« 森青F | Accueil | 国民の道楽 »

20/05/2005

ハンドル

 10年くらい前、dosマシンのユーザーは、Macユーザーはパソコンに名前を付けると不思議そうに言うことがよくあった。当時からMacには標準でネットワーク機能が付いていた。ネットワーク機能が付いているから、各端末を識別する必要がある。だから名前を付ける必要があった。
 パソコンをネットワークで使うという感覚がない人には、猫に名前を付けているのと同じように受け取られていたのかも知れない。
 さて、Macのノートパソコンを買った時に、当時、ネットワークを組む可能性があるマシンが5台だった。それで、デスクトップ機に「弁天小僧菊之助」、ノートに「南郷力丸」という名前を付けた。仕事場の他のマシンは「日本駄右衛門」とか名付けてくれなかったが。
 そして、当時、インターネットより普及していたパソコン通信にノートパソコンを使用していたので、そのままマシンの名前をHNに使った。
 最近は、HNの由来を聞かれると、インターネットは駄右衛門が仕切っているので、その子分の名前にしたと説明している。「メール・駄右衛門」からメールを貰ったことは誰でも経験があると思う。インターネット上には、他の役割を持った駄右衛門も多い。
 webサイトを開設した時は、本名の署名を入れている。基本的に手持ちのデータを公開したもので、このデータに関する分野では、ネットよりもリアルでの知人の方が多く、そういう知人には本名の方が私のサイトだとわかりやすい。
 このblogを始め、ネット上では基本的にパソコン通信時代からのHNを使用している。やはり、ネット上では当時から継続しての知人も多いし、ネット上での「つきあい」というのは、基本的に個人的なものであって、リアルな社会的活動とは無関係なのに、本名だと、それを検索されることによって、無関係でなくなるおそれもあるからだ。といっても、ネットを通じた知りあった人で本名を知ってる人は多いのだが。
 例えば、パソコン通信の時代、フォーラムという掲示板のグループがあった。現在では考えられないことだが、当時は本名での書き込みを義務づけていた趣味のフォーラムもあった。社会的な活動と個人的な趣味を結びつけられるのが嫌だったので、書き込むことはなかった。
 普段、使用しているのとは別のHNを使うことも多々ある。エロなチャットとか。やっぱり、普段のHNは気恥ずかしいということがある。そして、その別のHNで知り合い、本名を知っているという人も少なからずいる。チャットだけですまなくなったら、名前くらいは知っておきたいと思う人が多いからだ。
 掲示板とかでは匿名で書くことも多い。単に、その場限りのコメントとかは、読む方にとっては、書いた内容だけが問題であって、誰が書いたかを識別する必要がないからだ。書いた内容が伝わらなければ、それ以上書くのも面倒なだけだし。
 結局、仕事であっても趣味であっても、リアルな社会的な活動と結びついた方がいい場合は、ネット上でも本名を使うし、基本的にネット上での関係が基本となる場合は、識別と一貫性のために、それぞれHNを使うし、他人と識別される必要がない場合は、名なしさんということになっている。それぞれの文を書くサイトをどう考えているかの差だ。
 というのが、名乗るリクツだ。

 ところが、blogにコメントを書かれた場合、webサイトを通じてメールを貰った場合、掲示板等でコメントを書かれた場合、それぞれに書かれた名前は、知っている名前か知らない名前かが最も重要だ。
 知っている名前であれば、本名であろうがHNであろうが、以前からの「その人像」があるわけだから、趣旨がくみ取りやすい。
 そして、知らない名前の場合は、内容で判断するしかない。結局、本名かHNか匿名かよりも、内容次第ということになる。blogのTバックとか、コメントに自サイトのURLがあると、書かれた内容の背景がわかりやすいのだが、目を通す気になるかならないかは、書かれた内容次第だ。
 よく、本名の方がHNより重みがあるとか礼儀正しいと思っている人がいる。でも、リクツにあわないことを本名で書く人、まともなことを匿名で書く人もいるわけだから、始めて見る名前であれば、名前があろうと無かろうが読む方にはどうでもいいことだ。
 むしろ、リアルな活動とは無関係なことについて本名で書いている人には、妙に生真面目な人が多いように思うし、本名に重みがあると思ってるのか「負けず嫌い」のことが多い。
 最近、創造論のことを調べていて、その方面のサイトを見たのだが掲示板が本名使用というルールになっていた。私は、本名の創造論者よりも匿名の進化論者が書いていることの方を、たぶん信用する。
 本名で書く人のイメージと言えば、パソコン通信時代に見かけた「マジメな人」による偏見があるかも知れない。一例だが、CMソングの替え歌とかを見て、著作権法違反だと、条文まで列挙して、文理解釈だけで「親切心からのアドバイス」をしてくれるような人だ。「知っていることを書き並べて自慢したいだけ」なんてことはないだろう。たぶん。そういう人には、そもそも著作権法の法益とはなんて話をしても無駄で、ますます意固地になって粘着してしまい、jasracやIPSに通報して「勝ったつもり」にならないとお引き取りいただけない。通報された方も迷惑だろうに。
 だから、私は、知らない名前の場合には、本名らしき名前の方が、取り扱いに注意した方がいいと考えている。
 その場限りなら、名前はどうでもいい。そして、継続して書いてくれるなら、本名でもHNでも、それで「その人像」が形成されていくわけだから、名前は付けておいてくれた方が2回目以降の意志が通じやすくなる。
 これが名乗られる側のリクツだ。

 結局、名前は識別のためなのだ。ネット上では、本名かHNかの差はどちらが識別の上で利点があるかの違いでしかない。本名の方が重みがあるとか責任ある文が書けると考えるほど、実績や知名度を私は持ち合わせていない。

|

« 森青F | Accueil | 国民の道楽 »

Commentaires

  MS-DOS~Windowsだけど、20年近く前から複数台コンピューターが家にあるのは普通だったから(ネットワークで接続してなくても)名前をつけるのは当たり前だったなぁ。
 僕の3台前のコンピューターは中村児太郎、10年乗っているバイクは段四郎。次のこんぴゅーたーには「えべっさん」とつける予定(^^:

Rédigé par: 龍 | le 21/05/2005 à 18:28

 次のコンピューター買ったら、笹、送りましょうか?

Rédigé par: 南郷力丸 | le 22/05/2005 à 04:26

 笹、ほしいです(^^:でも、えべっさんは大阪プロレスをやめて「菊タロー」というリングネームになっちゃいました。次の機械は「菊タロー」か(笑)大阪プロレスには二代目えべっさんがあがってます。

Rédigé par: 龍 | le 22/05/2005 à 14:25

 いっそ、次の機械は「菊タロー」さんに作ってもらえば?
えべっさん時代のblogに、パソコン作る話が出てるし。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 22/05/2005 à 15:02

「南郷力丸」の語源?を、この記事で初めて知りました。
私のHNも本名らしき名前と言えばそうなんですが
名字はいつか変わるかも知れない、ってのと
パソ通時代に「あまりHNが長いと迷惑になる」と
古参ユーザーの友達から言われ
でも漢字一文字にすると堅苦しい、ってことで
ひらがな「しのぶ」で落ち着きました。
当時は、プライバシーがどうのこうの、とか人格を変わると云々
とかはほとんど念頭になかったと思います。

エロなチャットに行ったことはないし
チャットで済まなくなったこともないんですが。
「HNを使い分けるのは人格を使い分けるため」とかって言いますけど
私は人格を使い分ける用途もないし、
分けても後でバレバレになるは明白なので(汗)
後々気まずくならないように力量以上の小細工はしないことにしてます。

ただ、2ちゃんみたいに、「私が書いた」ことが重要でないとこでは
名無しさんで通してます、ま、あんなとこでHN書いても
確かに誰も気にしちゃいませんしね。

Rédigé par: しのぶ | le 23/05/2005 à 12:42

 そういや、しのぶさんblogにたまに匿名でコメントしますが、なぜかばれてしまいますね。
 Tカップ掲示板とかだと、HNがクッキーに入っていて、違うHNになりそうなこともあったり。
 好きずきなんでしょうけど、2ちゃんでHN使って、さらにトリップまで入れてる人って、何なんだろ。自分が書いたって主張したいなら、2ちゃんで書くこともなかろうに。


Rédigé par: 南郷力丸 | le 23/05/2005 à 22:31

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/4202775

Voici les sites qui parlent de ハンドル:

« 森青F | Accueil | 国民の道楽 »