« ちょっと改装 | Accueil | 地震が悪いと言えない業界 »

21/11/2005

赤目四十八瀧心中未遂

img018 「ヴァイブレータ」の寺島しのぶが凄かったので、見てみた。
 「40年前に書かれた原作を30年前に映画化したものだが、今でも通用する」という感じだった。別に、どこと言って気に要らないところはない。150分と長いが退屈というわけではない。私は好きじゃないが、こういう話が好きな人もいるんだろうと思う。評論家なら「なぜ今」とか言い出すんだろうけど、単なる観客としては、見逃したかつての話題作という感じで、ハナシはともかく寺島しのぶの表現力は、やっぱりすごいなぁ、と思ってみていた。
 で、その寺島しのぶだが、映画初出演は「シベリア超特急2」らしい。中村福助も出ていた。ところが、それより後に作られた「娘道成寺〜蛇炎の恋」の紹介記事に「映画初出演の中村福助」という記述を見かける。どうやら「シベリア超特急2」への出演はキャリアに入れなくていいらしい。そこを、あえて入れている寺島しのぶだから、おバカな映画にも出てほしい。

|

« ちょっと改装 | Accueil | 地震が悪いと言えない業界 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/7258650

Voici les sites qui parlent de 赤目四十八瀧心中未遂:

« ちょっと改装 | Accueil | 地震が悪いと言えない業界 »