« 存在の耐えられない軽さ | Accueil | 今日のつばめ »

12/05/2007

青い門/파란 대문

悪い女  韓国映画はほとんど見ないのだが、キム・ギドク(김기덕)監督は2作ほど見て気に入った。それで、そういや、これは見ていないというので見たのだが「普通にいい」という感じだった。
 「普通にいい」場合、ほとんど感想を書かない。つまり、当たり前に、ちゃんと作ってあり、それを当たり前に受け止めたわけであるから、書くことがないのだ。
 今までに見た「悪い男/나쁜 남자」や「島/섬」だと、「淡い色を重ねていって独自の絵を描く」作業を見ているような感覚、どんな絵が出来るんだろうかという期待感を持ちながら見られた。それだけにラストで「さらに輪郭線を入れる」ようなくどさがあって、もっと自由に解釈できる余地を残してくれればいいのに、と思った。
 その前に作っているこの映画だと、部分として「淡い色を重ねていく」感はあるのだけど、全体としては、アタリマエっぽい物語。もちろんアタリマエというのは、リアリティということではなく「物語」としては「あるある」感覚だ。もっとも、この映画より後に作られた「下妻物語」や「かえるのうた」と、同じく相容れなかった女2人に友情が成立していく物語を先に見ているので、アタリマエ感が強いのかも知れない。
 作りも「真っ当」で、金魚で気分を象徴するというベタが効果的。舞台となった民宿の名前が「鳥籠」だそうで、これは後で知った。日本語字幕が出なかったのだ。かえって、それが、ワンポイントで金魚を使っているのを引き立てた感じがする。
 主人公の女2人以外は、かなり「装置的」な単純なキャラクターを基本にしつつ、もう一面というのを、どこかで見せる。それが、この作品での「淡い色を重ねていく」感の大きな要因になってる。
 民宿の娘の撮り方なのか演技なのか、前半とラストで全く、見た目の印象までが変わってしまうあたりが、「一見、シアワセ」という閉塞感を表現していていい。
 なお「悪い女」という日本語タイトルのオマケは、内容には全く無関係。

|

« 存在の耐えられない軽さ | Accueil | 今日のつばめ »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/15038743

Voici les sites qui parlent de 青い門/파란 대문:

« 存在の耐えられない軽さ | Accueil | 今日のつばめ »