« 野良化 | Accueil | Under the Moon »

08/10/2006

飲み屋政談

 「本音を吐露すれば、だ」ということで、綾川亭で「北朝鮮なんぞ、暴発させてしまい、国連平和維持軍で、進攻。問題の多い北朝鮮現政府を停止させ、平和維持軍による管理統治。」ということが書いてあった。
 「本音」ということは、別に「タテマエ」があるわけである。まあ、相応の役職の人が「本音」と「タテマエ」を使い分けるのとは違い、一般の市井の人(だと、たぶん思う)の場合は、「感情論」と「理性による意見」の違いだろうか。
 ネットは「本音」のメディアという人もいるが、「感情論」と「理性による意見」の未分化な人は、他のメディアが使えないだけの話だろう。当然、分化できる人もネットを使うわけで、綾川亭では「理性による意見」とは区別し、こういう「暴論」を書いておられた。いわば「飲み屋」での話みたいなものなんだが、そうならと「飲み屋話」に付きあうようなノリで、「北朝鮮への武力行使が期待できるというと中国ですかね。」と書いたら、意外だったみたい。
 それで、飲み屋話的に「吐露」をサカナに、北朝鮮に武力行使する可能性が最も高いのは中国という理由。
 まず、韓国。戦後に北朝鮮の飢えた人民の面倒を見ないといけない。嫌とは言えない。だけど、いきなり統一で、満腹にさせんきゃいけない人口が1.5倍になるのはキツイ。しばらくは、死なない程度に飢える、くらいでカンベンしてもらい、こっちに居着くのは、自分で食えるようになってからがいい。なので、しばらくは中国に職業訓練でもして貰った方が、すぐに統一になりかねない多国籍軍による管理よりいい。
 で、アメリカは、武力行使するには「被害者」にならないといけないのだが、そこまでするメリットはない。どうせ韓国とくっつけないといけないのだし。武力行使のコストは上乗せして他に回すにしても、相手も日本しかない。他の国は他に役割があるし。それなら、自分で武力行使するより、武器売ったり、復興工事で儲ける方がいい。
 ロシアは、朝鮮戦争当時の鎖国が幸いし、関係各国の中で、これまで最も手を汚していない。だから、その立場で影響力を行使、つまり裁き役で立ち回るのが最も得。
 日本の場合、アメリカにツケを回されるより、中国の方が安上がり。それに、政治的な緊張感が残って、経済的な安定があるのがいいので、中国管理の元で、韓国の間としばらく統一論議をやってて貰ってた方が、親米の政権基盤も防衛予算も安定する。
 そして、中国にしたら、うちのシマウチのことは、俺がケリつけちゃるけん。美国は手ぇ出さんといてくれや、というメンツの問題と、抗美救朝戦争を行った政権正統性。将来の統一は仕方ないが、しばらくは、自分が食わさなくても、兄弟に食わせてもらえる子分がいるのは都合がいい。軍は仕事ができ、党は抗金救民キャンペーン。
 何より、大規模化・泥沼化を避けるなら、北朝鮮軍対外国軍という形ではなく、現政権への反対派を支援するという「カタチ」が必要で「友好国」の中国が最も軍を派遣しやすい。
 これで、中国は「汗をかいたのは俺だ」という貸しを作れるし、アメリカやロシアは「国連軍の看板を使わせてやった」という貸しも作れる。日本と韓国も「タテマエ」では支持しないといけないしね。
 まあ、物騒な話だし、あえて無視した要素もあるけど「飲み屋」での話ってこって。

|

« 野良化 | Accueil | Under the Moon »

Commentaires

勉強になりました。ここまで語っていただけて、ようやく意図するところが飲み込めました。

Rédigé par: andy22@綾川亭 | le 08/10/2006 à 04:13

 いや、相当にネタ的な所もあるんで、勉強になると困るのですが。ともかく、武力行使というのは、行使した後のイメージがないとしないのは確かでしょうね。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 08/10/2006 à 09:14

 日本酒1合くいっと飲んだ後くらいの気分で書くと,私もアメリカはないと思います。まず中東と違って魅力的な資源がないからメリットはない。中国が面倒だけど,その中国にうまく押し付けちゃえば余計なカネ出さなくていい。一石二鳥。
 韓国は統一したいという希望はあっても現実的にお金はないし,政情も安定しているとは言いがたい。ロシアは……今は中東方面に力入れたいんじゃないの? 日本は拉致問題があるから,逆に手荒すぎることはしたくないわな。てことで,中国様しかないでしょう。一番近くて一番見栄張りたい国だし。ただ,あそこも国民に回ってるカネは……おっとっと。
 と,絶対に自ブログでは書かないことを書いてみました。ノンポリだから。

Rédigé par: コバヤシ | le 08/10/2006 à 12:16

 ポリティカルというより、ありそうなフィクション作りですが、まあ、ここに陰謀説とか入れると、一部マニアや慶応の女子大生には受けるんでしょうが、バカっぽくなるんでやめときます。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 08/10/2006 à 22:34

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/12193877

Voici les sites qui parlent de 飲み屋政談:

« 野良化 | Accueil | Under the Moon »