« décembre 2007 | Accueil | février 2008 »

31/01/2008

今日の野良鳥(1月31日)

カワセミ カワセミ、Alcedo atthis。コードネーム「デルタ」、ひさしぶりかも。
シジュウカラ シジュウカラ、Parus major。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

冬の岩倉

土蔵の窓
シジュウカラ 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

30/01/2008

今日の野良鳥(1月30日)

 今日は、近所の公園でもやたらにツグミを見る。昨日、一昨日によく見たのは天候か時期的なものだったのか。
ツグミ
ツグミ
ツグミ ツグミ、Turdus naumann。
アトリ 上のツグミの横にいるのはアトリ、Fringilla montifringilla。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

29/01/2008

えちぜん鉄道

えちぜん鉄道 この車輌は元阪神。自由契約か金銭トレードかは不明だが、移籍してきた。
えちぜん鉄道 ワンマン運転なのに乗務員が。
 車掌ではなく扉の開閉とかはしない。なので列車運行は運転手だけでするが、券売や案内とかをする「添乗員」らしい。ほとんどの乗客の孫くらいのお姉さん。
 制服と黒のストッキングは揃いだが、スカーフは何色かあるみたい。このお姉さんはブーツだが、パンプスの人もいたし、ヒールも違ったので、靴は自由らしい。
えちぜん鉄道 そのお姉さんの制服を着たキティのストラップ。お姉さんが可愛いかったから衝動買いしたわけではないが、使うわけでもないし、どうしよう。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(1月29日)

 今日は、移動途中の道路や駅から撮っているので、位置も限られ、遠い。それに小雨気味で色もよく出てない。
ツグミ 県鳥というだけあってよく見かけるツグミ、Turdus naumann。
カワガラス 川面でさえ遠いのだが、カワガラス、Cinclus pallasiiが通って、上流に留まった。
ルリビタキ 道路の川側にあったコンクリートの古い欄干にルリビタキ、Tarsiger cyanurus。群を作らないので目立たないが、近所にもいるし、この時期にはどこでも見られる鳥のようだ。
カワアイサ
カワアイサ カワアイサ、Mergus merganser。頭が黒緑のが雄、茶色のが雌。
カシラダカ 道路の山側が崖になっていて、上の方にカシラダカ、Emberiza rusticaが数羽。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

あられがこ

あられがこ 「あられがこ」って何。
 帰って調べたらカマキリのことらしい。昆虫のカマキリではなく、アユカケとも呼ばれるカジカの類。蛙のカジカではい。Cottus kazika。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

ニンキー

ニンキー 「人気一の里」ではない。ニンキーって、知らんがな。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

恐竜グッズ

イグアノドン
フクイリュウ 駅前イグアノドン。非売品。
 雪の中に立っているのは、恐竜が恒温動物だったという最近になっての説を反映している、わけではないと思う。


 ポストの上のフクイリュウ。非売品。


ふるさと切手 ふるさと切手は売っている。
マンホール マンホールの蓋。非売品。
マンホール あちこちで見るがオリジナルキャラらしい。非売品。
玉子せんべい これは売ってる。バックに描いてある巨大な玉子は、恐竜博物館だと思う。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

28/01/2008

野良鳥の先祖

ティラノザウルス チキンにタンパク質組成がそっくりという「もも肉」と「ガラ」。
剣竜 ステゴザウルスの類のガラ。
地元産 近所で出てきたのの複製だそうだ。
恐竜博物館
恐竜博物館

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(1月28日)

ツグミ ツグミ、Turdus naumann。ここの県鳥らしい。
ハクセキレイ ハクセキレイ、Turdus naumann。
ジョウビタキ ジョウビタキ、hoenicurus phoenicurus 。
シジュウカラ・カワラヒワ 根元にシジュウカラ、Parus major。梢にカワラヒワ、Carduelis sinica。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

丼と菓子

プテラノ丼饅頭と煎餅 他にも「丼」はいっぱいいるけど。

 定番の「まんじゅう」と「せんべい」

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

越前竹人形

越前竹人形 「人」形じゃないけど。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

27/01/2008

今日の野良鳥(1月27日)

トラツグミ 今日もトラツグミ、Zoothera daumaに遭遇。昨日の樹とは30mくらいの所。
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinicaが水たまりで行水。
シロハラ 小雪の散らつく中のシロハラ、Turdus pallidus。
ウグイス ウグイス、Cettia diphone。
ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ、Emberiza elegans。3羽ほど見たが、皆、雌だった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

比叡山

比叡山 時々、雪が散らついていたが、夕方には僅かに残るのみ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

26/01/2008

なは・あかつき

なはあかつき なは・あかつき。3月に廃止されるそうだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(1月26日)

ルリビタキ いつものルリビタキ、Tarsiger cyanurus。今日は変わったポーズをとっていた。
ビンズイ ビンズイ、Anthus hodgson。タヒバリとは微妙に違う。
ヒガラ ヒガラ、Parus ater。
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica。
アトリ アトリ、Fringilla montifringilla。
トラツグミ トラツグミ、Zoothera dauma。
シロハラ シロハラ、Turdus pallidus。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

25/01/2008

今日の野良鳥(1月25日)

タヒバリ おなじみのビンズイと思ったが、どうもタヒバリ、Anthus rubescensらしい。
マナヅル
マナヅル
マナヅル マナヅル、Grus vipio。
ナベヅル
ナベヅル
ナベヅル ナベヅル、Grus monacha。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

つばめ

つばめ 恐竜の子孫じゃなくて、ちんちん電車の子孫。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

梅が咲けば

梅 梅が咲いていると。
メジロ
メジロ 初めて来た場所でもメジロが見つかる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

24/01/2008

きびなご

きびなご 今日の肴。きびなご、Spratelloides gracilis。酢味噌で。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

梅がうめー 今年初

紅梅
白梅 鹿児島は梅が咲いている。

| | Commentaires (0) | TrackBack (1)

高知上空

高知上空 四国は曇り。
 さすがの高知県警白バイ隊も、飛行機にまでは自爆攻撃をしないだろうし、その点は安心なのだが、機体が小さいので、やたらにガタガタ揺れる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

JA 8999

737-400 今日の便はボーイング737-400、JA 8999とジェット旅客機導入以来のJA 8000番台の最終番号。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

泣きたいのはわかるが

 よそ様のblogで拾ったネタだが、昨年末に東京都教育委員に就任した瀬古利彦氏が、「個人としては、日の丸を見たら涙がいつも出てくる。日の丸を見て国歌を聞いて泣かない人は私には考えられない」「オリンピックに連れて行き、日の丸が揚がる姿を見てもらいたい。そうしたら変わります」と語ったそうだ。
 リンク先では「日の丸で泣く」に突っ込んでいるようだが、私は、瀬古利彦氏が日の丸で泣くのは自然だと思う。瀬古氏はこの体験を表彰台でする3度のチャンスがあったけれど、結局、観客席でしか体験できなかったことを考えれば。
 表彰台で体験できる第一人者とみられていたモスクワは不参加、ロスでは調整失敗、不透明な代表選出が批判されながら出場したソウルでもは9位。だから、瀬古氏がオリンピックで日の丸が揚がる姿を見て、悔しさや挫折感から泣くのはもっともだと思う。
 でも、そういう背景がある人って、そういないと思う。むしろ、突っ込むなら、自分の感情が特殊な体験から来ているのに、他人も共有できると思ってるところだろう。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

23/01/2008

今日の野良鳥(1月23日)

イカル
イカル イカル、Eophona personata。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22/01/2008

今日の野良鳥(1月22日)

アオバト
アオバト アオバト、Treron sieboldii。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

21/01/2008

今日の野良鳥(1月21日)

カワセミ 今日の蒼い鳥はカワセミ、Alcedo atthis。
ビンズイ ビンズイ、Anthus hodgsoni。
ムクドリ 久留米でも会津でも撮ったけど、地元のムクドリ、Sturnus cineraceus。
シメ このところ、よく見るシメ、Coccothraustes coccothraustes。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

評論されてみた

 このblogは6点だそうだ。
http://onosendai.jp/hyoron/log/120091159617317.html


pokoponにっき 評論
脱構築的に考えると、支出命令書はグレーゾーン業者と8年間勤め、それとハンドルによって成り立っている。
総合得点 6点

パリのモンマルトル郊外に、有名なジョウビタキの店がある。それはジョウビタキなのだと言える。リバプールで見たときのミヤマホオジロは、もっと違った印象だった。ジョウビタキが欲しいなどというのは、要するに、田舎っぺなのだ。極言すれば、人生とはルリビタキとルリビタキさえあればいい。嗜みとして、最低限の29%〜40%は必要である。どういうことなのか。私にも良く解らない。けれどもウグイスには解っている。18世紀の後半に登場したライセンス切は、その後登場したライセンス切に思想を受け継がれている。どうだろう。彦根仏壇は必要ないだろうか。偉大なる女王陛下のジョウビタキは、スコットランドの誇りである。少年よ、揺...を見よ。少女よ、橋下徹氏を愛せ。だが、それでも敢えて言わせて貰えば、ウグイスの醸す雰囲気は、極上のグレーゾーン金利も及ばない。ルリビタキに漂う気品は、まるで洗練された淑女のようだ。ルリビタキなど、いずれウォルマートの店頭にならぶだろう二級品である。むしろ「ウグイス」大会などと称して、それをたたえるのはどうだろうか。まこと残念なことは、レディに29%〜40%を与える幸福は、ほんの一握りの幸運な男性にしか与えられないということだ。これを口惜しいと感じても、どうにもならない。そういうものなのだ。たとえゼリー屋だろうと。

どうすれば「ゼリー屋」事件の二の舞と成らずに済むのか。考える必要がある。
これは副長兼科学主任 界におけるスイス製アーミーナイフといったところだ。万能だが、どの用途にも中途半端である。シェイクスピアはリア王の中で「グレーゾーン業者がなければ生きていけない」と語った。

本論としては、結局のところ著作権法が彦根仏壇を駆逐する、ということだ。時に、ジョウビタキはどうだろう。少女にフォアグラはまだ早過ぎるように、ルリビタキに著作権法はまだ早過ぎるように思う。

著作権法をよく知る紳士は、きまって彦根仏壇を話題に持ち出す。実に陳腐だ。
実は、大多数の英国人はウグイスを愛用している。こっそりと。
フィッシュ&チップスなんて無粋だ。むしろ橋下徹氏とジョウビタキの組み合わせを試したい。それが粋というもの。

| | Commentaires (0) | TrackBack (1)

20/01/2008

今日の野良鳥(1月20日)

ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreusの雌。これは、昨日の撮影。
ジョウビタキ うちのあたりを縄張りにしているジョウビタキの雄。なので庭に来たりで、よく見るけど、あまり撮れる時間帯にはいない。
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala。いつも見るのであまり載せないが、今日は昼から雨で、撮ったのが少ないので。
ルリビタキ なわばりを作るので、いる所に行けばいつも見るルリビタキ、Tarsiger cyanurus。いつも見るけど、つい撮る。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

仏壇屋

ひこにゃん 近所の「ひこにゃん」。仏壇屋の店頭に置いてある。というのも彦根は仏壇の産地なので、彦根仏壇の店に置いてある。
 店主が言うには、今は「ひこにゃん」のライセンス切り替え期で、例えばこの「ひこにゃん」には尻尾があるが、作者が後姿を描いていなかったので適当に付けたらしいが、そのあたりの設定も正確になるらしい。
 それで、新ライセンスの「ひこにゃん」を売るつもりらしい。仏壇屋で。

| | Commentaires (0) | TrackBack (1)

19/01/2008

お詫び

 私はこれまで、橋下徹氏に対して、法曹界ではなく放送界の人だとか、氏の弁護士としての活動を極めて低いものかのような表現をしてきました。
 しかしながら、報道等によりますと、橋下徹氏は、グレーゾーン金利(29%〜40%)で取り立てている商工ローンの顧問弁護士を8年間勤め、「8年間負け知らず」だったとのことであり、この報道が事実であれば、昨今は違法金利だとして無効とされることが多い中、商工ローンの暴利の擁護に相当の実績を残されていると考えざるをえません。
 従って、ここに、橋下氏とともに、橋下氏に利益を守られたグレーゾーン業者、橋下氏を支援するゼリー屋さん等に、氏の弁護士としての実績を不当に低く表現してきたことを、謹んでお詫びいたします。

| | Commentaires (13) | TrackBack (4)

今日の野良鳥(1月19日)

メジロ メジロ、Zosterops japonicus。山茶花と梅の開花の谷間という感じで、あまり目立たないけれど、揺れる葉っぱの陰によくいる。
ウグイス ウグイス、Cettia diphone。こちらはいつも、揺れる葉っぱの陰。
エナガ
エナガ エナガ、Aegithalos caudatus。樹上が餌不足なのか、このところ地上でよく見る。
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus。元々、拾い食い。
イカル イカル、Eophona personata。
ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ、Emberiza elegans。近所では、雌は時々見るのだが、雄には遭遇していない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

18/01/2008

西工のバス

西工バス どこにでも走っているようなバスだけど、西鉄バスを作っている西鉄の関連会社製。東日本では、あまり見ないので、つい撮ってしまった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

値上げ実施?

値上げ実施 とある地方都市の地下鉄の券売機。一瞬「あれ、いつ上がったんだ」と思ったが、去年のこと。1年以上貼るなら年も書いときゃいいのに。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

17/01/2008

今日の野良鳥(1月17日)

ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus。雌に近い色だが、あちこちに青味が出てきた若い雄。
シロハラ シロハラ、Turdus pallidus。珍しく、樹木はあるが、開けたところにいた。
ビンズイ ビンズイ、Anthus hodgsoni。
シメ シメ、Coccothraustes coccothraustes。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

16/01/2008

引用とか命令とか

 「引用」という言葉がある。著作権法上での「引用」と、一般的な用法での「引用」は微妙に違う。
 著作権法の第32条には「公表された著作物は、引用して利用することができる。」とある。その後に「この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」とあり、判例等で「公正な慣行」や「正当な範囲内」がある程度、定義されている。
 一方、一般的な用法では、著作権法上の「引用」に合致しない場合であっても、他の著作物を、自分の文に利用する場合も「引用」と言うし、それ故に「無断引用」という言葉もある。一方、著作権法上の「引用」だと無断でしても何ら問題ないし、むしろ、著作物を公表するという行為は、それを無断で「引用」されることを許容していると見なすべきものなのだ。
 だから、私は、知らない相手から「引用していいですか」と聞かれたなら、無断で出来るはずの著作権法上の「引用」に、許諾を求められた時点で、著作権法上の「引用」ではない「引用」だと判断してお断りする。私はリンクは勝手にしてくれと思っているが、リンク許可のお願いは、基本的に拒絶しているのも同じ理由だ。
 もちろん、相手が自由に出来る「引用」にあたって礼を尽くしている場合などもあるわけである。
 まあ、こちらがハンドルを勝手に読んでるような相手なら、どんな「引用」でもいいとかしずくのですが。(この文は私信への返答です)
 お話し変わって「命令」という言葉がある。この命令も一般的な用法とは違った使い方をされる場合もある。税金等の過払いで「支出命令書」を書いた経験をお持ちの人は。この「命令」という用語に違和感を感じたこともあると思う。
 沖縄の集団自決に関する知人の文に、決して誤った認識を持っているわけではない人が、集団自決を軍の「命令」とすることに反論してきた。「命令」というのを、軍の用語として厳密に使おうとしているからである。決して、世間一般でいう意味での「命令」についてまで否定しているわけではない。1年9ヶ月前どころか、60年以上の昔のことに今さら言及するなという趣旨でもない。単に、今現在に問題となっているのは、戦史研究の場ではなく、子ども達に説明するという場での用語だということがわかってないだけの話だ。
 それに、どう説得したものか、と聞かれたので。「説得するより、説得された方がオモシロイ」ので、「今後、一般の読者を想定した文には、日本軍の『命令』と書きますが、彼に対する文には日本軍の『強要』と書きます」ということにすれば、と提案したら、却下されたけど「エー加減な」と褒めてもらった。
 言葉の定義というのは、必ずしも共有されているわけではない。私なんぞは、けっこうエー加減に言葉を使っているので、どういう意味で使ってるか、わかってくれないと困るのだが。

| | Commentaires (8) | TrackBack (2)

15/01/2008

ヒロキ

飛露喜 広木酒造の「飛露喜」。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の磐梯山

磐梯山 上の方は曇っているが、アルツあたりは晴れているようだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

AMEX

AMEX Aizu Mount EX.

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

14/01/2008

今日の野良鳥(1月14日)

ハクセキレイ 駐車場のハクセキレイ、Motacilla alba lugens。河原に多い鳥だけど、雪の積もる地域では、除雪のしてある空き地ということから駐車場でよく見かけるのかもしれない。
セグロセキレイ セグロセキレイ、Motacilla grandisは雪の積もった田圃にいた。
モズ モズ、Lanius bucephalus。
ムクドリ ムクドリ、Sturnus cineraceus。
シメ シメ、Coccothraustes coccothraustes。

| | Commentaires (0) | TrackBack (1)

紅組

赤ふん 突如、思い出したが「木村明」ってどうしたんだろう。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

今日の看板

看板看板 「本場優秀かめ」ってどんなのか気になった。

 「塩」と富士重工は、どういう関係なのか。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

別れの一本杉

別れの一本杉別れの一本杉 「別れの一本杉」だそうだ。手前の木は別にして、杉が2本に見えるのは、反射式望遠レンズ特有の「2線ボケ」なんだろうか。

 「石の地蔵さん」もある。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

最高気温氷点下

生足 気温氷点下の生足。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日のケロン星人

ケロン星人 巨大な伍長。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

13/01/2008

餃子猫鍋

餃子猫鍋 餃子鍋の蓋を開けてみたらカマボコの猫が入っていた。でも、この猫、裏とちゃう?

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

断熱窓

窓のぷちぷち 宿の窓の障子を開けたら、ガラス一面に梱包用のぷちぷちが貼ってあった。確かに空気層は断熱効果が高いが。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

猪苗代湖

ミネロ 猪苗代湖。去年に撮った場所より、だいぶ下。
遊覧船 猪苗代湖のかめ。
コハクチョウ 昨日、撮った猪苗代湖のコハクチョウ、Cygnus columbianus。近すぎてコンデジで撮った。
吹雪 吹雪に耐えるキリスト看板。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

12/01/2008

今日の野良鳥(1月12日)

オオハクチョウ オオハクチョウ、Cygnus cygnus。
オオハクチョウ オオハクチョウの幼鳥
コハクチョウ
コハクチョウ コハクチョウ、Cygnus columbianus。
キンクロハジロ キンクロハジロ、Aythya fuligula。
スズガモ キンクロハジロと似ているが、たぶんスズガモ、Aythya marila。
ホシハジロ ホシハジロ、Aythya ferina。
ホオジロガモ ホオジロガモ、Bucephala clangula。後ろにいるのはオナガガモ。
猪苗代湖長浜 集合写真。最も多数派なのはオナガガモ、Anas acuta。

| | Commentaires (2) | TrackBack (1)

10/01/2008

今日の野良鳥(1月10日)

カワセミ カワセミ、Alcedo atthis。
ルリビタキ
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus。
イカル イカル、Eophona personata。
キクイタダキ 虫をくわえているキクイタダキ、Regulus regulus。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

入浴姿の撮り初め

 今日は川というか水路の浅くなっている所で入浴の皆さん。
メジロ
メジロ まず、メジロ、Zosterops japonicus。
ヤマガラ 入浴しようとしているヤマガラ、Parus varius。
ヒガラ
ヒガラ
ヒガラ
ヒガラ ヒガラ、Parus ater。入浴後には羽根の手入れをしている。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

えべっさん

久留米駅 一昨日に撮ったのだが、10日になったので。
 屈まなくていいのなら、エンギモンなので通ってみたかったのだが。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

09/01/2008

今日の野良鳥(1月9日)

ハシビロガモ 冬色になってきたハシビロガモ、Anas clypeata。
ハシビロガモ まだ、色がはっきりしてないのもいる。
オナガガモ オナガガモ、Anas acuta。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

08/01/2008

今日の野良鳥(1月8日)

マミチャジナイ マミチャジナイ、Turdus obscurus。東南アジアで越冬するはずなのだが、今だにいる。久留米市京町第二公園。
ムクドリ ムクドリ、Sturnus cineraceus。久留米市ブリジストン通郵便局前。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ももたろさん

桃太郞の祭ずし 岡山駅の「桃太郞の祭ずし」。「ハローキティの祭ずし」はホームで売ってるのをあまり見かけない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

おこし

おこし 筑後名物の「おこし」の露天商。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

につけ

鯖煮付け 今日の昼ご飯。「日替わり定食」は鯖の煮付けだった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

たきび

焚き火 ウホッ。いい焚き火。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

だんご

いきなり団子 なぜ「いきなり」かわからないが、餅と同じ大きさで、串にも刺してない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07/01/2008

今日の野良鳥(1月7日)

カササギ
カササギ title= 七夕で有名なカササギ。Pica pica。朝鮮半島から強制連行された子孫。久留米市傘橋。

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

06/01/2008

タンドリーがないので

チキン レトルトカレーを食べた。辛い目。容器に移してチンしたわけだが、その容器に付いて残ったカレールーにヨーグルトだのケチャップを混ぜたものにチキンを漬け込んだ。
 タンドリーはもちろん、オーブンもないので「タンドリー・チキン」というわけにはいかないのだが、電子レンジのオーブン機能で焼いてみた。やっぱりカラッとは仕上がらなかった。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(1月6日)

 同じ堰堤の中央部にいたのと対岸にいたの。
イソシギ イソシギ、Actitis hypoleucos。
カワガラス カワガラス、Cinclus pallasii。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

05/01/2008

今日の野良鳥(1月5日)

メジロ
メジロ メジロ、Zosterops japonicus。
エナガ 地上を歩いていたエナガ、Aegithalos caudatus。
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica。
シロハラ 池垣の上のシロハラ、Turdus pallidus。
ヒガラ シジュウカラに似ているがヒガラ、Parus ater。シジュウカラの群と一緒にいるので見つけにくい。
シジュウカラ こちらがシジュウカラ、Parus major。かなり違うが、外にいるとわかりにくい。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

菊タロ

菊タロ タロ、つまり里芋シリーズの第3弾。
 お正月用のタロが余ったので、鶏肉を揚げたついでに、以前のハムタロスの際と同様にスライスし、醤油と生姜に漬けたものを揚げて、お鍋の際に余った春菊があったので、一緒にゴマ油で炒めてみた。
 えびすビールのおつまみにいいかも。

| | Commentaires (0) | TrackBack (1)

04/01/2008

今日の野良鳥(1月4日)

スズメ スズメ、Passer montanus。お稲荷さんでは440円だそうだ。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

03/01/2008

今日の野良鳥(1月3日)

 今年になって昼間に出歩いてないけど、今日は近所の池に寄ってみた。
オシドリ
オシドリ
オシドリ
 オシドリ、Aix galericulata。
ハシブトガラス ハシブトガラス、Corvus macrorhynchos。
ハシボソガラス ハシボソガラス、Corvus corone。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

焚き火

たきび 近所の神社での鳥居脇の焚き火。1日に撮ったけど今頃、掲載。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01/01/2008

謹賀新年

ねずみ あけおめことよろ。
 (なお、画像は産経新聞方式によるもので、現実のものではありません)

| | Commentaires (7) | TrackBack (2)

« décembre 2007 | Accueil | février 2008 »