« 今日の野良鳥(12月11日) | Accueil | 568日目 »

11/12/2007

ミソとクソを一緒にしないように

 横山ノック氏は、政界転身前の職では、大阪ザイ界(マンザイ界)の「第一人者」であり「実績」もあり、同業者に慕われ、目標とされていた。
 横山ノック氏の政界転身は、前職の絶頂期であって、トラブルが出ていたわけではない。立候補に反対した人は、「政治家になる」のに反対したわけではなく、「漫画トリオ」をやめるのに反対した。
 横山ノック氏は、一期目は大きな失敗もなく、合格点を付けてもいいと思う。
 横山ノック氏の辞職理由はセクハラ問題の裁判の敗訴であるが、支持を失ったことには、欺瞞的な自己正当化を行ったことが大きい。このような行動がそれまでと一貫したものではないために「らしくない」と思われたわけである。

|

« 今日の野良鳥(12月11日) | Accueil | 568日目 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/17342528

Voici les sites qui parlent de ミソとクソを一緒にしないように:

« 今日の野良鳥(12月11日) | Accueil | 568日目 »