« 今週の祭り | Accueil | シール貼り中断 »

18/04/2007

エイリアンvsヴァネッサ・パラディ

エイリアンvsヴァネッサ・パラディ 「vsモノ」である。「エイリアン」はともかくも、「ヴァネッサ・パラディ」というのは、出演している歌手の名前だ。映画の中では「コンチャ」という役名もついてるのに、不思議な日本語タイトルを付けたものだ。原題は「Atomik Circus」なのだが、いわば「フラガール」に「閉山vsしずちゃん」というタイトルを付けるようなもん、でもないか。
 こういうタイトルを付けられたというのも、このヴァネッサ・パラディに興味がある人くらいしか観ないだろうと思われたのか。というのも、やっぱりバカ映画の部類に入ると思う。でも、面白いと思うのだが。
 とにかく、イイカゲンというかテキトーな展開なのだ。全体からストーリーが構成されているという感じではないし、エイリアンが出てくること自体が唐突。そのノーテンキさがかえって面白い。そもそも、ヨーロッパの映画で何でメキシコが舞台なんだろう。田舎の田舎という意味なんだろうけど、ヨーロッパ人が見たアメリカのバカっぽさみたいな感じも面白い。
 それに、このテキトーさや、ヘンとしか言いようがない部分、そして、ちっとも「落ち」になってないラスト、それは、狙ってやってると思うし、狙いどおりに、心地いい脱力映画になっている。

|

« 今週の祭り | Accueil | シール貼り中断 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/14758915

Voici les sites qui parlent de エイリアンvsヴァネッサ・パラディ:

« 今週の祭り | Accueil | シール貼り中断 »