« しのぶ、すごい。すごい。 | Accueil | 千葉という食品 »

14/11/2005

スウィングガールズ

 DVDの感想を書いているが、書いていないものの方が多い。それなりに面白かったとか、つまらなかったものは書いていない。たぶん、自分で特にいいと思ったもの、特にひどいと思ったもの、つまり、特に印象的なのだけを書いている。洋画はほとんど感想を書いていないのは、そういう理由がある。
img017 さて、気に入って何か書いておきたいと思いながら、書きかけて止まっていたのが「スウィングガールズ」について。「気に入った。でも、リクツじゃ褒めようがない」というのが正直な感想。
 陳腐で、ご都合主義としか言えない展開だし、エピソードも整理されていない。でも、なぜか、話の世界に馴染んでしまう。
 俳優が特訓してジャズの演奏をする。かなり昔、20年くらい前だけど「上海バンスキング」というお芝居を見に行った。やはり俳優がジャズを演奏した。オープニングは客席に俳優が散って演奏していた。それだけではないが、この舞台は今まで観た演劇のベスト10には絶対入る。生のコンサートとメディアに乗った音楽では費用が10倍以上に違う。それでも、人は生のコンサートに行く。生だからこそ、俳優が演奏する意味があるわけで、別録音が可能な映画で、俳優が特訓して演奏しましたって言われても、そうですかってだけ。そこに意味があるとは思えない。でも、やっぱり、コンサートシーンには浮き立ってしまった。
 山形の置賜が舞台だ。日本全国、どこの風景も似ている。日本の風景だなってわかる。でも、似ているようでも、地域地域の特色はある。同じ山形でも、内陸と庄内はどこか違うし、置賜と村山だって違う。せっかくの置賜なんだから、もっと風景を使えるだろうにと思ってしまう。それは、もっと絵になる背景もあるのと同時に、彼女たちがジャズを始める動機のひとつ、日常からの飛躍をシンボリックに表現するように、盆地地形が使えないものかと思う。
 コトバもそう。山形に女性の知人は何人かいる。庄内と村山が多い。山形弁で喋ってくれるのは村山の人で、主人公達より渡辺えり子に近いけれども、彼女は村山弁で考えて村山弁で喋るのに対し、この映画だと、いかにも翻訳した山形弁という感じで、何か不自然なのだ。そういう「置賜」へのこだわりが中途半端な気がする。
 かように何か書こうとしても、不満しか出てこない。竹中直人のセコセコした芝居も、いい加減にしてくれという感じ。でも、この映画は気に入ってしまったのだ。「ぢょしこうせい」の魔力としか言いようがない。特に、ペットとトロンボーンとドラムの子。

|

« しのぶ、すごい。すごい。 | Accueil | 千葉という食品 »

Commentaires

ペットとトロンボーンは数人いますが、どの子だろう?眼鏡をかけたトロンボーンの子はこの間まで朝のNHK連ドラのヒロインをやっていた子だよね。僕はこの子が一番好きです。
 ドラムの子、というのが南郷さんらしい(^^:

Rédigé par: 龍 | le 14/11/2005 à 07:30

 集金人を追い返してるし、NHK見ないし、わからん。
 ペットの子というのは、ネズミの子ね。ドラムの子は紙相撲してたり、自転車を転落させたりのボケ味がいい。
 主役は物語の進行係、準主役が物語を豊富にするという原則どおりに、主人公と一緒に行動する方の子らって、最初はちゃんと性格付けされていくんですね。でも、途中から、個性が消えていくのが残念。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 14/11/2005 à 20:22

トラックバックありがとうございました。
トロンボーンの子、いいですよね。
「ぢょしこうせい」の魅力といえば、「櫻の園」をまた観たくなったなぁ……。

Rédigé par: yamabetoyomu | le 05/12/2005 à 11:15

 ただ、最後の待ってと言ってチューニングするトコロ、あれじゃカッコ良すぎなんで、トランペットの子あたりの方が意外性があって良かったような。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 06/12/2005 à 21:22

いろいろとTBありがとうございました。私もこちらの記事に気づきましたのでTBさせていただきました。ドラムの子は私もお気に入り。サントラ盤のCDまで買ってしまったくらい気に入ってます。素人くさいけどこの魅力。
「上海バンスキング」をナマでご覧になっているなんて羨ましい。私が観劇していなかった時期の舞台です。映画にもなっているけれどナマには負けるだろうなあ。でもDVD借りて観ようかなとは思っている作品です。

Rédigé par: ぴかちゅう | le 31/12/2005 à 13:37

 「上海バンスキング」は短期間に2度、映画化されてたと思います。松坂慶子の方のDVDは探せばあるでしょうけど、吉田日出子の方は入手難、そもそもDVD化されてないかもしれません。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 31/12/2005 à 13:46

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/7095371

Voici les sites qui parlent de スウィングガールズ:

» スウィングガールズ [水沫日記(みなわにっき)その2]
好評を聞いていた『スウィングガールズ』をレンタルDVDで観た。地方の女子高生がふ... [Lire la suite]

Notifié le le 05/12/2005 à 11:12

» 04/10/09台風にめげず観た「スウィングガールズ」!   [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
他の掲示板に書いた10/9の映画の件をここに再録しておきます。 「ミス・サイゴン」夜の部のB席が1枚あって、先日娘と観た時に私が開演時間を間違えて冒頭をみることができなかったため、もう一度最初から観る機会を与えることになりました。私の分のチケットも譲渡サイトで2人にアクセスしましたが、タッチの差で他の人にいってしまい、私は台風の中で送り迎えをしながら、映画をみてきました。 「ウォーター... [Lire la suite]

Notifié le le 31/12/2005 à 13:29

« しのぶ、すごい。すごい。 | Accueil | 千葉という食品 »