« 昔のトレーラー | Accueil | サナギ ツヨシ »

19/05/2007

1ビット圧縮

 瑠璃子さんが悲痛な叫びをあげていた。彼女は人に右よりと呼ばれるらしい。それで、同じく右よりと呼ばれる伊勢崎のドンキホーテや八木秀次と同程度である、と思わないでくれとのことである。
 なお、そのエントリーでは、自身を「他人に右と称される」と書いている。あいにくと、社会に対する多様な認識、意見を、右・左と、1ビットに圧縮できるような強力なソフトを私は持ち合わせていないし、彼女もそのようで、あくまで「他称」の右である。
 それで、私自身の立場を1ビットに圧縮するとどうだろうかと考えてみた。以前に「ポリティカル・コンパス」なるものをやってみたが、これは未完成だそうだ。元はアメリカのサイトにあったそうだ。
 右というのは「伝統的価値観を重視する」らしい。伝統的価値観は地域によって異なる。アメリカの最も伝統的な価値観は先住民のアニミズムとシャーマニズムらしい。しかし、現在のアメリカの体制の基礎を作ったのはヨーロッパからの清教徒である。つまり、アメリカの伝統的価値観はピューリタリズムに根ざしているらしい。ということは日本における伝統的価値観とは異なるわけで、全く判定基準にならないわけである。そんなことも理解できずに、このポリティカル・コンパスの結果「日本では右と呼ばれるが世界的に観れば左」なぞというのは「日本ではバカと呼ばれるが、世界的に観てもやっぱりバカ」ということだ。
 なぜ、伝統的価値観を重視するかと言えば、時代を超えて伝承された価値観に普遍的な英知を認めるからだそうだ。神社や仏教、カトリックの価値観は古代から現代まで伝承され、共存している。日本においても、それぞれ千年以上と500年の歴史がある。私の場合、これらの宗教を信ずるものではないが、その価値観に敬意を払う。その一方で、国家神道だの靖国だの明治にでっちあげられて60年前に破綻したような価値観は、一時の徒花としか認めないわけであるから、どうも、伝統的価値観の重視には該当しそうである。
 ポルポトや紅衛兵のように、民衆こそが正しいというのではなく、専門的権威の重視というのも右だそうだ。テクノクラートやアカデミズムを肯定するわけである。私の場合、例えば、南京大虐殺に対して詳しいわけではないから、歴史学で学位を取得した専門の歴史研究家の説を正しいと判断する。ということは、この項目にも該当しそうだ。
 もちろん、価値観の分野において、伝統的な考え方を重視するわけであって、発見された事実、論理、正しい手続きによる科学などは、価値観によって変わる問題ではないから、それは現代の普遍的な考え方を肯定するわけである。
 例えば、進化論については「科学」であり「価値観」の問題ではない。だからカトリックでも肯定し、共有でしているわけである。私も肯定しているわけである。むしろ、否定しているのは、壷売りさんのような新興宗教、つまり、伝統的価値観から逸脱している側だったりする。
 日本の伝統的価値観は重視し、日本固有の文化は尊重するのだが、「日本文化が最も偉い」なんぞとは思わない。そういうのは「中華思想」のマネの「小中華思想」であって、日本固有の価値観ではないからだ。ということは、どうも国粋主義っぽいところもありそうだ。
 それに「日本は神の国」と思っている。北海道の先住民から、沖縄まで、日本に共通する文化的伝統はアニミズムである。一木一草に神が宿るという考え方だ。もちろん、今日においては、この「神」というのは、象徴的な存在と読み替えることが必要であるが。「それじゃ、世界中どこもが神の国」というツッコミはあると思うが、日本だけが神の国とは思っていない。
 ということで、どうも私は「右より」で「保守派」であるらしい。
 先日は「清順派ブロガー」を目指すと宣言したが、やっぱり恥ずかしいので、むしろ「保守派ブロガー」とか「右派ブロガー」と呼んでもらおうかと思う。

|

« 昔のトレーラー | Accueil | サナギ ツヨシ »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/15129662

Voici les sites qui parlent de 1ビット圧縮:

« 昔のトレーラー | Accueil | サナギ ツヨシ »