« 北朝から南朝へ | Accueil | 放流 »

07/07/2007

今日のかえる

蛙飛行事 吉野に行ったのは、昨年も見た「かえる飛び行事」のため。今年も太鼓台に載ったかえるが愛想をふりまく。
蛙飛行事 太鼓台をサポートしているお姉さんたち。
 胸のかえるさんと腹は見せてもヘソが見えないのがケロカワだそうだ。
蛙飛行事 お寺の塀の上から、かえるの太鼓台をケータイで撮そうとしている坊さん。
蛙飛行事 仁王門の前の石段を駆け上がる。昨年は下から見たけど、今年は上から。
仁王さん ちなみに、仁王門の中の人。吽形と阿形。
蛙飛行事 蔵王堂の前での「かえるとび」。
蛙飛行事
蛙飛行事
蛙飛行事
蛙飛行事 かえる色の草餅。1個だと120円。もちろん、この大きさじゃなくて、ちぎってアンコが入る。カエル形にすりゃいいのに。

|

« 北朝から南朝へ | Accueil | 放流 »

Commentaires

おみこしにカエルの頭だけが乗ってるのかと思ったら… 去年の記事を拝見したら、ちゃんと全身が乗ってるんですね。こんな急な階段を登っちゃうなんて、乗ってる人(乗ってるカエル?)も担ぎ手もすごいなぁ。

法被を着たお姉さん、かっこいいですね♪ このカエルは「ひろし~!」 …なんてことは言わないですよね(それは平面ガエル) (^^;

Rédigé par: sumi | le 08/07/2007 à 10:03

すごいお祭りですね~カエル好きの皆さんのためのお祭りでしょうか。
南郷さんには毎年必須の行事なのかな?たまらん、たまらん?(笑)
草餅、一瞬この大きさで120円かと誤解していましました~。
…んなわけないですよね(笑)。草餅頂きました?おいしかったですか~?

Rédigé par: coply | le 08/07/2007 à 16:44

 今年は土曜日なので、担ぎ手も去年より多かったようです。元々、修験道という神道と仏教が集合したお祭なんですが、このケロカワのお姉さんは十字架までぶら下げています。
 昨年は、蛙跳びを室内でやってたのですが、今年は外でした。

 草餅は、甘さ控えめで美味かったですよ。ところでcoplyさん、巨大蟷螂は苦手でしょうか。ツクリモノですが、もうすぐ組み立てが始まります。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 09/07/2007 à 12:05

カエルの中の人はかなりの重労働だと思われますが、やはり、名誉職なんでしょうか?
私だったら、かなり高額のバイト代をいただいてもお断りしたいな、と。

Rédigé par: gegenga | le 09/07/2007 à 13:16

 太鼓台の際の中の人は、青年団のメンバーで、軽い人がいいようです。重労働ですが、担ぐのとどちらがかは不明です。
 蔵王堂の前の中の人は、それなりに所作に熟練が要りそうだし。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 09/07/2007 à 13:55

ついついウィキペディアを見てしまったじゃありませんか。読み方も分からなかったのに。

蟷螂なら大丈夫か、、、と思ったのですが、画像を見てやっぱり気持ちのいいものじゃないですなー。
昔、シャッターを閉めようとしたら蟷螂が窓の外壁にいて、フリーズした経験があります。シャッターをせずに逃げました(汗)その後、見に行ったらいなかったので安心した経験があります。
蟷螂といえば、前住んでたとこの共同階段なんかにもいたなぁ。
でも、蟷螂はこちらに向かって飛んでくるとか、カサカサ家の中キモイ体して高速で動くとか、へんな害はないでしょ。そこはキャツとは大いに違うというか、外の虫一般にそうですけどね。

あ、外の虫でも、昨年木陰を通ったら毛虫が落ちてきたとか実害ありますけどね(冷静に対処できた自分が、今思えば我ながらすごいと思うw)。
あ、でも去年の夏、某線に乗ってたら毛虫がいきなり私のバッグに登ってきて(?)びっくらこいて息かけてふーふーやってたら(すごい頭がきかない私…)それを見かねてか、おじさんがヒーローのようにやってきて毛虫を追っ払ってくれたり、なんてこともありましたけどね。ほんとにあの迅速な対応はヒーローなおじさんでしたw

基本的に外で危険が及ばない虫は共存できますが、逃げられない空間で迫ってくる虫は大嫌いですね。

で、作り物ってなんですか(笑)作り物なら安全、安心です。 しかし可笑しな趣味ですね。。。南郷さん虫好きなの?

Rédigé par: coply | le 09/07/2007 à 17:23

 蟷螂じゃなくて、蟷螂山で検索してみてください。なぜか、蟷螂山はしのぶさんのお気に入りみたいです。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 09/07/2007 à 17:42

こんにちわ
このお祭りなら見に行きたいと思います。ちなみに蟷螂山(とうろうやま)って今、京都で活躍されているんですよね。でも「とうろう」では字が出てこない。「かまきり」でないと。

Rédigé par: どら猫 | le 14/07/2007 à 09:13

 「とうろう」でもatokなら出ます。「ことえり」は普段は切ってるんでわからんけど。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 14/07/2007 à 12:53

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/15685054

Voici les sites qui parlent de 今日のかえる:

« 北朝から南朝へ | Accueil | 放流 »