« 隠し剣 鬼の爪 | Accueil | 千年の恋・ひかる源氏物語 »

09/01/2006

説得力か納得力か_6

 おかしな質問だが、犬、牛、豚、鯨、これらの動物のうち、最も食べるのに相応しくないと考えられるものはどれか。ちなみに、どれが一番食べたいかと聞かれれば、私は「鯨」と答える。
 最も「説得力」のある回答は「鯨」だろう。「鯨」は野生生物であり、他は家畜であるからだ。
 家畜であるのに「食べてはいけない」というのは、宗教的な理由か慣習に過ぎないわけであり、それこそ「価値観の相違」である。もちろん、野生生物だから食してはイケナイということにはならないのだが、そこには、家畜の場合と異なった理由をあげることが可能なのだ。
 「鯨」以外の回答の「説得力」は、回答者の「偶有性」に依存している、と言えばいいんだろうか。たまたま、どういう食文化の中で育ったか、どういう食文化に属しているか、それが「納得力」を持つに必要な「認識」の背景にあるからだ。
 家畜の中でも、犬の場合、食用品種は多くない。知られているのはチャウチャウくらいちゃうんちゃう。それさえも、愛玩用にされているわけだから、犬を食用にする文化は多くない。「食べない」という事実があったとしても「食べるべきでない」ということにはならない。リクツとしておかしくっても、「犬を食べない」地域に「犬はたべるべきでない」と考える人は数多く存在している
 牛を食べるべきでないと考えた結果、ヒンドゥー教を信じる人というのは、ほとんどいないだろう。多くはヒンドゥー教を信じる人の中で育ったがため、牛を食べるべきでないと考えるわけである。
 「鯨」を食べない理由が、野生動物でありウンヌンカンヌンというのは、そういう「偶有性」による「納得力」に依存せず、鯨のみが持つ「野生動物」という属性が「説得力」の根拠になっている。実際に説得力を持つかどうかはともかくも、「食べるべきでない」というのが、「納得力」によるのではなく、「説得力」によるわけである。
 もし「鯨」は食っちゃダメという人が、同じ理由で「犬」もダメと言い出したとたんに、その「説得力」は崩壊する。

|

« 隠し剣 鬼の爪 | Accueil | 千年の恋・ひかる源氏物語 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/8070834

Voici les sites qui parlent de 説得力か納得力か_6:

« 隠し剣 鬼の爪 | Accueil | 千年の恋・ひかる源氏物語 »