« 小さい秋 | Accueil | がばいだみつを »

14/09/2007

勝利の好きな人

 将棋の必勝法を紹介しよう。その説明の前に、まずクリック、は不要だ。まず、一手目に、王将の前に飛車を動かす。相手は角道をあけたりと歩兵を動かすだろうが、それはどうでもよい。そして、2手目に、飛車で相手の王将を取るのである。飛車という限り、歩兵を飛び越えることが出来るのが当然である。そんなのルール違反だと言われても、アインシュタインの相対性理論では、何事も相対的なものであり、自分の知っているルールだけを絶対的だと考えること自体のがおかしいのだ。アインシュタインが間違っていると言うのか。
・・・・なんて、主張する馬鹿はいないだろうが、だいぶ以前に「議論に負けたことのない人」からトラックバックをいただいたが、その方の論調を誇張するとこんなのだった。
 さすがに、このようなことを本気で書いているはずもなく、ネット上のトンデモさんを揶揄する芸だろう、いわば「bogusnews」ならぬ「bogus opinions」だろうと思われ、「先生」と呼ばれたりしていた。しかし、残念なことに、ネット上から姿を消されたことになっているようだ。
 さて、この「先生」の場合は「芸」だとしても、その「芸」で揶揄されているような人、竹内久美子や井沢元彦のネタを鵜呑みにする人、さらには自分流にアレンジまで加える人、理論や法則を自分流に改変するは、方向違いの分野に当てはめるは、こういう類の人は世の中に少なくなく、ネット上でも散見できる。
 さて、こういう人は、「先生」が揶揄していたように、なぜかネット上で相応の存在である、ということにこだわりがあるようで、そのあまりに「アクセス乞食」と化したり、「議論」の内容よりも「勝ち負け」が大切だったりする。
 さて、BBSやblogの炎上に関して、コメント欄に押し寄せる匿名さんが問題になったりする。確かに「厄介」ではあるが、まともな意見にだけ対応する、という方法がある。労力はかかるが。
 無意味な罵倒、本文が読めていない故のピント外れの意見、単なるウケ狙いのツッコミなどは無視したって、芸のないコメントは削除したって、それ以上に荒れることはない。
 匿名であるということは、「ネット人格」を背負っていないわけであり、議論の内容によって「リアルな人格」が人知れず得るものがあったとしても、失うものはなく、「ネット人格」が得るものも失うものもないわけである。だから、押し寄せるのも早いが引き下がるのも早い。それなりの労力や時間は必要であっても、匿名によって荒れた場合は沈静化が可能だろう。
 ところがである、相手が「ネット人格」を背負っている場合、それも「先生」が揶揄していたような、まともな議論の土俵に載っていない人の場合は、第三者的にどう見えようが、ご本人が得るものがあったと思いこむ、簡単に言えば「勝った」と思うまでは、粘着してしまいがちだ。
 そもそも、ある炎上がきっかけで、やりとりを始めた人がいるのだが、最近も「プチ炎上」されたようである。法曹界では相手にされなくて、放送界でご活躍の御仁について批判するエントリーだ。そのきっかけになった刑事事件や裁判当事者に対しては論評を避けている。その避けている論評を創作した読み手のコメントによってプチ炎上したわけであるが、少なくとも匿名さんについて言えば、それがわかれば引き下がっても失うものもないわけで、すぐに鎮静化したわけである。
 ところが、「ネット人格」を背負っている人は、簡単に引き下がれないわけである。SNSのように、そのシステム上の「人格」を背負っている場合もである。何らかの「勝利」がないと納まらないようだ。
 この状況について「匿名が故に多少とも「ウケ」を狙おうとする「オープンなblog」のイナゴよりも、「SNS」の方が、かえって「ガチ」が多いみたいですね。」という感想を漏らしたら、この「ガチ」という表現が気に入ったようで、自分なりの「ガチ」の人の分析まで始められたようだ。
 私の場合には、むしろ匿名性の問題で興味をひいた感想だったわけである。
 古い話であり、攻守は逆であるが花岡信昭blogの炎上も、花岡信昭が自身の「日本語表記についての主張が誤り」であり「調べもせずに書いた」ことを認めれば、それですむことだったろう。ところが彼自身は実名でそれを認めることが出来ずにイザに逃亡した。
 自身の個人的な理由と社会的な状況をゴッチャにして「弱者男性」と一般化して論じる方も、メジャーな雑誌に取り上げられたこともあるという実名を背負ってなければ、あちこちで粘着することもなかっただろうにと思う。
 匿名だと「ガチ」になりにくい。ネット人格を背負うことで、さらには実名を背負うことで、第三者的にはどうでもいいような場合でも、そもそも議論の土俵に載っていなかったり、単なる勘違いだったりするのに、「ガチ」になってしまう人がいる。時として、自分は実名で書いているから、責任ある意見だなんて主張さえ繰り広げる。
 他人の意見をトレースできないままコメントする人は、匿名さんは量的に厄介なだけだが、ネット人格を背負っている人は質的に厄介なことがある。

|

« 小さい秋 | Accueil | がばいだみつを »

Commentaires

そして,その件のとある先生は,今,別名で国旗に卍をつけたりしているらしい……。

Rédigé par: 某清純派親分 | le 14/09/2007 à 12:25

 「センセイ」なら「本店」から「夜店」と言うところですかね。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 14/09/2007 à 14:25

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/16442060

Voici les sites qui parlent de 勝利の好きな人:

« 小さい秋 | Accueil | がばいだみつを »