« 今日の野良鳥(11月12日) | Accueil | 今日の野良鳥(11月13日) »

13/11/2007

両毛のおしゃれ

 昨年の顔見世に「雁のたより」という芝居が出た。それに「下剃の安」という役がある。よく演じられる芝居では「梅雨小袖昔八丈」つまり「髪結新三」に「下剃勝奴」という役がある。この「下剃」というのは、髪結の弟子で、親方が仕上げる前の「下準備」を担当するようだ。
 ところが、現代劇となると「寝取られ宗介」という芝居があり、その劇中劇に「下剃り宗介」という演目がある。この「下剃り」は、遊女の陰毛を剃る職業ということになっている。映画にもなったマンガに「下苅り半次郎」というのもあって、これも陰毛を刈る仕事だった。
 実際に遊女の陰毛を手入れする職業があったのか、不勉強にして定かではないが、少なくとも自分で行うなどによって、手入れをしていたようであり、「うっちゃって置けば地者のようになり」という川柳があるそうだ。放置しておけば、シロートさんのようになるという意味で、どうやら、当時のクロートさんは陰毛の手入れをして、シロートさんはしなかったらしい。
 突然、こんなことを書き出したのは、サイドバーに表示しているRSSフィードメーターのせいだ。これを付けていると「あわせて読みたい」という機能が付いてきて、このblogを見ている人が他にどんなblogを見ているか表示される。そのblogのひとつが、現代失われてしまった江戸の技術として陰毛の手入れをあげ、さらに陰毛の手入れについて、いくつかのエントリーをあげていたからだ。
 さて、欧米では、と書くと、「欧米では」って言うな!と言われそうだが、ネットで容易に見ることの可能な、北米や西欧の女性ヌードの写真を見ると、概ね、陰毛は不自然に思えるほど巾狭い範囲にしか生えていない。(fig1)つまり、先に言及したblogでも書いているように「陰毛を短く小さく剃り整えるのが常識である。」ということなのであろう。全く無毛状態の人もいるようだ。
 一方、日本の場合、無毛状態のヌード画像はめったに見られない。おそらく、日本では具を写してはいけないので、マスメディアに出る場合は毛で隠す必要があるんだろう。それでも、巾を狭く整えている人がほとんどだ。
 つまり、陰毛の手入れは「短く巾狭く」というのが基本になっているようである(fig2)。おそらく鋭角の下着を着用してもはみ出さないというのが基本なんだろう。モデルになる人は、陰毛を見せるのはいいが、着衣からはみ出た陰毛は見せたくないということなんだろう。
 ところで、そんなに数多くのサンプルに当たったわけではないのだが、これまでに見たほとんどの「手入れしていない陰毛」では、狭い範囲に密集しているケース以外では、斜辺が窪んだ逆三角形が基本となっている場合が少なくない。というか、ほとんどであった。その上変がやや窪んでいる例(fig3)や、膨らんで菱形に近付いていく例(fig4)があり、おそらく、両翼と上方のバランスによるのだろう。また、上辺が明確でなく、グラディエーションの範囲が広い例(fig5)が、なぜかふくよかな方に多いと感じている。なので、元々、そうという人には申し訳ないが、ヌード写真によくある巾の狭いモヒカン風陰毛には、個人的に違和感を感じてしまう。
 かつての、シロートは手入れをしない、するのはクロートという風潮がもはや忘れ去られた今日では、手入れは一般的になったようであり、さらに手入れにとどまらず、陰毛のおしゃれが普及しつつあるらしい。群馬は上毛というのに、栃木が下毛と言えないのは不公平だし、陰毛も髪の毛と同様におしゃれの対象とするのはいいことだと思う。
 先のblogでも紹介されていたが、女性の手入れ用の型紙まで売られているようで、鋭角三角形、縦長のハート型というか里芋の葉型、味付け海苔型の3種があるようだ。もちろん、おしゃれは個人の美意識でやるものではある。けれども、皆が皆、それがおしゃれだと左右の張り出しを剃ってしまうのはどうかと思う。つまり、規範に合わせることだけがおしゃれでないはずであり、美意識の多様性や伝統的形態の尊重という面からも、左右両翼の張り出しを美しく残した手入れというのもあってほしいと思う。
 髪でいえばスキンヘッドに相当する選択肢もあるようで、実見していないが知人に実践しているという人も数人いる。一人は聞いていないが、他の人は男性の要望によるそうだ。温泉とかの大浴場ではどうするのか聞いてみたことがあるが、気にしないそうだ。この例だけで、男性の方が規範意識が強いとはいえないだろうけど。
 それで、個人的な好みから言えば、両翼と上方に存在感のある十字というか熨斗型(fig6)で、上部の毛は短くしない方が好きだ。下毛出身の某のように、自分の希望にそってくれる女性がいないからと社会に文句は言わないけど。
ヘアスタイル

|

« 今日の野良鳥(11月12日) | Accueil | 今日の野良鳥(11月13日) »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/17064097

Voici les sites qui parlent de 両毛のおしゃれ:

« 今日の野良鳥(11月12日) | Accueil | 今日の野良鳥(11月13日) »