« 公職選挙法への素朴な疑問 | Accueil | 今日の変態(7月17日) »

16/07/2007

地域的希少種発見

左前 トノサマガエルは関西ではありふれたカエルだが、関東では見られない。
 浴衣の季節、関東でよく見るのに、関西ではめったに見ないのが「バカボン丈」と「左前」だ。それでも「バカボン丈」は以前にたまに見た。一方「左前」をあまり見ないのは、関西に高濃度で棲息している「世話焼きのおばちゃん」がチェックしてるんだろう。
 その希少種を発見。

|

« 公職選挙法への素朴な疑問 | Accueil | 今日の変態(7月17日) »

Commentaires

地域差と言えば、帯の巻き方も江戸と上方では逆ですよね。どうしてこんなことまで違うのでしょうか。

Rédigé par: 非国民 | le 17/07/2007 à 20:34

 エスカレーターで停まった際に、歩いている人に引っかかって解けないよう、結び目を手摺側にする。。。。。わけじゃないとは思うのですが。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 17/07/2007 à 21:08

南郷さんでも知らないことってあるんですね。ちょっと意外でした。

Rédigé par: 非国民 | le 17/07/2007 à 22:38

 うなぎの割き方とかなら調べたんですが、これは面倒だったので。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 17/07/2007 à 23:56

帯の巻き方が逆というのはおたいこにしない方を右にするか、左にするか、の違いですか? それは上方と江戸の違いなのかな?うちの姐さんの所は一年365日着物の母上と、姐さんとでは逆に巻いてるみたいで、単にやりやすい方と思ってました。
 ちなみに、姐さんこの時期になると近所のバス停でお祭りにいく女の子達の帯や着付けを片っ端から直しているらしいです(笑)さすがに左前は2.3組らしいですが、着崩れたり帯がほどけたりしているのを建物の陰につれこんで整えて、みんなに感謝されているとか(^^)でも、「その後一緒にお茶飲んだり、お友達になる確率すくなくて~~」とか嘆いてました(爆)

 

Rédigé par: 龍 | le 19/07/2007 à 23:59

 逆って「お許し下さいお代官様」の時の回転方向が逆ってこってす。上方式だと、その回転のイキオイであわせも肌けるので、せっかちな人向きなのかな。姉さんとこじゃ、やりやすい方でいいんじゃないですか。文楽を観に行く時と、江戸歌舞伎を観に行く時で変えたりしてもいいし。
 「さすがに左前は2.3組」でも、充分、多いと思う。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 20/07/2007 à 00:33

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/15782281

Voici les sites qui parlent de 地域的希少種発見:

« 公職選挙法への素朴な疑問 | Accueil | 今日の変態(7月17日) »