« ダイナソー・ファイター | Accueil | ドリーマーズ »

22/02/2007

妖怪大戦争

妖怪大戦争 林家三平の父親の方の林家正蔵は生で見たことがない。けれども「妖怪百物語」という映画で怪談噺を演じているのをDVDで見て、こういう人だったのかと思った。レッツゴー正児の兄のルーキー新一が出ていた。藤巻潤が主人公だったが、月代がどうだったか覚えていない。
 この「妖怪百物語」の続編が「妖怪大戦争」で、こちらも中身はどうってことはないのだが、若井はんじ・けんじが門番役で出ていたのを覚えている。バビロンから飛んで来た妖怪に憑かれたというか乗っとられた代官役が神田隆だった。
 なので、このリメイク版の「妖怪大戦争」の主役を「神田隆之介」と思いこんでいたが、チェックしてみたら神木だった。劇場ではなく、DVDが出てすぐ見たのだが、もひとつ「中途半端」な感じがして、何も書かないでいた。
 「中途半端」というのは、惜しいなぁ、という感覚だ。「渾身の脱力作」になりきれていない惜しさなのだ。確かに「大戦争」と言いつつ、ぬるーい感覚というか、脱力作を作ろうという意欲はひしひしと伝わる。その「ひしひし」が伝わることが、もひとつ脱力感に欠ける理由だろうか。スネコスリというのも半端な存在。

|

« ダイナソー・ファイター | Accueil | ドリーマーズ »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/14009786

Voici les sites qui parlent de 妖怪大戦争:

« ダイナソー・ファイター | Accueil | ドリーマーズ »