« ジャンプも面白そうだ | Accueil | 悪い男/나쁜 남자 »

17/04/2005

島/섬

 以前にも書いたのだが、レンタルビデオ店に韓国映画特集という棚が出来ているけれど、私は韓国の現代劇の映画をあんまり見る気にならない。
 でも、知人のblogで見た映画評で面白そうだと思ったのが「島/섬」という映画。それで、DVDを借りてみた。
img052 「砂の女」とはまるっきり違った話だった。と、全く違っているのに「砂の女」が出てくるのはどこか似ているからだけど。それで、この映画はラブストーリーであり、心中映画だ。
 ただ、ラブストーリーといっても、不条理な行為の許容によって愛情を表現する。平たくいえばSMだ。ただし、普通のSMな行為が行われるんではなくて、SMな自慰行為が行われる。
 男女とも相手の自傷行為によって拘束されることを望んでしまう。男の方は自殺志願だったようだ。その破滅願望の結果にマゾヒズムに目覚めたようだ。女の方は男が好きになった結果、男による不条理な行為を期待するのではなく、男に虐められる自分を自分で作っていく。
 だから、内容の展開は面白い。けれども、描写に関しては、淡々と描いてるわりにくどいのだ。
 始まって、しばらく、やたらと細かいカットが多くて、それも意味ありげで、引いた絵が少なくて、どうも疲れる。
 男の方は自殺しようとしていのだが、その理由って説明する必要あるんだろうか。観客へのサービスカットなんだろういか。
 マゾヒズムは単なる破滅願望じゃないよ、サディズムと表裏一体のものだって説明したいのか、人間だけじゃなく、魚や小鳥相手でも嗜虐的なシーンが出てくるのだが、数が多いわりに、それぞれの描写があっさりしている。薄味のわりには盛りだくさんでお腹いっぱいになる。
 そして、妙に説明的なラストシーン。わかりやすくしすぎで、観る方が勝手に補う余地がないのだ。SMだから内容は不安感が漂のに、描写に読み間違う不安感がない。物足りなさがないのが物足りない。
 観て良かったと思う。韓国映画を敬遠することもないなと思った。でも、映画館でも見たいという気にはならなかった。

|

« ジャンプも面白そうだ | Accueil | 悪い男/나쁜 남자 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/3733554

Voici les sites qui parlent de 島/섬:

« ジャンプも面白そうだ | Accueil | 悪い男/나쁜 남자 »