« juillet 2005 | Accueil | septembre 2005 »

30/08/2005

盛り上がらない選挙

 今日、選挙の公示のようだが、どうにも盛り上がらない。
 ひとつは、私にとって、どうでもいいようなことを「争点」と言う人が多い。
 小泉政権になって、国の借金がほぼ倍増したそうな。借金が増えたから、貸す方をどうにかしなきゃならない、というリクツもあるのだろうけど、普通は借りる方の使い途を、まず何とかしろと思う。
 確かに、公務員なのに世襲制になっているのはオカシイ。ひょっとしたら、祖父や父がそうだからと、郵政学の単位も取らないのに、南カリフォルニア大学郵政学科に留学とか言って、郵便局員をやってる人がいるのかも知れない。
 公私混同が起こりやすいというのも問題かも知れない。ひょっとしたら、オリンピック選手から郵便局員になった人がいて、オリンピック出場前から雇用している家政婦さんに「局員」として、給与を払ってるケースがあるのかも知れない。
 でも、黒字で顧客満足度が高い分野が「早急に改革すべき」分野とは思えないので、けっこう、どうでもいい。私の関心度としては、候補者のヅラよりも低い。

 もうひとつは、今年の讀賣巨人軍が盛り上がってるか、かつての阪神タイガースが盛り上がっているか、と似たような問題だ。
 今年の讀賣は、次の監督がどうだこうだとか、清原と誰が中が悪いとか、外国人の誰かがどう言ったとか、帰ってしまったとか、話題が豊富だ。「ベンチがアホやから」の時代のタイガースと同じで話題性は多い。でも、だから盛り上がってるとは感じない。
 同じように、自民党の内紛とか、誰が立候補した、郵政民営化後の利権目当てか、なんて話題を聞いても、「選挙」が盛り上がってるとは感じない。
 かつて、というか今でも、あるネットワークの管理手伝いをしている。管理人とアクセスを増やす話をした時に、私が造反してバトルを繰り広げるという手はどうか、とか冗談で言っていた。
そういう一過性のゴマカシは、ミエミエのヅラよりはずかしい。

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

28/08/2005

しっぽく

img079 昼食に寄ったうどんやさんで。東京や沖縄から来た人たちがわからなかったのが「しっぽく」。一応、長崎の卓袱料理から来たネーミングらしいが、卓袱料理というのはコース料理で、中身は全く違うこと。同じ長崎の名物の皿うどんと同じ具材のものは、メニューの下に載ってる「のっぺ」ということなど、説明した。
 ついでに、山形に、「しっぽく」が由来らしい「すっぽこ」といううどんがあることも説明しておいた。
 それで、「しっぽく」と「のっぺ」が記載されたメニューを、「すっぽこ」研究者にTバック。

| | Commentaires (1) | TrackBack (1)

連続ケロ

 8年ぶりくらいになるのかな? 久しぶりにお気に入りのトレッキングシューズをはきました。
 東京と沖縄からのケロリストを、大原と嵯峨野という京都らしい所に案内したのだけど、大原には、うちでカエルになったモリアオガエルを、元の生息地に放流し、そこから、山道の峠越えの道を通った。それで、かつて秋田の泥湯温泉の湯滝に行った時以来かもしれないトレッキングシューズを引っ張り出して履いて行った。
img077 大原への山道で、脇の川に飛び込んだタゴガエルを撮影するケロリスト。川の中でカエルと同じ姿勢になっている。

img078 嵯峨野の田圃で、ヌマガエルを撮影するケロリスト。ヌマガエルの方も、畦に向かって横一列に並んでいる。

 京都観光で、大原と嵯峨野というのは定番だけど、メインで観た先には、全く観光客がいなかった。梅雨時なら、金閣寺か曼殊院もコースに加えたかったところだ。
 ちなみに、お土産には「高山寺の国宝の絵巻」の模様のバッグを買われたようだ。


| | Commentaires (3) | TrackBack (1)

26/08/2005

タイトルバック

 今晩限定。
 元ネタはhttp://www.geocities.jp/kokiminsinto/

| | Commentaires (4) | TrackBack (1)

新居

img076 鉢植えを移して新居を整備、キューブの中から、器量のいいのを選んで10匹ほど、水槽に移した。
 残りは、明朝に放流。
 しかし、器量といっても見分けがつかない。大きさや色合いのバラエティがあるように、手足が長くてモリアオガエルらしいのを選んだのだが。
 唯一、カエルになってから拉致された「ひょっとしてシュレーゲル」も移行。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

25/08/2005

引っ越し

 今週末にケロリストの集会がある。その時に最終の放流をするつもりで、知らない間に上陸して、そこらにいる連中を見つけたら、回収してカエルキューブに入れている。ということで、現在、15匹くらいいる。
 カエルキューブはアクリル製なので、汚れが激しいし、45cm四方というのは意外にかさばり、掃除もけっこう面倒だ。それで、全員を放流して、カエル・キューブもお役ご免にするつもりだった。
 ところが、知り合いで、ペットショップをやってる人から、水槽を貰ってしまった。
 そのペットショップで買い物をしたことはなく、たまたま知り合いがペットショップをやっているだけなのだが。もし、このままカエルを飼い続けるとしたら、餌のない時にコオロギとかを売っているか聞きに行ったら、背の高い目の水槽が置いてあった。いくらくらいするのか聞いてみた。水が洩るのでカメを入れており、要るならタダでいいということだった。
img075 なので、全員放流ということにはせず、数匹を残すことにした。
 1時間ほどかけて、角材と洗濯ネットで蓋を作った。「ミドリガメ ○○円、ゼニガメ ○○円」と水槽に油性マーカーで書いてあり、それを消すのにシンナーを使ったために、引っ越しは明日以降にする。
 60cm×30cmで高さが45cmなので、キューブよりも若干、狭いが、この大きさなら、室内にも邪魔にならないように置ける。鉢植え等はそのまま移行できる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

18/08/2005

逆効果というかギャグ効果なblog写真

 各社が提供しているblogサービスには、たいていプロフィール写真がセットできるようになっている。でも、自分の顔写真を貼り付けている人はほとんどいない。例外はタレントなどの人気商売の人のblogで、政治家もそうだ。
 前に国会議員をやっていた人のblogに顔写真を貼り付けているのがあった。画像が歪んでいる。大きな画像を、htmlで縮小してるからかなと思い、顔写真をクリックしてみた。。。。。ノートパソコンの画面に納まらないサイズの画像を使っている。ブラクラ的サイズだ。
 顔写真を載せるにしても、このサイズだと、かえって逆効果では?

 さて、この人、一般にはほとんど知られていないのだが、ネット上、特にセキュリティに関心のある人の間では、相当に有名な人なのだ。
 2001年の暮に、事務所のパソコンがコンピューターウィルスに感染し、いろんな所にばらまいたのだが、まあ、必要な対策をしてなかっただけで「ごめんなさい」ですむような話だ。ところが、この人、「サイバーテロに狙われた?」という不思議な文を発表して、ネットの注目をあびてしまった。
 その結果、この人のサイトのディレクトリのパーミッションの設定がいい加減で、会員限定ページとか作っていながら、その会員の個人情報が丸見えで「頭隠して何とか」状態なのが知られてしまった。今でも、中身が丸見えのディレクトリがちゃんとある。
 そんなわけで、政治家のサイトの週間アクセスランキングでトップになったという実績をお持ちの方なのだ。
img074 そのアクセス数トップに輝いた当時の顔写真が左側。現在、ご使用の顔写真が右側。間違いではない。左側が2001年当時だ。
 ヘアスタイルを変えられたようだが、左側が広く知られただけに、ここまで劇的に変えるとかえって逆効果に思うが。

| | Commentaires (3) | TrackBack (1)

17/08/2005

今日の子モリアオ(8/17)

img071 当歳組で最も大きくなってるのが、年長組と並んで居眠っていた。まだ、大きさには差がある。

img072 こちらは、上陸して日のない小さいの。ショウジョウバエ発生器の上に載って中をのぞき込んでいる。サナギから出てきたハエがいるのか。

img073 こちらも、ショウジョウバエ発生器の上にいる、2cm前後の連中。だいたい上を眺めている連中が多いのだが、こうやって床を見下ろしている連中もいる。


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

「燕」の帯色の塗装(Nゲージ)

025 燕用の客車は、濃い茶色で、車種によって赤、青、白のラインが入る。そしてラインには標記が入る。キットの成形色が茶色なので、茶色に塗って、ラインはデカールに標記をプリントして貼り付ける予定だった。
 ところが、赤や青のデカールが入手できない。透明や白のデカールにラインの色をプリントすることも考えたが、中間色を表現するための網点が入ることや、切り口に白が見えるかもしれない。そこで、ラインの色を塗装し、マスキングして茶色に塗るという面倒な方法をとることにした。
 成形色が茶色なので、赤や青の発色のためにまず白を塗っている。この上に茶色を塗り重ねるわけだから、かなりぼってりしてしまいそう。
 当初の燕の3等車は2輌だが、4輌あるのは、後に増結したから。増結分は側面の縦のリベットの表現のないキットを使った。
 2等車も2輌だが、3輌あるのは、スロ32という形式をどうしようか考えているから。本来の編成は、スロ34とスロ32という形式だが、スロ32のキットは発売されていない。そこで、窓割りが同じスロ35という形式のキットの側板を使い、ダブルルーフの屋根を付けることを考えた。しかし、スロ35の側面には、縦のリベットの表現がない。それで、縦のリベットの表現があるスロ34を2輌にすることも考えている。
 工作方法の都合で、食堂車や展望車には縦のリベットの表現がないのだから、拘ることもないのだが、出来上がってから、どちらかに決めようと思っている。
 塗装がぼってりしそうだから、この問題の縦のリベットが見えにくくなるかもしれない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

13/08/2005

スシ47着手(Nゲージ)

024 復活「つばめ」編成で、手配が済んでいなかった食堂車のキットを休止中に入手したので組み立て。
 暑いのでハンダ付けはしたくないのだが、他の車輌が箱になっているし、編成として揃えようとすると同じような状況にもっていかないと。
 まだ、屋根はくっつけていない。妻のハシゴも。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の子モリアオ(8/12)

img069 大きさチェック。成長の早いのは2.5cmくらいになっている。写ってはいないが、上陸したてで、まだ1cmちょいのもいるが。

img070 ちなみに、キューブの環境チェック用の「年長組」と比較しても、この大きさ。
 ただ、当歳組は年長組のように瞳孔を細くすることがなく、大小するだけのようだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11/08/2005

ひさびさのNバス加工

023 久々に、軽い工作。
 休止中に出たバスコレで、加工しようと塗装を落としていたものを、切り接ぎ。接着跡のへこみ予防のため、このまま放置。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

10/08/2005

本家ブルーリボン

 以前に、盗聴を正当化するCMというのがあった。時代劇のシーンで、悪代官と悪徳商人らしき2人が相談しているのだが、それを盗聴し、「そうは、いかんざき」というCMだ。
 まあ、悪代官と悪徳商人がワルイというのは時代劇のお約束だが、現実の世界での「イイ・ワルイ」というのは、人によって判断が違うわけである。
 世の中には、対立する政党の党首だったり、対立する宗教団体などは「仏敵」だから、もっとワルイと思ってるカルト信者もいるらしい。だから、イイ・ワルイの判断が伴うルールには慎重にならなきゃと思う。
 私が、自分のサイトを作りだした1996年頃だったかに、アメリカで通信品位法を作ろうという動きがあった。趣旨としては、エロサイトなどの品位に対する規制ということだったのだが、もちろん「品位」なんてものの「イイ・ワルイ」も人によって解釈が違うわけであり、自分の判断だけが正しいなんて人がいるかも知れない。そこで、反対する人たちが「ブルーリボン・キャンペーン」というのを始めた。
img068 ネットの表現に対する規制に対して、反対の意志を表明するために、自分のサイトに「ブルーリボン」のバナーを貼り付けるという運動だった。
 後に、通信品位法だけではなく、こうしたネット上の内容の「イイ・ワルイ」の規制全般に対する反対の意志表明に使われたわけで、それで、私も、自分のサイトに、このブルーリボンのバナーを付けておいた。
 日本でも、盗聴法の反対に、このブルーリボンを使ったり、ブルーリボンに倣ったオレンジリボンというのを使った人もいたようだ。
 ともかくも、今でも、ネット上の検閲に反対の意思表示をするため、このブルーリボンを付けているサイトは、世界中にあるわけである。

 ところが、最近、このブルーリボンの紛い物をたまに見かける。サイバラのマンガに出てくる「ホモかっちゃん」のサイトに付いていたので気付いて調べてみたのだが、本来のブルーリボンのバナーとは違うものだった。
 この、「紛い物」のブルーリボンの趣旨は、一応「北朝鮮による拉致被害者の生存と救出を信じて」への意思表示だそうだ。ところが、運動のオフシャル・サイトというのがあったので見てみると、なぜか「日本の風景」の最初に新興宗教の建物が写っている。ということはそれ系の団体なんだろうか。
 ちなみに、阿倍晋三のサイトには、「本来の」ブルーリボンが付いていないのは当然ながら、この手の「紛い物」の方も付いていない。あの阿倍でさえ距離を置いてるのだろうか、どうなんだろう。

 それで、困っているのが、「本来の」ブルーリボンを付けている自分のサイトだ。「紛い物」と間違えられるのは嫌だ。かと言って、「紛い物」のために「本来の」方を外すのは、もっと嫌だ。
 ということは、「本来の」バナーを、もっと普及させるしかないのだろうか。誰か、「本来の」方を付けてくれないかな。
 とりあえず、サイトの方だけじゃなく、このblogにもバナーを貼り付けることにした。

| | Commentaires (4) | TrackBack (2)

09/08/2005

今日の子モリアオ(8/09)

img066 上陸した子ガエルはキューブに移し、適度に放流というダンドリだったが、放流容器への回収から逃れ、キューブに残っているのが約10匹いる。こちらは、たぶん上陸後2週くらい。まだ眼の前後が黒い。

img067 こちらは初期に上陸したものか、眼の前後の黒い模様が消えているし、相当、大きくなっている。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07/08/2005

続・うんてい

 「うんてい」で思い出したのが「芸亭」。昔の図書館みたいなもんらしい。ちょい以前の新聞に、この「芸」の字のことが出ていた。今は「芸」は、かつての「藝」の代用として使われるが、「芸」の字は「藝」とは別に昔からあった字で、この「芸亭」の「芸」は本来の「芸」だということだ。
 昔、日本史で「芸亭」というものがあったと知った時から、その記事を読むまで「芸亭」というのは、昔は「藝亭」と書いたんだろうと勝手に思いこんでいたのだが、なるほど「藝」は「うん」とは読まないだろうな。
 この記事では、だから「芸」を「藝」の代用とすることに疑問を呈していたのだけれども、字の一部を省略された字を、代用に使うということは普通のことだったようだ。私のしていたような勘違いが一般化するのは問題だが、わかっていての代用ならいいように思う。
 平成帝という人が、昔の記録によく出てくるそうだ。「成」は「城」の代用で、読みも同じなので、「平城」天皇を「平成」天皇と書くのは普通だったようだ。
 この平成帝、在原業平の祖父である。皇太子時代から妃の母の藤原薬子を寵愛してスキャンダルになっていたようだ。病気で弟の嵯峨天皇に譲位して退位した後、薬子やその兄の藤原仲成らとクーデターを試みて失敗する。嵯峨天皇は平城天皇の子の高岳親王を皇太子に立てていたがそれも廃されることになった。いわゆる「薬子の変」である。
 そこで、今の天皇の諡は、どうなるんだろう。明治天皇以来の制度だと「平成」天皇になるが、正式ではないにしろ「平成」天皇と書かれた人、それも、こういう事件に関わった人がいるのだから、避けるのが普通だろう。
 1000年以上の歴史を踏まえるのか、100年にもならない制度に拘るのか、どっちを選ぶんだろうか。

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

うんてい

img065 ちょっと以前に撮った絵だけど。
 尻尾が重いのか、ちゃんとメッシュに掴まれないようだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

03/08/2005

白いアゲハ

img063 以前に、遠野の早池峰神社近くの民宿に泊まった時のこと。夜中に、クワガタムシかざしきわらしがいないか神社に行ったら、同行者が「白いアゲハ」がいると言ったことがある。その「白いアゲハ」というのがこれで、オオミズアオという蛾だ。

img064 ちなみにクロアゲハの写真を加工したら似ている。触覚のあたりや模様は違うが、ヒラヒラ飛んでるとそっくりなんだろうと思う。
 それ以来、「白いアゲハ」というと「オオミズアオ」のことだと思って、目撃した人にそうコメントしたら、違うらしい。
 何だったんだろう。かえって気になった。

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

02/08/2005

今日の子モリアオ(8/01)

img061 ここ数日、上陸するのは一晩に1匹いるかいないか。でも、まだ、オタマは10匹くらいいる。そして、まだ後脚も出てないのが6匹。1匹は卵黄を吸収した時点から大きさも変わっていない。カエルになる気がないんだろうか。
 ともかくも、オタマになって泳ぎだして2・3日の間に、10匹くらい死んでるのを見つけたが、それ以来、死んだのは見ていない。自分らで食ってしまったのかも知れないが、それでも自然状態より、はるかに高いカエル化率だろうと思う。件の池では、他の卵塊が全滅状態だろうから、今年は、同じ一家の70匹だけがカエルになってるわけで、それもマズイかなぁ。。。とも思いはじめた。

img062 知らないうちに上陸して、そこらをウロウロしてる連中の方は、昨晩は見かけなかったが、今晩は5匹ほど、オタマ容器の周囲にたむろしている。写真に写ってる他に、オタマ容器の水草の上や、キューブの中と適宜入れ変えてる鉢植えの上にいた。
 昨日は雨が降ったが、今日は降ってない。やはり水が目当てで来ているようだが、水には飛び込まず、濡れた場所や湿った苔玉にくっついてる。ということは、放流組も、ブラックバスに簡単には食われてなさそうだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« juillet 2005 | Accueil | septembre 2005 »