つまり、作家の母の葬式にやって来る。自分には優しかった祖母の葬式だから、自分が歓迎されないこともわかっていても、あえて来たのだ。
 韓国の葬式の様子が丹念に紹介される。葬式というのは、生活風習の中でも、最も変化しにくい行事だ。だから異文化の人間にはわかりにくいはずだ。でも、この映画では、韓国での、というよりこの作品における「死」の概念について、2種類の方法で説明する。ひとつは、作家の友人たちの会話によって、もうひとつは、作家の書いた童話の劇中劇という形で。
 だから、異文化の観客も、葬式の意味というか「リクツ」がわかる。その上で葬式の「カタチ」を「へぇ」と思いながら見ることができる。そうなると、この偽悪者である姪は、都市的で現代的な存在であり、土俗的で伝統的な葬儀の「カタチ」には外れているのかも知れないが、最も「リクツ」に忠実だということがわかる。
 主人公の作家は、土俗的な「カタチ」に忠実に葬式を行おうとする。親族も一緒だ。そして、参列者たちは羽目を外し出す。けれども「リクツ」としておかしくないから、作家も苦笑するだけだ。長生きし、赤ちゃんに戻った祖母の葬式は「カタチ」は違っても「リクツ」からは、祝祭でいいのだから。
 作家は、伝統的な「カタチ」に沿わない偽悪者の姪が、実は葬式の「リクツ」に忠実なことを知る。姪も叔父が無自覚な偽善者ではないし、伝統に「カタチ」だけ従って儀式を行っているのではないことがわかる。
 ラストシーンは葬式の最後の一族の記念撮影だ。自分は入れてもらえないと思っていた姪を、作家は一緒に入るように呼び、姪も喜んで加わる。そして一同が笑って写る。
 作家以外の親族が、この姪を受け入れたかどうかはともかく、写真の中央に位置している作家は、しかるべき位置を姪に与えたのだ。
 「西便制」や「春香伝」を撮ったイム監督だから、韓国の伝統を愛しているんだと思う。そして、「伝統」の「カタチ」だけではなく、現代に通じる「リクツ」があるからこそ大事にしたいんだろうと思った。
 極めて土俗的な題材であっても、「リクツ」の話だから異文化の人間が見てよくわかり、「カタチ」が好奇心に訴えて、飽きさせない。だからこそ、現代では、土地の「リクツ」にあった地域性や伝統が国際性を持ちうるわけであり、無個性な近代が克服されるべきものになってしまっているのだが、近代という時代が忌まわしい韓国なら、なおさらのことだろう。
 ひとつ、読み間違えたのが、姪が唄に来た人を酔い潰したところ。その会話に、昔は芸妓が唄いながら送ったという台詞があったので、この姪が唄うことになるのかと思ったが、違った。そんなベタな展開にはならなかった。
 今まで見た韓国映画、といっても6本だけだが、で最もおもしろかったし、いいと思った。でも、映画館で見たいとか、DVDを買おうと思うのは、むしろ「西便制」の方だ。題材からの「絵ヅラ」の問題だが。

|

« 論理演算 | Accueil | 鈍感な人、敏感な人 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/3848367

Voici les sites qui parlent de 祝祭/축제:

» 映画「祝祭(チュッチェ)」 [ある在日コリアンの位牌]
ビデオメーカー祝祭  韓国のお葬式の様子を描いた映画。監督は「風の丘を越えて~西便制」のイム・グォンテク。  ソウルで生活するアン・ソンギ(小説家)のもとに母親の死を知らせる電話が鳴った。アン・ソンギは、妻子と共に母の暮らしていた田舎へと車を走らせ... [Lire la suite]

Notifié le le 20/09/2005 à 00:59

« 論理演算 | Accueil | 鈍感な人、敏感な人 »