« アホとアホ芸 | Accueil | 味噌と糞 »

15/04/2005

キョンシー映画を作ろう

 天満宮という神社がある。私は歴史には疎いので、通説や俗説をも信用しているかっもしれないけど、祀っているのは菅原道真で、実在の人物で最初にカミサマになった人らしい。
 この人は、平安時代の官僚で、当時、政権を握っていた藤原一族の政敵であったらしい。それで左遷されてしまい、結果として藤原一族が実権を把握した。
 当時は怨霊信仰が盛んであったらしい。何か悪いことがあると、道真のタタリじゃーというようになり、祟らないようにカミサマにしてしまった。
 ところが、菅原道真というのは、教養人であり人々の尊敬を集めた。敵だから祟らないようにと反対勢力によってカミサマにされたんだけど、いつの間にか、エライからカミサマになったように思われている。このように、カミサマの性格を後で変えることもできるようだ。
 中国にも、キョンシーというのがいて、生前に悪行を行った人は、死んでからも、人の脳みそを食べたりして、暴れるらしい。ともかくも、死んで祟られると困る敵は、カミサマにしてしまうというのは、日本では昔から行われて来た風習で、平将門もカミサマになっている。
 お話かわって、フランスのシラク大統領だが、ドイツと日本の安保理常任理事国入りに賛成だそうだ。フランスには、Les Nations Uniesとして戦った人だけじゃなく、ナチに協力した人もいたわけだから、国というコトバでミソとクソを一緒にしないだろう。だから、ドイツという地域にナチに反対する政権があれば、Les Nations Uniesに加えるのもいいし、相応の役割も期待するんだろう。でも、ドイツの首相がヒトラーをカミサマとして崇めれば、Les Nations Uniesには相応しくないと思うだろう。
 シラクさんは日本の首相が、連合国が戦った相手をカミサマとして崇めているのを知ってるのか知らないかは不明だが、まあ、フランス人の多くは知らないから、どうでもいいことなんだろう。
 でも、普通の感覚だとおかしいと考えるわけだ。日中国交回復時に、日本政府は「軍国主義者は日中人民の共通の敵」ということで合意したのに、今さら、カミサマ扱いするとは約束違反だと中国はいうことになる。
 それを解決するには、日本には祟られたら困る相手をカミサマにしてしまう風習があるということで、キョンシー映画を作ればどうだろう。東条英機を先頭に、軍服を着たキョンシーがぴょんぴょんと行列をはじめる。まずは都庁を占領して都知事の脳みそを食う。さらに国の中枢機関を占領しようとする。それを封印するためにカミサマにしようと、日本の首相が拝むわけだ。
 ただ、問題がひとつある。
 フランス人も死ねば仏、イギリス兵も死ねば英霊というの日本に古くからある伝統的な宗教観だ。ところが、東条英機らをカミサマにしているところは、英霊と邪霊を区別しているらしいのだ。長州兵は英霊で会津兵は邪霊だそうで、邪霊はカミサマにしていない。近代に出来た新興宗教だから伝統的な宗教観には囚われていない。だから、今さら、祟られないようにカミサマにしてるという、伝統的な考え方は許してもらえそうにない。

|

« アホとアホ芸 | Accueil | 味噌と糞 »

Commentaires

まさしく、おっしゃる通りなのだと思います。
「恨みを抱えて死んだ者の霊が祟って、生者に禍をなす」という考え方から演繹するのであれば、味方同様(あるいはそれ以上に)敵方の戦死者を丁重に扱うのでなければ、整合性が取れませんよね。
そして、もうひとつの問題点は、(私がそうだから言う訳じゃありませんが)日本国民の全員が必ずしも神道の信者ではないだろう、という事です。

Rédigé par: 非国民 | le 01/05/2005 à 23:57

 すみません。この話にはインチキかも知れないことがあります。
 まず、怨霊信仰というのは平安時代まではあったようなのですが、中世以降もあったののかは疑問なので、それを近代に持ち込むのが妥当かはわかりません。
 もうひとつ「英霊」というのは、近代の概念だと思います。ですので、死ねば云々というのは、単にダジャレが書きたかっただけなので、コトバとしては伝統的なものではないでしょう。
 なお、ついでに言っておきますと、エホバの証人(since1870)を「キリスト教」と言うと、たぶん、怒るキリスト教信者がいると思います。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 02/05/2005 à 00:18

なるほど、そりゃそうですね。
「神道の信者」という類型化は、いささか安直だったかと、納得。

Rédigé par: 非国民 | le 02/05/2005 à 05:58

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/3707370

Voici les sites qui parlent de キョンシー映画を作ろう:

» 靖国参拝をどうするのか? [◆木偶の妄言◆]
小泉首相がバンドン会議で、かつての植民地支配に対し「アジアの諸国」に「反省とお詫び」を表明する演説を行った(記事)。 外交的には「反省とお詫び」の対象が「アジア諸国」であり、尖閣諸島など問題にはまったく触れていないので、中国に直接屈したわけではないという言い訳が立ち、日本のメンツが保たれる。また、中国は「我が国の主張を小泉が受け入れた」と自分の良いほうに解釈できる、ある意味、上手な解決法だ。 さて、問題はここからだ。小泉首相がこれで靖国参拝をしたら元も子もなくなるのだが、本人は分かってい... [Lire la suite]

Notifié le le 26/04/2005 à 01:43

» (補稿)靖国参拝をどうするのか? [◆木偶の妄言◆]
「靖国参拝をどうするのか?」には賛否両方の立場からコメントをいただいた。そのコメントに一部答えるような形で、記事を補いたいと思う。 #金曜日までGW進行で、非人道的な締め切りが設定されている(笑)ため、基本的にこの記事にコメントをいただいてもすぐに返事できないことをあらかじめお詫びしておきます。 僕の東京裁判に対するスタンスは、「ひとこと」さんの もちろん,極東国際軍事裁判は,勝者が一方的に敗者を裁いたものに過ぎず理念としては認め難いものが有ります。 しかし,それはまた別の議論。... [Lire la suite]

Notifié le le 26/04/2005 à 01:44

« アホとアホ芸 | Accueil | 味噌と糞 »