« えんどうさん | Accueil | うさぎとかめ »

07/05/2006

ミヤコ

 このblogを読みに来ている人、というかワタシが先方のblogを見ている人が、このGWに宮古に行ったらしい。それも2人というか2組。以前に1kmほど手前まで行きながら行かなかった「本州最東端」にも行ったらしい。車を停められるところから往復2時間ほどの山道を行く必要があり、同行者の体力や時間の都合もあって「次回」ということにしたのだ。
 2時間の山道はこたえる人にはこたえる。そういや、以前にそれくらいの山道をご案内した方で、やはりワタシがblogを見に行ってる人で宮古に住んでる人もいる。こちらは、宮古市ではなく宮古島だ。
 その宮古島が「宮古市」を名乗ろうとして、宮古市からクレームが付いたという話から、以前にエントリーを書いた。それにコメントとTバックを付けた人がいた。その人にはお近づきになりたくなかったし、そのblogも管理者に削除されてしまったのだが、その不思議ちゃんのblog経由で知った別のblogを見るようになり、その別のblogの書き手もこのblogにコメントをくれるようになったということもある。
 ということで、このblog関連の人との間でミヤコといえば地名なのだが、個人的には「ミヤコ」というとまず思い出すのは人名なのだ。
 1996年6月19日、37歳で亡くなった吉崎勢津子さん。芸名が「ミヤコ」で「非常階段」という漫才をやっていたが、NSC第1期生で、同期のダウンタウン、ハイヒール、トミーズと比較して売れたコンビではなかった。
Img059 さて、1990年頃だったと思うが「寄席」であった梅田花月が閉館し、新たに「うめだ花月シアター」となって「新喜劇」ではない演劇をやることになった。その舞台での「ミヤコ」の芝居というのが凄かったのだ。主役というわけではなかったが、その表現の幅の広さに驚いた。ディスカウントストアの社長の娘と結婚したために、コンビ名が同業者の称号だったため引退したきびのだんごも出ていたとか、他の出演者は断片的にしか覚えていない。ミヤコのための芝居だったという印象しかない。
 入れて貰った当時の支配人さんに、ミヤコの芝居が凄かったというかなり長い目の感想を翌日にfaxで送った覚えがある。漫才での評価はともかく、女優としての将来が楽しみだと思った。その後も、第2弾の芝居を見に行ったが、その時は、彼女を使い切れていない芝居という印象だった。
 それだけに彼女が亡くなったというニュースを聞いた時は、すごく残念に思った。夏目雅子や堀江しのぶよりも惜しいと思った。
 そのミヤコさんはケヅメリクガメを飼っていた。最近、ガメラからみでケヅメリクガメの話題も目にするのだが、やはりミヤコさんのことを思い出してしまう。

|

« えんどうさん | Accueil | うさぎとかめ »

Commentaires

今回は、北緯40度本州最東端という、よく分からないけど
まあ言いたいことは分かる黒崎海岸に行って、
途中で道に迷ったので本州最東端はパスしちゃいました・・・。
(進めば進むほど道が細くなるんだもん、牧場で牛がケンカしてるし・・・)

でも、もう1組のご夫婦の方はしっかり灯台まで行ってきたということで
これはもう尊敬以外の何ものでもありません。

Rédigé par: しのぶ | le 08/05/2006 à 20:08

 まだ尊敬するのは早いです。下関市のゴミ処理場に入れて貰い、その端のフェンスまで行って、そこに行ったという証明書を門衛所で貰ってからにしましょう。
 もちろん、大間崎も潮岬も行ってです。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 08/05/2006 à 22:00

こんなところでうわさをされるとは(汗)。

家族に連れられ、険しい山道を歩くこと約0.5km、残り3.3kmの看板を見て、引き返そうよと提案したものの、「ばいばい」と手を振られたのですが、しかたなく腹をくくってついていくことにしました。それ以降はそんなに険しいこともなく、完歩することができました。

Rédigé par: PYON | le 11/05/2006 à 23:08

 最初の湾側から、外側にと山腹をまくところだけ急のようですね。ハーフマラソンとかより楽でしょう。
 潮岬と下関清掃工場も行きましょう。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 12/05/2006 à 13:49

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/9948364

Voici les sites qui parlent de ミヤコ:

« えんどうさん | Accueil | うさぎとかめ »