« 脇役扱いしてたので | Accueil | 今日の野良鳥(11月21日) »

21/11/2007

アヒルで思い出した

 ひつこいようだが、アヒルに関して。
 豚(Sus scrofa domesticus)はイノシシ(Sus scrofa)を家畜化したもので、「猪」の字が中国じゃ豚を意味するといっても、豚肉を「猪」と表記しては売らない。
 なので、アヒル(Anas plathyrhynchos domestica)がマガモ(Anas plathyrhynchos)を家畜化したもので、「鴨」の字が中国じゃアヒルを意味するといっても、アヒル肉を「鴨」と表記して売っているのには、どうもゴマカシみたいで抵抗がある。
 それで思い出したのだが、アヒルに関するゴマカシで有名なものに「アヒル文字」というのがある。
 江戸時代の国学者が、漢字到来前に日本に文字があったと主張するために「神代文字」というものを各種作ったのだが、もちろん、現在では、まともな歴史や言語の研究者には否定されている。その中でもハングルのパクリそのままで有名になったのが「アヒル文字」で、対馬の占部阿比留家に伝えられたということになっているので「阿比留文字」や「アヒル文字」と言うようだ。阿比留氏は昔から「新しい歴史をつくる」のに貢献していたらしい。

|

« 脇役扱いしてたので | Accueil | 今日の野良鳥(11月21日) »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/17141804

Voici les sites qui parlent de アヒルで思い出した:

« 脇役扱いしてたので | Accueil | 今日の野良鳥(11月21日) »