« août 2006 | Accueil | octobre 2006 »

30/09/2006

無駄な学問のススメ

 かなり以前であるが、無駄な勉強って楽しいということをヨソのコメント欄で書いたことがある。さて、無駄な勉強って、ホントに無駄なのかな。と思った。実は、ここにコメントしている人も、私がコメントしているとこも、無駄な勉強が好きそうな人が多い。で、それは無駄には思えていないのだ。
 知人に、家族の仕事の関係で、ご幼少のみぎりに一時アメリカで暮らしていたが、帰国することになり、空港に向かうタクシーの中で、搭乗する予定の航空会社が倒産するというラジオのニュースを聞いて、驚いて家族に話したという経験を話してくれた人がいる。たぶん、記憶違いで、そのニュースは「倒産」ではなく、その6年前の「日本路線からの撤退」だと思う。ただ、本人は、当時は英語のラジオニュースが理解できたのに、今はダメですとか言っていた。だから、当時の英語力が無駄になったのかというと、そうは思わない。たぶん、その方の異文化理解力は、当時の訓練があったからだと思う。その人はその人の意見があるわけだが、全く違う意見や発想、そのプロセスをトレースできる人だった。
 言語というのは思考と密接に関わると思う。世の中に通訳や翻訳はいくらでもいて、必要性から言えば、誰も複数の言語を実用に使うことはない。けれども、複数の言語の収得は、複数の思考の枠組み得ることにつながると思う。私は、複数の枠組みで思考の検証ができない人とは、あまり付きあいたくない。
 だから、小学校から英語を必修にしろなどということもない。けれども、小学校からの英語教育が無駄だとも主張する気はない。言語を実用的なツールとしか考えない議論に疑問があるだけだ。
 例えば、物心付いてから、同じ価値観の中で生活し、小中高大と同じような環境で過ごしてきたような人の中には、枠組みの違った思考プロセスに出合わず、自身の思考の検証が出来ないような人もいるかも知れない。そういう思考というのは、非常に薄っぺらいものにしかならないというのはありうることだ。言い換えれば、知的に「打たれ弱い」、なぜ打たれるのかも理解できない。だから、反論せずに、批判が悪い、訴えてやるーという発想や、周囲を護ってくれる人で固めるというような発想になる。と近頃よく思う。
 おそらく、今、話題になっている小学校からの英語教育という発想に限れば、そういう「枠組みの違った思考」の訓練という意味はないだろう。日本語では音素が500くらいしかないのに、外国語では万単位ということもあるので、将来の必要性はともかく、聞き分け能力だけは付けておこうとか、そういうことでもないと思う。それに「必修」にすることもないだろうし、英語である必要もない。けれども、全く意味がないという反論にはは同意できない。
 実用にならないから止めろ、という発想は、言語の役割を軽視しすぎているし、基礎研究の軽視と同じ発想だとも思う。
 それに、外国語を学ぶなら日本語をオロソカにしてもいいなどという主張は誰もしていないわけだし。
 別の枠組みで思考の検証ができないと、「幕末の頃の日本は美しかった」なんてことを言ったら「じゃあ、美しい国を壊したのは長州の田舎者なんですね」という当然の反応があると、たぶん予測できない。

| | Commentaires (6) | TrackBack (0)

29/09/2006

128日目

モリアオガエル 夜のカゲロウ、かなりデカイのを狙っている。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

28/09/2006

ヒットしてすまんのぉ

 ニッチblogである当方では、SEO対策などより、頻度の低い検索ワードやフレーズを大切にしようかと、突如、思い立った。そこで、頻度の低い下位のものをチェックしてみたのだが。

「蛙の飼いかた」「蛙の餌」「モリアオガエル 飼う」
 カエルを買おうとする人が時々、来るらしい。でも、具体的な情報はここには書いてないな。
「食用蛙 料理法」「アカガエル 料理」「ウシガエル 店 メニュー」「カエル 料理 千葉」
 カエルを食べたい人も来るらしい。でも、なぜ千葉なんだろう。
「今日は 平成」「2006年は 平成」
 今、平成何年か、検索で調べる人がいるようだ。新聞紙が1枚あればいいだろうに。
「宮藤官九郎×阿部サダヲ 腐女子」「愛之助 紫 パンツ」
 何を調べようとしていたのだろうか。ちょっと気になった。
「細木数子 次期総裁 式部」
 「式部」じゃなくて「武部」ですから。
「安普会」
 「安普会」じゃなくて「安晋会」ですから。安普請[Delete]で変換するんじゃないの。サイトのキーワード欄に「安部、阿倍、阿部」と並べている人もいることだし、「安晋会」のことを書く人は、「安普会」をキーワードに入れておいてあげましょう。
「しのぶ 植物 鉢植え」「カタログ おっぱい」
 なぜヒットしたか。そして期待通りでないことがわかりやすい例。そんなカタログあるのか調べてしまったが、うちはGoogleで21位。でも、わざわざ来なくても検索画面で、求めていた情報じゃないことがわかるでしょうに。
「あたしの彼は秩父原人」
 なぜに、ここがヒットしたかすら不明。
「charset=UTF-8」
 たぶん、これを書いてあるサイトは世界中に無数にあるはず。なぜ、うちに来る。何位になってるかチェックする気にもならんかった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (1)

おいしくてもソースにならない

 7歳で豆腐屋に奉公に出され、戦争に取られたものの生還、原料がなく勤務先の豆腐屋は廃業していたが「おまえがやるなら、店をやる」と言われ、以来、豆腐屋一筋。現在は楽隠居の身だが、毎日、店の豆腐の試食は欠かさない。
 そう言う人の話は面白いかも知れない。もちろん、豆腐についての記述は大いに参考になるだろう。80年以上の人生経験には役立つ話があるかも知れない。
 でも、「豆腐屋一筋75年の人も、『論理というのは、四角四面で水くさいと思われがちだが、どんな分野やテーマにも使える』と述べているように云々」というように、なぜロジックが重要かという説明の「根拠」に、豆腐屋さんの主張を使うのには無理がある。自分で説明した上で「豆腐屋一筋75年の人は、このことをこう表現している」という「例示」や「表現手法」としての使い方なら効果はある。同じように、宮大工さんの言説は音楽批評の「根拠」には使えないが、自分の批評の検証や例示には効果がある。
 というのは、最近、知人が新しいblogを立ち上げたので、それを読んでいたわけである。その方の書くことは、意見は違っていても、なぜ違うかというプロセスが見えるからいいのだ。ところが、そこへのトラックバックやそこでのリンク先を読んでいて、頭を抱えたくなったからだ。
 日本と中国との文化比較をするなら、文化人類学の分野の研究や社会調査は根拠になる。でも小説家の意見は「補強要素」にしかならない。小説家は、題材へのリサーチはするだろうが、妄想を具体化する仕事であって、読者に受け入れられることで評価される。正確さによって評価される研究者や調査とは根本的に違う。
 正確さが評価される研究者であっても、数学者は数学分野に対してのみであって、文化論には、当てはまらない。もちろん、畑違いだから見当外れということではない。広く他分野の意見を集約する上では、豆腐屋さんや宮大工さんの意見と同様に傾聴に値する。けれども「根拠」にはならないよ、ということだ。
 私だって、司馬遼太郎の歴史小説が好きだったし、史料研究の精度も高度なものだろうと思うし、文化論についても、かなりの影響を受けている。けれども、歴史の話をする際の「根拠」に氏の小説を引用するのは愚かなことだと思う。
 こういうプロセスの間違いを犯すことで、かえって説得力が失われるということに、なぜ気付かないのだろうか。「皇室の専門家もいないのに皇室のことを決める」ことを批判する同じ文で、数学者の文化論を「根拠」とするのは、面白いことは面白いけど、女系容認に(もちろん臣系も)批判的な立場からすれば、足を引っ張ってくれるなよ、と言いたくなる。
 と、どこの誰かもワカラン奴のblogに書いてあっても「根拠」にならんけど、それだけに、ネット上での言説は、その内容だけが評価の対象なのだ。そこに、だれぞがこう言ってるというということを引いてくると、余計に引き方の迂闊さが目立つわけである。

| | Commentaires (5) | TrackBack (0)

26/09/2006

ハラ

 とある場所で、職場に回って来たという「あなたのセクハラ度は?」という文書が紹介されていた。原文は20問らしいが、そのうち10問。
1,懇親会の席などで,女性に卑猥な冗談を言う。
2.懇親会等の席などで,女性にカラオケのデュエットを強要する,または促す。
3.懇親会の席などで,男性の隣に無理に女性を座らせる。
4.女性に個人的な性体験を聞く。
5.「女にしては出来る」という発言。
6.女性にお茶くみやお酌を強要する。
7.女性の胸などを触る。
8.「頑張ってるね」などといって,女性の肩に手をかけたりする。
9.女性のいる場所にヌードポスターなどを貼る。
10.女性が隣に座っている電車の中で,卑猥な雑誌や新聞を広げて読む。
 で、紹介した方は「ここまで書かれなきゃわからんのか」という項目として、特に4と7と9を挙げている。
 ところで、職場はともかくも、私がやるとしたら、その4と7と9の可能性が高いことに気付いた。2、5、6、8の可能性はないと思う。7の可能性があって8がないというのも不思議そうだが、優位さの表現としての接触はしないということ。
 とりえず、ネットを通じて知り合った女性、このblogにコメントしたことのある女性にも4と7ならしたことあるし、9については、このblogにヌード画像を貼っている。
 それで、2、5、6、8って、女性に限らず、誰にでも、普通はしちゃいけないんじゃないの。別にセクハラとか言わなくてもいい、単なるハラよ。

| | Commentaires (4) | TrackBack (1)

ゴジラの復習

 1954年の秋に誕生し、演出で作られた存在でありながらも、実際の中身は空っぽで、中の人が動かしているにすぎなくても、世界的に認められいる存在もある。それはゴジラで、作られた存在にすぎなくても、物語がよくできているからだ。
 以前に、ゴジラは実在しない、中に人が入っている。だから身長50mの人がいる。というような思考法をする人について書いた。そんなことを考える人は実際にはいないだろう。同じように、ゴジラはほんとうは身長50mじゃないのだ。ミニチュアと撮影しているのだ。ということで、ゴジラは本当は身長2mの生物なのだ。と考える人もいない。
 ゴジラはフィクションであって、フィクションとして意味も価値もあるのだ。そのフィクションの世界で身長50mのゴジラは存在する。現実の世界には身長50mのゴジラは存在しない。このどちらかであって、それは違う世界のことだから共存できるのだ。
 けれども、身長50mの人が中に入っているとか、身長2mのゴジラを特撮で50mに見せているというのは、50mのゴジラよりは、一見「現実的」であっても、こういう考え方は「ナンセンス・ギャグ」の一種としての意味しかないと思う。
 けれども、50mの人間や2mのゴジラが実在するというのと、同じようなプロセスで考える人がけっこういるように思う。
 私はクリスチャンではないが、物語としての創世記には意味があると思うし、科学としての進化論を信じている。まともなカトリックの人は、当然に物語としての創世記を尊重しているし、科学としての進化論を信じている。両者は次元の違うものだから両立するのだ。ところが「高度な知性」によって宇宙や生物が誕生したとかいう説になると、「創造科学」と称しているが、次元の違うハナシを無理矢理にくっつけたわけで、身長50mの人間や2mのゴジラが存在するというのと同じプロセスの発想だろう。
 さて、私はフェミニズムに関して全く無知なのだが、「女系天皇を容認するフェミニズム」などというものが存在するのだろうか。天皇には皇族を父とする者しかならなかった。というのは「平等」という概念の生じる以前からの歴史的事象だ。男女平等という近代の概念を持ち出すなら、そもそも血縁による地位という近代以前の制度が否定される必要がある。近代的概念を導入するなら「誰でもなれる」か「やめる」でなければおかしいのだ。つまり、天皇の後継問題はフェミニズムの埒外とするか、制度そのものを否定しなければ「身長50mの人」や「身長2mのゴジラ」と同じレベルなんじゃないだろうか。だから、女系天皇の容認というのは、フェミニズムの文脈とは全く違った発想だと思うし、むしろ背反する発想じゃないかと思う。
 男女平等だから云々と同じように奇妙に見えるのが、旧皇族の復帰とかいう説だ。天皇には皇族を父とする者しかなれないから、候補者を増やすために、皇籍を離脱した者を戻してしまうわけだ。それが出来るなら、女性皇族の配偶者の父を代々遡って皇族にしてしまえば、女系天皇は男系になる。過去の事象に則らないということでは「臣系」容認も女系容認と同じことだろう。昨年以来の女系か臣系かどちを容認するかという論議は、50mの人間か、2mのゴジラのどちらが科学的かという論議のように思えてならない。過去の事象に則るなら「どちらも容認しない」だし、現代の価値観によるなら「誰でもいい」か「やめる」だ。
 私としては、少なくとも、このblogで「どちらも容認しない」か「誰でもいい」か「やめる」かのいずれかを主張するつもりはない。つまり社会的な主張をする場とは考えていないということだ。しかし、身長50mの人間や2mのゴジラの類のハナシをネタに面白がるのは好きだし、書いてみたい。ナンセンス・ギャグを解説するのは野暮だし、文化の問題について見識があるわけではないけど、つい好きな分野のことは、ヒトコト書いてみたいのだ。

| | Commentaires (9) | TrackBack (2)

25/09/2006

124日目

モリアオガエル 2番目に大きくなった個体で、姿勢で小さく見えるが、約28mm。
 左が虫を狙っているところで、右が食いついた後に地上に降りた所。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

24/09/2006

今日のノラシカ

野良鹿 先日より少し上流に野良鹿がいた。先日は2頭だったが、4頭いる。
 さらに遠いところにいたので、コンパクトのデジカメでは、ストロボが届かない。
 明晩はアナログのカメラを持ち出してみるか。
 でも、この調子だと、次は8頭か。。。。踊りそうだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

122日

モリアオガエル左上:最も大きくなったのは30mm弱。
右上:この中型2匹は、この葉の上が好きなようで、たいていここにいる。
左下:25mmくらいだが、眼の前後の黒い線がまだ消えず、あまがえるっぽい顔。
右下:こういうのもいるんであります。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23/09/2006

その、まさかだったり

 この週末、どうするのか。掃除をしたいとか、ちょい出かけたいとか、そういうことを言ったら誰でも、そうするんだろうと納得するだろう。でも、来週にジャガイモが好きな知人が来るかも知れないので、イモを植える、とか言っても、その通りに受け取る人はいない。週末に植えて来週に間に合うはずはない。まあ、何か言えないけれど、したいことがあるんだろうとか、特に予定はないんだろうとか思うだけだ。
 普通は、ありえないことを言われても、そのまま受け取ったりはしない。その「意味」を考える。
 その「意味」がわからなかったのが、7月に北朝鮮のミサイルが発射された時に安倍晋三が言ったという「先制攻撃論」だ。飲み屋でそこらのオッサンが言うならともかく、政治家が言うのなら、技術的な可能性からも、制度的にもありえない話だ。喜ぶのは北朝鮮だけで、中国や韓国、アメリカにも顰蹙を買う発言だ。言ってみれば、やくみつるに挑発された亀田オヤジの「オモテに出ろ」みたいな発言で、現実性はないし、相手に載せられただけであって、あまりにもバカすぎるので、そのまま受け取るわけにはいかないだろう。だから、どういう意味なんだろうかと考えるのは当然だ。
 よく聞く説は「阿吽の呼吸」という話だ。安倍晋三の能力を評価する言説というのは聞かない。実績もない。唯一のセールスポイントは「北朝鮮強硬派」だ。一方、金王朝の正統性も抗日パルチザンに遡って準拠している。ともに「アンチ」が存在意義の第一だから、一種の運命共同体であり、北朝鮮の期待通りの反応をしたという話だ。統一協会や広域暴力団を通じた繋がりを言う人もいるが、さすがにこれは状況証拠しかないわけで、そのまま鵜呑みにするには危険すぎる。
 中国向けに言わされたということも考えられる。「北朝鮮をちゃんとコントロールしないと、こういうバカな話が出て来るので、何とかしてくれ」という例に使われたという説だ。トップでも雑魚でもいけないので、安倍や額田が言わされた。その後に外国からの反発が意外に少なく、中国が北朝鮮の金融資産を凍結したりという動きがあったので、なるほどとも思うが、じゃ、誰が言わしたのかとか、わからないことが多すぎる。
 本当に、亀田オヤジ程度の知的水準であったのなら、それならそれで、発言をチェックする役割の人も付いているだろうし、それとも、こういうバカな発言を「頼もしい」と思うような人だけの支持で充分ということなんだろうか。いまだに「意味」が理解できない発言だった。
 どうも安倍晋三という人は、こういう意味をはかりかねる発言が多いように思う。
 総裁選の際に、大学入学を9月にして「ボランティア」を義務づけるという発言もあったらしい。本当にするなら大問題だが、まともに取る人はいなかったようで、大手メディアでは、飲酒運転の方が大問題だと判断したようで、大きく話題にはしなかったようだ。では、この発言の「意味」は何なんだろう。
 安倍晋三の総裁選の運動は岩手県からスタートしたらしい。「神輿は軽くてパーがいい」と言った小沢一郎の地元だ。「どんぐりと山猫」を書いた宮沢賢治の地元でもある。そう考えると、こういう発言をするのも、キャラの「一貫性」があるようにも思えるが、普通は、積極的に売り込むようなキャラじゃないだろうに。
 おぼっちゃんで、高い評価を受けている学校を出ていない。留学した先で専門の単位を取得できていない。政策に通じていない。国政の現場経験がない。男女の社会的役割分担に拘る。こういう人の対極にいるのが、女性で東大卒でフランス国立行政学院に留学し、国の予算編成とかのキャリアを実力で獲得して来た人だろう。昨年の総選挙では、こういう人が、安倍晋三の弟分と言われた城内実の相手候補として起用されたわけだが、安倍晋三は笑顔で、その相手候補と握手する写真に収まっていたわけである。古い政治家からはバカにされかねないこういう柔軟さはけっこうなことかもしれないが、それだけに、安倍晋三をわかりにくくしている。
 このblogで、政治問題についてめったに書かないのは「意味」がわからないことが多いという理由もあるのだが、安倍晋三というのは、特に、何をしたいのか、本当にわかりにくい人だと思う。
 まさか、何も考えていないってこともないだろうし。

| | Commentaires (6) | TrackBack (0)

21/09/2006

120日目

モリアオガエル 鉢植えの上の方に大き目のが2匹。
 小さめの鉢植の上には最小の2cmちょいのやつ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ツボゾウではなくツポウ

 「ミコシは軽くてパーがいい」と言ったのは小沢一郎だったか。軽い方が確かに担ぎやすいのだろうが、10日ほど前に、最も重い君主として有名だったトンガ王国のツポウ4世が死去したらしい。ツポウ4世は、ツポウ3世の後を受けて即位し、日本でも有名だった。ツポウ4世の死去に伴い、ツポウトア皇太子が翌日に1「ジョージ・ツポウ5世」として即位したとのことである。
 日本のツボウリとかツボゾウとか呼ばれている3世のことに比べ、あまり話題になっていないけど。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ドロンジョさまの画像?

 グーグルで「モリアオガエル」をイメージ検索すると、このblogに載せ、後にまとめページを作った画像がトップに来る。2位もだ。ワンツー。
モリアオガエル
なぜかアマガエル▲
 他にもモリアオガエルの画像はあるのに、この重なったのがトップに来る。エロい人が多いのか。なぜか、トップの右端(ブラウザの巾で変わるけど)はモリアオガエルではなくアマガエルだけど。
 さて「ドロンジョさま」をイメージ検索すると、やはりこのblogの画像がトップに出てくる。やはり2位もでワンツーだ。
ドロンジョさま
なぜかモリアオガエル▲
 ところが、トップの右端になぜか、先ほどのモリアオガエルが。
 まあ「ドロンジョさま」というワードの載ったページから、この画像にリンクが張られることになるわけで、ありえることだけど。この位置は「オチ」のポジションなのか。

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

20/09/2006

野良鹿

 近所の川沿いの道路にある自販機に、夜にたまに行く。水中で幼虫を過ごしたり、川の中州の草むらに生息している虫が、夜間に自販機の明かりに寄ってきているので、かえるの餌に採取する。
野良鹿 さて、今晩、行ってみると川の中州に何かいる。
 よくみると鹿だ。野良鹿が川の中州に2頭いる。最初はシカトされていたがストロボを焚くとこちらを向いた。

野良鹿 20mくらい離れていたので、ストロボが届かず暗い。フォトショップで補正しても、非常に粗い。
 うちのあたり、野良鹿がいたようだ。野良オットセイはいないはず。
 なお、踊りません。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

18/09/2006

117日目

モリアオガエル 約30mm。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

無花果

いちぢく 近所に成っていた。無花果と言っても、この実の中に花があるわけで、小虫が出入りしている。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

缶コーヒーのおまけ_2

すばる 缶コーヒーのおまけに付いてた。1/100だそうだ。模型の世界では、英米風の12進法が主流なのでマイナーなスケール。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

16/09/2006

たらこ・めんたい

たらこ たらこはUFOキャッチャーの景品。めんたいは以前に福岡の人に貰った。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

115日目

モリアオガエル 3匹ほど、鉢植えの上の方に集まって寝ていた。多少、大きくなったような気がするが、昼間で寝ているところを計測するのもナンなんで、夜にでも計ることにする。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

14/09/2006

布袋葵

ホテイアオイ モリアオガエルのオタマが入っていた容器に、ホテイアオイを1株、入れていたのだが、今では4株くらいに増殖しており、今朝は花が咲いていた。
 なるほど、Water-Hyacinthといわれるような花だ。単なるHyacinthよりも水栽培に適している。水栽培しかできないんだけど。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

衝突事故に巻き込まれる

 今朝、書類が届くはずだった。その校正をして、週末には岸和田に行って、だんじりを見て、頼まれもんのwebサイトのftpについて説明するはずだった。
 ところが荷物が着かない。宅配便のトラックが中央道の衝突事故に巻き込まれた、というか直前の車が事故を起こしたらしい。事故の写真を見ると10数台目かに運送業者のトラックが写っている。これに乗ってるのかと思った。
 ということで、荷物の到着が遅れて、校正作業も週末になって、だんじりを見にいけなくなった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

久々のサイト作成

 久々にwebサイトを作成した。 頼まれものだけど、結局、34ファイル、400kbで収まる程度のものだ。一応「XHTML 1.0」「text/html; charset=utf-8」で作ったのだけど、閉じタグの必要のない<br>や<img>は「/>」で終わらなきゃいけないとか、知らんかった。
 ブラウザによって見え方が違うとかで、どう対処するかという問題はあるんだろうけど、結局、W3Cの規格で作ればいいや。ちゃんと表示できないなら、それはブラウザが悪いということに割り切ることにしている。スタイルシートを無効にしても、内容だけはわかるようにしているし。
 一方、webサイトを置いていたso-netのサービスが終了してしまうので、引っ越ししなくちゃいけない。そのついでに、中の地名とかが市町村合併で変わっているのを修正したり、スタイルシートを導入前に作っていたので、コンテンツとデザインを分離したりして、「HTML 4.01」「text/html; charset=EUC_JP」になっていたのを「XHTML 1.0」「text/html; charset=utf-8」に変更したりしてみた。コンテンツ自体を更新するのが先なんだろうけど、とりあえず準備だけということで。
ナビゲーションツールバー それで、今まで付けていなかったんだけど、linkタグによるナビゲーションも導入してみた。ココログにも付いているけれど、ブラウザのボタンで、次のページやインデックス、作者ページに飛ぶシカケだ。
 これって、けっこう便利だけど、採用している個人サイトは少ない。理由は、たぶん、Internet Explorerがこの機能に対応してないからだ。operaとかfirefoxは対応している。
 ということは、制作者のメアドを載せたページには、この機能を使えば行けるようにしておけばいいのでは、ということに気付いた。
 spamのメアド収集システムから逃れられるかはわからないが、Internet Explorerのキャッシュに読み込まれることはないのだから、以前に大量に送られてきたようなワームの予防にはなるわけである。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

07/09/2006

SEOはどうでもいいが

 「くだらないものでGoogle1位になったコンテスト」というのをやってる人がいる。
 それで。このblogが1位に来ている「検索ワード」を探そうとしたがけっこう大変だ。アクセス解析の「検索ワードやフレーズ」で見ても1位になってるとは限らない。
 その中で「アホ芸」というのが1位になっていた。ただし200件中の1位だ。母数が多いということでは「説教詐欺」が250,000件中でトップだ。でも2位以下が「説教」と「詐欺」に分かれているので、「and」検索だと母数が250,000件ということになるんだろう。
 カエル系では「たたずむヒキガエル」が59件中で1位。「野良がえる」が1,850件中で1位。ちなみに「モリアオガエル」はイメージ検索で1位になってる。
 さて「日本語のページを検索」のみならず「ウェブ全体から検索」で1位になっているのは「nogi street」で3,120件中で1位、「togo sokak」が35,100件中で1位。もちろん「nogi sokak」も1位だ。イスタンブールに「東郷通り」や「乃木通り」があるという話を信じて、行こうとして場所を調べようとする人は、まずこのblogに来ることになる。
 他に「くだんの新興宗教」が1,010件中で1位、「安普請会」が4,220件中で1位だ。耐震偽装事件の際にはけっこう「安普請会」で来る人もいた。
 さて、コンテストの「くだらないもの」で1位ということでは、「無修正のまんこの画像」が993件のエロサイトを抑えて、堂々の1位である。対象のエントリーはこれだ。なお「漫湖の画像」でも997件中の1位だ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

05/09/2006

アホなCA

 飛行機の客室乗務員は、人工呼吸器を付けた人が乗ると「呼吸器を止めてください」と言うそうだ。しつこく、そう言われて逆上したというblogエントリーを見かけた。「いくら電子機器とはいえ、呼吸器止めたら死んでしまうでしょうに。前代未聞の出来事でした。」と書いてられる。
 コメント欄では、たまたま、その客室乗務員がアホだったというようになっているが、ちょっと調べてみたら、6年ほど前に、呼吸補助器が電磁波を発生するということで、日本航空が筋ジス患者らの搭乗を拒否したことがあったそうで、新型なら「機内への持ち込みと巡航中の使用を認めるが、離発着時には使用をひかえてもらう」ということになったと書いているサイトがあった。
 先のblogの人工呼吸器は筋萎縮性側索硬化症ということらしいので、6年前の事件の補助呼吸器とは違うのかも知れないし、航空会社も不明だ。でも、blogの記事になっている方は死なずに帰って来られたようだから、人工呼吸器は止めなかったんだろう。
 さて、この1週間前の記事だけど、今後、どうなるんだろ。航空会社のエライ人に報告が行って、何らかの対応が取られるんだろうか。
 雑誌記者とかが、かのエントリーとか、その紹介エントリーを見て、航空会社に取材とかするんだろうか。新聞は航空会社の広告がけっこう出てるから、やるとすると週刊誌か。
 それとも、何事もなかったように、世間には知られずにすむんだろうか。その行方がちょっと気になった。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

3本

ペットボトルカバー セブンイレブンの懸賞のペットボトルカバーが3本になった。8月いっぱいなので、もう増えない。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

いなご

いなご 道路をイナゴが歩いていた。一匹だけでは料理も面倒。カエルに食わせるには大きすぎ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

02/09/2006

アオ、アマ、こだま

こだま ケロリストには知られていることだが、ともに樹上に棲む緑色の蛙であるアオガエルとアマガエルの見分け方。
 今の「こだま」っぽい鼻先がアオガエル、昔の「こだま」っぽい鼻先がアマガエル。
 でも、今と昔の「こだま」の形状の差の方が認知度が低いかも知れない。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

101日目

モリアオガエル 一夜明けて、こちらは小サイズ。約20mm。数字だと26mmと大差ないように思えるが、しずちゃんと矢口真里以上の差がある。
モリアオガエル いまだにおたまなのが3匹。小さく後脚が出ている。横にいるのはボウフラ退治役のメダカ。昨年産まれのメダカだが、先祖は15年以上前に捕獲したもの。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

100日目

モリアオガエル 6匹だけ残して、放流を行う。最大2、最小2、中間2というラインナップになった。
モリアオガエル 最大のは26mm。昨年より半月早い成長ペース。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« août 2006 | Accueil | octobre 2006 »