« 山崎街道 | Accueil | どんぐりのせいくらべ »

25/07/2006

キング・コング

キングコング ナオミ・ワッツといえば、普通はマルホランド・ドライブなんだろうけど、私の場合は、やっぱり、タンクガールのジェットなのだ。やわらか戦車よりカックイイ戦車も出てたけど。
 そのナオミ・ワッツが出てるというので、見たかったんだけど、行ったら上演時刻の都合や、たまたまタダ券があったりで、うぱーな駄作を見るはめになり、そのままにしてたのだが、やっとDVDで見た。
 このナオミ・ワッツって上手い女優さんだと思う。何気ない表情や仕草に表現力がある人だ。そういう人が、おバカな映画で存在感を示してくれると、楽しい作品になる。
 このキング・コングはエライとしか言いようがない。とにかく1933年の作品のリメイクらしいけれど、「表現」を現代の水準にしただけ。感動作にしようとか、現代性のあるテーマをなんて、余計なことは、一切していない。1933年のキング・コングというのは「ドラマ」というより「見せ物」だったと思う。その「見せ物」的なところに、すごく誠実なのだ。
キングコング だから3時間を長く感じない。何しろ、キング・コングのいる島に着いた頃には、既に1時間たっている。まだキング・コングは出てこない。でも、何か船のクルーに曰く因縁がありそうで、どうなるんだろうとワクワクさせる。結局、どうにもならないんだけど、雰囲気の盛り上げが巧い。
キングコング 島に着いてからは、CG効果というよりも、よくこういうシーンを作ろうと思ったもんだと思う。肉食恐竜に追われる草食大型恐竜なんてシーンならありそうだけど、それを廊下状の谷や、崖っぷちでやったり、あげくは将棋倒しなんて「見せ物」として凄い。宙ぶらりんでのキング・コングとティラノザウルスの戦うシーンとかも、作る技術よりも、作ろうとする発想が凄い。
キングコング おなじみの、キングコング対飛行機のシーンでも、トップハッターズのカーチスO2Cを見せるアングルがいい。
 1933年の、それも「見せ物」っぽい映画を忠実にリメイクしても、おバカな話にしかならない。それを、誠実に、丁寧に、、力を入れて作ってるわけだし、ナオミ・ワッツも極めてマジメに演じている。こういうプロフェッショナルの仕事が堪能できるのは嬉しい。

|

« 山崎街道 | Accueil | どんぐりのせいくらべ »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/11090722

Voici les sites qui parlent de キング・コング :

« 山崎街道 | Accueil | どんぐりのせいくらべ »