« 43日目 | Accueil | 44日目 »

06/07/2006

説教詐欺入門

みつお 「説教強盗」は1926年7月末の初犯から、60件の強盗、40件の窃盗を重ね、1929年2月23日に逮捕された左官職妻木松吉の異名だ。説教とは、家人を縛り上げ犯行の後、明け方まで居座り「泥棒除けには犬がいい」「戸締まりを厳重に」「門灯は明るく」などと説教したからである。これは夜間に歩くことで警官に誰何されるリスクを避けるにあたり、時間潰しに行ったようである。
 妻木の母親が野守と再婚していたことなどから、妻木サンカ説というのがあることや、1947年に釈放され、翌年6月の浅草ロック座でデビューし、各地で「防犯講座」の巡業を行ったことで、サンカや巡業芸に興味を持つ人の間でも「説教強盗」は知られている。

 しかしタイトルの「説教詐欺」というのは説教強盗とは無関係だ。詐欺行為を行った後に、詐欺予防の説教を行うということではない。詐欺とは、人を欺いて財物を交付させる行為だ。けれども詐欺罪に問われたのではつまらない。そこで、人を錯誤に陥れる方法として説教を用いることを考えてみようということだ。
 詐欺罪に問われるのは「わざと」と相手を錯誤に陥れた場合であり、相手が錯誤に気付いた場合だ。その点、架空の話を利用するよりも説教を利用した場合、詐欺罪に問われるリスクは少ない。「先祖を供養しないと地獄に堕ちるわよ」と言って高価な墓石を売っても詐欺罪にはあたらない。騙すためではなく、儒教道徳に基づいた説教を行っただけだし、財物を交付した方も通常の商取引きだと認識しているし、なぜ、その商取引を行ったかとは別問題と認識してる。だから正確に言えば「説教詐欺」ではなく「説教商法」だ。

 説教の内容は「ベタ」がいい。けれども、世界平和とか社会正義とかではなく、「感謝」や「寛容」「正直」とか、個人的なモラルがいい。場末のうどん屋のカレンダーとか、招き猫の横の色紙に書いてあるテーマがお奨めだ。ベタな道徳というのは、つまりは「だれでも100%はしていないが0%でもない」ということであり、それが狙い目になる。とりあえず「恋愛」をテーマにしてみよう。
 説教の手法は「矮小化による効果実証」「権威を利用した判断停止」「単純行為の反復」の3つだ。順に説明しよう。
 「矮小化による効果実証」というのは、例えば慢性的な重篤な疾病に悩む人に対し、時間の経過で治るような傷の治療効果を示して効果を実証することだ。その点で「100%はしていないが0%でもない」ことが効いてくる。親しい間の人間関係というのは100%肯定的も、100%否定的はありえない。だから、その否定的な部分を少しでも肯定的にをさせてみる。あの人はいい人だけど嫌な点もある、その嫌な部分を肯定して、相手に伝えさせる。その相手が喜ばないはずがないし、相手もその分好意的になる。人間関係が多少とも改善する。
 例えば「俺の彼女は浮気してる」という悩みに、その彼女をどう思うと聞いてみる。その彼女でなくてもいい、他の女性でもいいのだが。「彼女は美人だが貧乳だ」という人には「俺はスリムな人が大好きだ」と言わせる。その彼女は「私も好きよ。うっ、うっ、うっ、ふたたび嗚咽」だ。浮気の問題は全く解決していないのだが、相手は、好きだと言われたことで、愛情を確かめられたような錯覚に陥る。他の女性でもいいのというのは、それでも、説教によって自分は好かれるようになったという錯覚が得られるからだ。
 「権威を利用した判断停止」は、「科学的に証明された」とか「何とか大学の何とか博士の研究によると」という言い回しで、なぜかを説明しないですますという手法だ。「悩み」については「心理学」がおすすめだ。「心理学」とか「社会学」のような多分野からのアプローチが可能な科学は、全容がわかりにくいので利用しやすい。他にも「波動」だとか「マイナスイオン」とかで科学的に装うというのも効果的だ。
 「単純行為の反復」というのは、矮小化した効果をもたらしたことを単純な行為に収束し、反復させることだ。つまり、当初の「問題を解決する」という目的の「手段」にすぎなかったことを自己目的化させるのだ。浮気の例だと「大好きだと言う」ということを自己目的化させ反復させるのだ。そうすることで「彼女が浮気している」という状況に対し、「大好きだと言う」が足りないのが原因だといいう錯誤を与えることができる。
 もう一例として、子供のイジメに悩む主婦の例や、「感謝」を使った例をあげようと思ったが、割愛する。
 こうして、説教に成功したら、「実はこういうことがわかるのは、何々があるからで」と言い、商品を販売すればいい。商品の対価を得るのだから、正当な商取引だ。人を欺いて財物を交付させても詐欺罪にはならない。

|

« 43日目 | Accueil | 44日目 »

Commentaires

あやしいひとはあやしい  るりこ

それはともかく、みつをはOKで武者小路実篤がなぜ廃れたのかが謎です。細木数子が金儲けできる理由はやっぱりこのあたりにあるのですね。

Rédigé par: 瑠璃子 | le 07/07/2006 à 09:12

 やはり、実篤さんは子爵家で東京帝大、文学者としての評価も高いというのでエラそうに思えて、ダメ人間には馴染めないんでしょう。それと「新しき村」は農業中心なので「相田みつを美術館株式会社」の方が宣伝が巧いというのもありますね。
 細木はまだ説教商法やってるんでしょうか。罵倒芸という要素もありますね。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 08/07/2006 à 10:33

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/10811888

Voici les sites qui parlent de 説教詐欺入門:

« 43日目 | Accueil | 44日目 »