« スキーの思い出 | Accueil | 非効率工作 »

07/02/2007

出入り

 漫湖は国場川の出口にある。たぶん、国場川の入口にあるとは考えない。水の流れから、そう思うのだろう。それはともかく。
 googleで、"子宮の出口"を検索すると約10,300件がヒットする。"子宮の入口"だと約10,200件である。子宮頸部から対外にいたる器官は、僅差で「出口」が多いようだが、「入口」と表現する人と拮抗しているようである。
 さて、先日のエントリーのコメントのフォローというか、柳沢に関しては、もう書く気も失せたのだが、むしろ、その反応について思ったことがある。
 どこでも見られたのが「産む機械」に対比させる概念として、「種蒔き機械」をあげている例である。女性に対して男性を想定するからだろう。こうすると、産むということに対しての生理的な機能の対比になる。「機能」の話になってしまうから、機械に例えて何が問題かということになってしまう。
 ところが、見られないのが、「出口」を使うことに対して「入口」を使うことを対比した例である。「入口」と考える記述が「出口」と考える記述に拮抗しているにもかかわらずである。こちらは機能の話だけではない。その機能を使うか使わないかという「意思」の対比の問題になる。もちろん、その「意思」のもたらす結果については大きな差があるとしても、問題は、機能ではなく、意思にあるということでは、対比させて考えてもよかろうに。
 ついでながら、「異性間の友情は考えられない」とか言っている非モテ連中を何とかしてほしいと思う。けれども、装置の数が決まっているからといって、一人頭で頑張ってほしいとは思わない。もちろん、頑張ることが悪いとも思わない。それこそ、社会がと個人がの違いはあっても、機能を使いたいと思うような状況を作れないことが問題だからだ。

|

« スキーの思い出 | Accueil | 非効率工作 »

Commentaires

私も政治家の発言そのものはどうでも良いんですが、
男性も「粗大ゴミ」とか「働くアリンコ」とか「チン○でものを考える」とか
いろいろ比喩はあるけど、言った側も言われた側も
「失言の責任とって仕事やめろ」って話にまでは発展しないですよね。
それが女性に対する発言だとこうなっちゃう、ってのも
どうなのかとも思っちゃったりなんかします。

野党のみなさんは文句言うのが仕事だから、勝手に言ってろ、って感じですが
女性がわーわー騒ぐと、今度は「やっぱ女性はすぐ感情的に・・・」と
男性は思ったりしちゃわないかなと。
ま、実際、感情的なんですけどね。

Rédigé par: しのぶ | le 07/02/2007 à 11:47

 何かねぇ「産む機能を備えているのが女性」ということから、女性に対してどーのこーのという話に集約しちゃうのは、部分でしかないことを、全体の話にしてるみたいに感じちゃうんですよね。
 景気対策のためには個人消費を拡大する必要があるわけです。でも、あんまりモノを買う人が少ない、買う人が限られているから、買える人たちに頑張ってもらうしかない。ということになると、買いたくても買えない人は、こいつはアホかと思う。そんな話だと思うんだけどね。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 07/02/2007 à 19:44

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/13818560

Voici les sites qui parlent de 出入り:

« スキーの思い出 | Accueil | 非効率工作 »