« 盛り上がらなかった選挙 | Accueil | 今日の子モリアオ(9/17) »

17/09/2005

「勝ち組@元祖」の勝利

 ここは、ニュースネタを正面から取り上げることはしないのだが、以前に書いた「勝ち組@元祖」に関連して感じたことがあるので。
 先日の総選挙によって、ますます「勝ち組」「負け組」がハッキリしていく。というのが大方の見方だ。ここでの「勝ち組」「負け組」というのは、最近での使い方だ。
 以前に書いたのは、「勝ち組」「負け組」の語源のハナシだ。このコトバが最初に使われたのは、第2次大戦後の南米だと思う。日本は戦争に負けたというのは謀略で本当は勝っていると思いこんでいたのが「勝ち組」で、負けたことを信じたのが「負け組」だったはず。それで、これを「勝ち組@元祖」「負け組@元祖」とでも言おう。。。。ということだ。
 そして、このところで思うのは、あの選挙結果というのは、現代の「勝ち組@元祖」によって、もたらされたのじゃないかと思ってる。「勝ち組@元祖」が棄権から小泉支持に回った。そして、数パーセントの動きでダイナミックに結果が変わったのは小選挙区制度のカラクリのわけだ。
 今の使い方は「勝ち組」=「勝者」、「負け組」=「敗者」だ。ところが「勝ち組@元祖」というのは、決して「勝者」ではない。単に自分が勝ったグループに帰属していると思いこむことで、自分も勝者だと錯覚したいだけだ。
 例えば、旬の業界で、それなりに忙しく、それなりに収入のある人が「勝ち組」と思うくらいなら納得できる。でも、そういう業界で簡単に外国人に換えられる業種の人も、そう思ってると、どうだかなぁと思う。酷いヤツだと日本人だというだけで「勝ち組」と思っている人もいるようだ。
 だから、「勝ち組@元祖」は、実際の「勝者」と無縁でいたがる。嫌うというより、ホンモノの勝者の存在を認めることは、自分の錯覚が崩れてしまう原因になりかねない。だから、むしろ無視したいように思う。
 むしろ、「勝ち組@元祖」が憎むのは「負け組@元祖」であり、必要とするのは「敗者」なのだ。政府による所得再配分というのは、いわば「敗者」のための制度だ。「勝ち組@元祖」は、実際には「勝者」でないのだから、自分のためにもなるのだが、それを認めることは「負け組@元祖」になるということだ。「勝ち組@元祖」という錯覚が崩れてしまうことなのだ。そして何とか「敗者」を見つけることで、「勝ち組@元祖」という錯覚を守ろうとする。
 既得権を持っているのは「勝者」だが、それを失うのは「敗者」になることだ。小泉は、「勝者」をもっとシアワセにするとも、「敗者」をシアワセにするということよりも、むしろ既得権を崩すしていく、「勝者」を「敗者」にすると主張した。「勝ち組@元祖」は「勝者」ではないし、自分を「敗者」だとは認めない。彼らにはシアワセにするというハナシよりも、「敗者」が増えることで、自分の錯覚が守られることが、今、とりあえず、シアワセでいられることなのだろう。
 第2次大戦後の「勝ち組」は日本が戦争に勝ったと思いこんでいた。さすがに現代の「勝ち組@元祖」は負けたことは認めざるを得ないようだ。でも、戦争を含む歴史の流れの中で、あるパーツだけでは勝っていたとか、ある部分では正しかったと思いこみたいようだ。別に、かつての日本人がどんな悪事を働こうが、それを教訓に同じことはしなけりゃいいだけなのに。「者」であるより、「組」に属することが大事な人には通じないらしく、なかったことにしたいらしい。
 さて、「勝ち組@元祖」の人たちは、支持した小泉が勝ったわけだから、どういうことを期待するかとかのハナシをすればいいと思うのだが、そうはいかない。「勝者」ではないし「敗者」だとは認めないのだから、立場がない、具体的な期待はない。とりあえずの「負け組@元祖」である民主党支持者のブログで勝ち誇ったコメントを書いたりしてるらしい。
 今回の選挙の結果、憲法の変更が具体化をおびて来たというハナシも聞くが、「九条の会」というのがある。発起人や賛同者には、著名な学者など「勝者」が並んでいる。この「勝者」である著名人を並べるという方法は、この「勝ち組@元祖」には、通じない方法だろう。
 例えば、東大文学部から作家デビューし、ノーベル文学賞を貰った大江健三郎のような「勝者」とは「勝ち組@元祖」は無縁でいたいのだ。むしろ、その同級生でも、理系の大学の教員にしかなれななかった相対的な「敗者」で、自分たちに錯覚を与えてくれる人の方が共感できるのだ。
 こういう「勝ち組@元祖」の人はどうすりゃいいんだろうか。本人がそれでシアワセなんだからいいんだろうけど、「敗者」である身としては、同じ「敗者」の自滅に付きあわされるのはかなわないという気がするのだ。

|

« 盛り上がらなかった選挙 | Accueil | 今日の子モリアオ(9/17) »

Commentaires

まことに、かないませんなあ。

Rédigé par: 非国民 | le 19/09/2005 à 00:12

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/5980768

Voici les sites qui parlent de 「勝ち組@元祖」の勝利:

« 盛り上がらなかった選挙 | Accueil | 今日の子モリアオ(9/17) »