« 進化論 | Accueil | アホ芸 »

08/04/2005

ありおりはべりいまそがり

 プロ野球も開幕し、楽天と讀賣のファンは交流戦を楽しみにしてることだろう。
 セリーグの例なのだが、プロ野球の各チームのファンのうち、タイガースファンは「あり」のファン、ドラゴンズやカープは「おり」のファン、ジャイアンツは「侍り」のファン、ベイスターズやスワローズは「いまそがり」のファンと思っている。
 タイガースのファンは「自分がタイガースファンである」ことが大事なのだ。だから選手よりもファンの方がエライ。だから「岡田、アホー、ボケェー」なんて平気で言うし、選手に敬称なんか付けない。
 ドラゴンズやカープは「同じ町に居る」ことが大事なのだ。「あの選手は、同じ町内にすんどるで、でりゃー応援しとるんだわ」なのだ。よく行く店の常連に選手がいるのが自慢になる。
 ジャイアンツは「栄光の」巨人軍の方がファンよりエライのだ、ファンは巨人軍に侍るわけで、選手をさん付けで呼ぶ。選手はファンに尊敬して貰わないといけない。だから選手も「紳士タレ」でないといけないらしく、タイガースのようにファンに「くそっタレ」や「あほたれ」扱いされてはダメなのだ。負けてあんまりエラくなくなると客も減るらしい。
 ベイスターズやスワローズのファンは、なぜファンなんだろうか、よくわからない。横浜だと「おり」のファンも多くなってるだろうけど。それで「いまがかり」って、どういう意味だろう。。。。。 
 って、「いらっしゃる」という意味なんだけど、長年、意味もわからず、ラ行変格活用の4動詞のひとつとしてだけ認識してたのだ。
 さて、パリーグの場合、サッカーもそうなんだけど、まず「おり」のファンを増やそうとするし、「はべり」のファンも拡大しようとしている。
 でも、「あり」や「いまそかり」のファンを増やすってことも考えてもいいと思うのだが。

|

« 進化論 | Accueil | アホ芸 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/3615861

Voici les sites qui parlent de ありおりはべりいまそがり:

« 進化論 | Accueil | アホ芸 »