« mars 2006 | Accueil | mai 2006 »

30/04/2006

寺子屋

 元々、内容の貧しいこのblogだが、せめてタイトルで遊ぼうかと、先日の賀茂川河川敷の桜のエントリーのタイトルを「賀茂堤」にしたのをきっかけに「天拝山」あたりまで続けてみた。ちなみにタイトル画像の方は、あまりのバカらしさにツッコミも入らない。
 さて、先月の「伝統行司」のエントリーで触れた弥乃太夫さんのblogの昨日のエントリーが「寺子屋(寺入り)」だった。それで、やっぱり「寺子屋」というタイトルがないのが寂しいので追加することにした。
Img053 菅原伝授手習鑑の「寺子屋」は、「武部源蔵夫婦の者、労はり傅きわが子ぞと、人目に見せて片山家、芹生の里へ所がへ」というように「芹生の里」が舞台になっている。この芹生の里というのは今の大原のことだが、近年はそういう呼び方はしない。
 ところが、貴船の奥の方にも「芹生」という地名があるので行ってみた。今は京都市内に合併されているが、元々は京北町であり、山城ではなく丹波のはずだ。この雨戸を閉め切った家がほとんどという集落の中心にある橋が「寺子屋橋」と名付けられている。
Img054 その寺子屋橋のたもとには、川下に行くと寺子屋という案内や、「川上三町、源蔵屋敷」という案内を彫った石が置いてあった。そもそも「菅原伝授手習鑑」がフィクションだし、「芹生の里」も別の場所だから、寺子屋も源蔵屋敷もあるはずはないのだが、いつのまにか旧跡が作られてしまったようだ。神武天皇陵や橿原神宮みたいなもんだ。
 ちなみに川上に3町行ってみたが、小さな社や学校跡、パンクしてカバーがかけられた消防車が置いてあったり、小さな公衆便所があるだけだった。


Img055 付近は北山杉の美林が観られるので、花粉の季節が終われば物好きな方は行ってみてもいいかもしれない。
 なお、人気のないからといって昼間から絡まってたカップルがいた。こういう画像は好き嫌いがあるだろし、興味のある人だけクリックを。
Img057

| | Commentaires (6) | TrackBack (0)

28/04/2006

放置していた食玩

Img051 かなり以前から放置していた食玩の加工。1枚目のは運転席の天蓋の枠が塗ってなくて、それを塗るのが面倒で放置していたもの。2枚目のは出来が荒っぽくて放置していたのだが、シールを貼るだけのことなので片付けた。
 3・4枚目のは最近のものだが、前回にシールを貼らなかったので。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

27/04/2006

八重山桜?

Img052 今、盛りなのは八重山桜といえばいいのか「八重」の「山桜」。石垣や西表の桜ではないけど。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

21/04/2006

天拝山

Img050 偶然に始めたこのシリーズ?も、ぼちぼちネタがないので、以前に行った天拝山の山頂からの眺め。
 午前中に福岡での用事が終わったので、ホンの出来心で行ったもの。JRの天拝山からはけっこう離れていて、むしろ二日市の方が登るには便利かもしれない。麓の天拝公園というところのすぐ近所に九州道の「筑紫野(二日市温泉入口)」という寂しげなバス停があった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

19/04/2006

築地

Img049 外コーヒーというと、ここんとこは缶コーヒーが多いものの、シアトル系が多かったが、久々に昔ながら喫茶店に入った。
 「昔ながら」というより、よりによって昔風の店だが。ウィンナーコーヒーとチーズケーキ。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

18/04/2006

吉田社頭

Img046 4月18日は吉田神社の例祭だそうだ。それで、南都楽所による「倭舞」の奉納があるというので観てきた。
 吉田神社は節分の時には賑わうし、「徒然」云々というタイトルのblogも多いのだが、その例祭に来る人はあまりいないらしい。関係者以外で「倭舞」奉納を観ていたのは20人もいない。
Img047 その「倭舞」は、管と太鼓だけで絃なしの3人くらいの編成の伴奏に、境内の幼稚園のお遊戯の曲が混じる中で2人の人が舞っていた。


Img048 なお、明日19日は境内にある菓祖神社という菓子業界の神様の例祭だそうだ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

17/04/2006

大内

Img045 雪のシーズンも終わりなのだが、以前に撮った雪の大内宿の写真が出てきた。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

16/04/2006

賀の祝

 先の道明寺のコメントで気付いたが、今日、誕生日の人がいた。毎日、誰かの誕生日だろうけど。
 それで、酒や道明寺を今から送っても今日には着かない。何か添付で送れるものと思ったが、ご禁制のファイルや妖しいファイルは娘に観られたら困るから送るなと言われていた。
 ケーキでも食べてお祝いしようかと思っても、うちの近所のケーキの店は土日はやたらに混むのだ。
Img044 それで、最近は外でのコーヒーはなぜかキリンの缶コーヒーばっかりだったので、久々にスタバに寄った際、ケーキも注文してみた。「あの」ザッハトルテはもうメニューにない。あれに懲りたので小さいレモンケーキにしたのだが。。。。。。。レモン風味の砂糖で周囲を固めてある。
 やっぱり、スタバのケーキは半分で充分。

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

道明寺

Img043 桜の季節なので、というか、桜の葉を使うので本当は時季外れかもしれないが、桜餅。
 通称「道明寺」という。道明寺粉というのは餅米を蒸したものを乾燥し、でんぷんをアルファ化したまま砕いたもので、桜餅以外にも使う。でも、道明寺というと普通は桜餅をいう。
 なぜかと思うと、桜餅が代表的なことの他に、道明寺粉を使わない「桜餅」も世の中には存在するらしい。柏餅の柏の代わりに桜の葉を使ったようなのらしい。

| | Commentaires (8) | TrackBack (0)

14/04/2006

賀茂堤

Img039 まだ満開中。
Img040 右側の左岸は紅枝垂桜、左側の右岸や上流は染井吉野か一部に山桜。
Img041 紅枝垂桜。Prunus Pendula cv.Pendula-rosea。
Img042 対岸と色の対比。染井吉野も関東のより濃いんだけど。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

12/04/2006

東山

Img037 祇園白川のしだれ桜。

Img038 ついでに、近所に開店したカバン屋。布製のカバンは使わないないので中には入らず。向かいのカバン屋、休業らしい。すぐ横に新しい店の看板が。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

09/04/2006

恒例

Img035 毎年、アップしてるような気がするがヴォケっ!!

Img036 菜の花。ほとんど花は漬物用に摘まれているが、一角に囲って咲いているのがある。タネ取り用か。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

08/04/2006

食玩やオマケの加工

Img031 シールを貼るのが面倒で放置していた食玩のヒコーキ類が他にもあったので、貼っ付けた。
Img032 尾翼のハーケンクロイツは公序良俗に反するのか、シール自体が附属していないので、プリンターで作って貼っ付けた。
Img033 サンテグジュペリの乗機の部品とシールも附属していたので、それにしたのだが、そのままだと尻餅をつく。先端の部品の中におもりを入れた。
Img034 これは缶コーヒーのおまけ。機種のセレクトがとてもいいのだが、他と同じ200円台でも、おまけなしと同じ値段だから、はるかに原価は安いというのがわかる作り。とりあえず、スピリット・オブ・セントルイスの支柱がゴツすぎるので、多少薄くなるように削ってみた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07/04/2006

満開中

Img030 写真にするとピンクっぽい。曇ってはいないのだが。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

05/04/2006

ロケか

Img029 お天気もよくて、桜も咲きだしたので、随分と人だかりがしているなと思ったら、何かの撮影をしていたようだ。写されて方にも知ってる顔がないので、何の撮影かはわからない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04/04/2006

すみれの花、咲く頃

Img028 歩道の縁石の目地で出来た隙間で咲いてたスミレ。路上でも踏まれる心配はない。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

食玩にも手間がいるようになった

Img027 ここんところの食玩は、シールを自分で貼ったりしないといけなくなってる。それでつい面倒で放置してたりしたのだが、手間といっても数分のことなので貼ってみた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

03/04/2006

ようやく・その2

Img026 急に気温が上がった。染井吉野も咲き出してるようだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« mars 2006 | Accueil | mai 2006 »