« 寺のハシゴ | Accueil | アホな機能じゃないかも »

18/12/2006

blog村

 先日のエントリーでココログ3周年とか書いたのだが、それに関連して、どうもココログの人は愛ココ心に欠けるのではないか。このblogにしても、ココログのロゴやお知らせが載らないのを喜んでいるし、それをウラヤマシイという人もいる。ココログの恩恵を受けているなら、お知らせを載せるのは自然な感情ではないか。
 さらには、ココログのグッズのデザインや、長時間メンテの失敗についてアレコレ言ったり、メンテの前にはバックアップを取ろうとか、反ニフ言動は数多く見られる。そんなにココログが嫌いなら、他のシステムに乗り換えろと言う愛ココ者もいない。
 というバカ話はともかく、ツールに過ぎないblogシステムに愛着はともかくも、帰属意識まで持ったりする人は、少なからずいる。
 以前に、知人が「アルファ・クリッパーって気持ち悪い」と書いた時、その話題について、それ以上は言及しなかった理由が「ニフ者対はてなユーザー」という構図に変換されてしまいかねないという理由からだった。
 システム毎のユーザー気質というのは、ネタ的には面白い。よそのコメント欄で、ココログやアメブロはネタblog、楽天やヤフーはベタblog、はてなはメタblogが多いなんてことを書いたが、血液型占い並みにイイカゲンな根拠だ。楽天blogのごく一部に「無断リンク」だの「読逃げ」などという不思議な言語があり、ヤフーblogに転載ボタンというアホな機能があって、それが原因で揉めてるblogというのを見ただけの印象だ。けれども「下流社会」並みに、サンプルとしてはイイカゲンでも、結果が妙に実感できる。
 これというのも、各システムがユーザーの囲い込みに作った機能のせいかと思う。帰属意識を持たせるためにユーザーをムラ化するわけだ。
 so-netの「nice」ボタンとか、アメブロにもログインユーザーだけの「読者になる」とか「ベタを残す」とかがある。でも、あまりトラブルの要因とはなっていないようだ。so-netには、spam niceというのがあるらしいけど。
 楽天の「読み逃げ」という不思議な言語も、ログインユーザーに関してのみアクセス履歴が残るところから発生したらしい。
 さて、blogの記事に関して、他の記事から触発されたりすることは多い。だからこそトラクバック機能が使われるわけだが。そういう記事を書く際に、単にリンクするだけではなく、元の記事をコピーすることはよくある。ただ、コピーというのは「範囲指定・コピー・ペースト」だけですむわけではない。それが1クリックで出来るというのは、イージーにエントリーを書くのは便利なんだろうし、それが出来るblog間の交流やエントリー拡大には有効だし、ヤフーblogもそれを狙ったのかと思う。
 ヤフーblogは、画像は他から参照できないようにと、ある意味閉鎖的な部分もある。でもユーザー間では記事を簡単に転載できるわけで、かなりムラ化を指向するシステムのようだ。
 はてなだって、ブックマークをツールとして使っているうちはともかく、ユーザーとしての帰属意識が出てくると、ユーザー間でのムラ化はおこるようだ。
 さて、ムラが出来ると、ムラだけの風習が生まれたりするだけではなく、名主というより、お山の大将が生まれやすい。普遍的なオピニオン・リーダーという人ではなく、そういう人の多くは「常識的」というか「みつを的」だ。なぜかはわからないが、たぶん、ムラ化を指向するユーザーというのは、そういうのが好きなんだろう。

 ・・・・個人宛メッセージみたいなエントリーだわ。

|

« 寺のハシゴ | Accueil | アホな機能じゃないかも »

Commentaires

ども。
面白い考察ですね。SNSにも「村」を感じませんか。籍はあるんですが、そこから一歩踏み出せないで早一年(笑)

Rédigé par: フロム*ヤマガタ | le 18/12/2006 à 22:24

 SNSとか、かつてのフォーラムってのは、むしろ「村」を作ろうとしたものですよね。blogシステム各社の特殊な機能というのは、本来は「村」じゃないところをムラ化している感じがして。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 18/12/2006 à 22:32

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/13114164

Voici les sites qui parlent de blog村:

« 寺のハシゴ | Accueil | アホな機能じゃないかも »