« 「燕」の客車の塗装(Nゲージ) | Accueil | 今日の子モリアオ(9/7) »

04/09/2005

電話のマナー

 選挙というと、選挙運動の電話がかかってくるのだが、今回は、今のところかかってない。留守中にかかってきたのかも知れないが。
 選挙運動の電話がかかってきたら、必ず、相手の姓名を聞くことにしている。知らないうちに電話をかけた場合、まず姓名を名乗るものだ。ところが選挙運動の電話には「○○事務所の者ですが」としか言わない輩が多い。そこで「どなたですか」と聞くのだが、それでも「○○事務所の者です」としか答えないのがいる。そこで、「知りあいでもないのなら、電話をかけた場合には、まず姓名を名乗るのがアタリマエでしょう」と説明しなきゃいけない。
 以前、市長選挙の時に、「F事務所の者です」という電話があった。Fというのは参議院議員だ。、その「F事務所の者」は、結局、名前は言えないと答えた。それで、F事務所に「電話をかけた場合には、まず姓名を名乗るものだが、聞いても答えない。あなたのとこに、そういう失礼な輩がいるのか、それともF事務所の名前を騙っているのか、いずれにせよ、Fのためにならんのでお知らせする」という趣旨のメールを出した。
 そうすると、Fの妻という人から、返事が来た。お知らせいただいてありがとう、ということと、当日は、現職市長派の運動員が電話をかけていたので、それだろうということであった。
 こういうことを続けてきたせいで、どこの陣営も電話をかけてこなくなったのかも知れない。

|

« 「燕」の客車の塗装(Nゲージ) | Accueil | 今日の子モリアオ(9/7) »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/5788933

Voici les sites qui parlent de 電話のマナー:

« 「燕」の客車の塗装(Nゲージ) | Accueil | 今日の子モリアオ(9/7) »