« 男たちの大和 | Accueil | E=Mc^2 »

28/12/2005

オペレッタ狸御殿

img053 オダワラジョーは新幹線から見えたと思う。だから、何度となく見てると思う。でも、ほとんど印象が残ってない。オダギリ・ジョーも出演作をいくつか見てるはずなんだけど、やっぱり印象が残ってない。チャン・ツィイーもよく知らない。そんなわけで、オダギリ・ジョーとチャン・ツィイーという「オペレッタ狸御殿」は映画館に見に行かなかったし、DVDも出てもしばらく見てなかった。
 つまり、期待せずに見たのだ。ところがこれが良かった。このあたりの経緯は「下妻物語」と一緒。そして、狙って作ったおバカ映画というところも一緒。
 主役はオダギリ・ジョーとチャン・ツィイーなんだけど、映画を支えているのは平幹二朗と薬師丸ひろ子。この二人が無意味なほど大げさな芝居を繰り広げるのだけど、美術が舞台風なので妙にはまる。 舞台仕立てでも、こんなことやってみたら面白いかもと思っても、舞台じゃ絶対に出来ない映像ならではのお遊びというか、おバカなシーンが繰り広げられるのだけど、適度にエエカゲンでも、決して安易に流れないのだ。
 そもそも、狸姫が何で唐の国からなのか。結果として中国語が混じるわけで、台詞も含め、音楽的な変化が出て面白い。たぶん、それだけなんだろう。でも、その効果は絶大。
 花四天や御殿女中が4人組で、少女が3人組とか、妙に和洋折衷で様式的なので安心感がベースにある。だから、デタラメぶりが素直に楽しめる。
 由紀さおりのひるぜん婆が死ぬシーンは最高。ケンで決着と言って、じゃんけんで負けて、バカバカしい歌を歌いながら昇天する。
 主役2人は、1回、死にかけて、生き延びて、また死んで、生き返る。これだけでも、まともなストーリー展開じゃない。ダンスもテクニック的にはたいしたことない。だいたい「オペレッタ」に「狸御殿」自体が古くさい。でも、カラっと陽性に古くさい上に、平気で、その古さを壊してくれるので、かえって新鮮。
 意味とかを超越した、おバカな世界の気持ち良さにひたれる。
img054 この極楽カエル、欲しい。
 でも、美空ひばりは余計かも。

|

« 男たちの大和 | Accueil | E=Mc^2 »

Commentaires

TBありがとうございますm(_ _)m
>狙って作ったおバカ映画
っていうことだったのでしょうねえとは思いつつ、映画は鈴木監督に化かされたような感じでわけがわからなかったのですが、まあオフ会をしてからレディースデイの1000円で観たのですから、集まるきっかけもできたので文句をいうつもりもないんですが(^^ゞpokoponさんのブックマーク登録されている雑巾ダイアリーのyukariさんもご一緒してましたよ。
ただし、戦中・戦後の「狸御殿」シリーズの基礎知識を得ることができて今回の舞台観劇の予習にはなったのでよかったです。
またよろしくお願いしますね(^O^)/

Rédigé par: ぴかちゅう | le 31/12/2005 à 00:13

 なお、私は、病気療養中の猿之助に代わって、小狸のシゴトを確保した紫狸の方は観てません。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 31/12/2005 à 00:56

TBされた方の記事をよく確認せずにTB返しをしていてごめんなさい。gooブログって以前の記事に届いたTBがどれに届いたのかがわかりにくいのです。お知らせメールがくるのでそちらだと確認できるのですが...。
>紫狸
ですか、ハハハ。正確に言うと今回の舞台では狐の役でした。九尾の狐がとりついているんですよ。昨年『西太后』も観てまさに立女形のできる女優さんだと思いました。見得が決まるんですから、スゴイです。女性も年をとると女性らしくなくなるんですね。男性も年をとると男性らしくなくなるし、ホルモンが減るんだから当たり前ですが。

Rédigé par: ぴかちゅう | le 31/12/2005 à 01:23

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/7879605

Voici les sites qui parlent de オペレッタ狸御殿:

» オペレッタ狸御殿は清順翁全開映画(よい子のみんなは真似しないでネ☆) [WHAT'S NEW PUSSYCAT!?]
オペレッタ狸御殿 作者: 浦沢 義雄 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2005/05/31 メディア: 文庫←文庫まであるのかよ…。 オペレッタ狸御殿 オリジナル・サウンドトラック アーティスト: 出版社/メーカー: ポプラト 発売日: 2005/05/11 メディア: CD ウグイス嬢をやった後にオペレッタ狸御殿をみました。(withビビッチェル) まるで、ぎとぎとのとんこつラーメンを食った後に肉汁したたり照り輝くステーキ(レア)を食べるよ... [Lire la suite]

Notifié le le 29/12/2005 à 00:11

» 05/12/11 『狸御殿』でスーパー歌舞伎と人情喜劇の融合 [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
今年の6月に鈴木清順監督の映画『オペレッタ狸御殿』も、実はこの舞台を観るための予習だった。残念ながら映画はあまり面白くはなかったのだが。しかし先月の松竹座の劇評が『演劇界』1月号にあって、なかなかの舞台のようで期待は高まっていた。 映画『オペレッタ狸御殿』の感想はこちら 今回の舞台は...面白かったのだ! {/good/} 物語は「昔、昔、ずっ〜と昔の狸と人間のおとぎ話」なのだが、まず話の作り方がうまくて退屈し... [Lire la suite]

Notifié le le 31/12/2005 à 00:01

» 05/06/08 映画『オペレッタ狸御殿』で化かされる [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
『狸御殿』ものは、戦前・戦後の日本映画の黄金時代に人気が出て連作されたシリーズのようで、ここ数年、宝塚OG達による舞台の上演もあり、気にはなっていたのだった。しかしながら、話が馬鹿馬鹿しいのとOG達の昔のお姿を封印したかったために、お声がかかった時も気乗りがせずにお断りしてしまったのだった。 さて、レディースデイで1000円なら『狸御殿』もの初体験もいいかなというノリで行ってきた。映画『�... [Lire la suite]

Notifié le le 31/12/2005 à 01:16

« 男たちの大和 | Accueil | E=Mc^2 »