« 肘折温泉 | Accueil | 風邪ひき »

21/03/2006

北野

img012img013
 蒼々たる姑射の松、化して芍薬の美人と顕はれ、珊々たる羅浮山の梅、夢に清麗の佳人となる。皆これ擬議して変化をなす。あに誠の木精ならんや。唐土ばかりか日の本にも人を以て名付くるに、松と呼び梅といひ、或は桜に准ふれば、花にも心天満つる、大自在天神の御自愛ありし御神詠、末世に伝へてありがたし。
img015img014
 この神未だ人臣にまします時、菅原の道真と申し奉り、文学に達し筆道の奥儀を極め給へば、才学智徳兼ね備はり、右大臣に推任あり。。。。
img016img017 ということで、近所に行ったついでに寄った北野天満宮は梅の盛り。入場料500円の梅林は入場時間が過ぎていたが、あちこちで咲いてる。


img018img019
 帰りには、長五郎餅に寄る。
img020 その後、五番町を通る。
 五番町へ行ったならば、マリーの家へ行き、どんな暮ししているのか、見て来ていない。五番町は古い街で、昔からの人が、きっと住んでいると思う。
 写真は老舗の爬虫類料理店。「何とか楼」風の作りの建物はほとんどなくなってる。
img021 3本立500円の日活の映画館。片桐夕子特集でもやればいいのに。

|

« 肘折温泉 | Accueil | 風邪ひき »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/9193051

Voici les sites qui parlent de 北野:

« 肘折温泉 | Accueil | 風邪ひき »