« mars 2008 | Accueil | mai 2008 »

30/04/2008

今日の野良鳥(4月30日)

 今日は近所の川縁でアカガシラサギを撮っただけなんだけど、その時に周囲にい他の皆様。
ダイサギ ダイサギ、Ardea alba。昨日のアカガシラサギの飛行がモヒトツなんで、飛んでるサギを撮ってみた。魚をくわえていた。
マガモ マガモ、Anas platyrhynchos。親子鴨。
スズメ スズメ、Passer montanus。砂浴中。
トビ トビ、Milvus migrans。草むらでフンばってるみたいにみえるが水を飲んでた。
トビ すぐ近くに別のトビ。いつも飛んでるとこばっかり見るが、留まってたので。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日のアカガシラサギ(4月30日)

 今日も見かけたアカガシラサギ、Ardeola bacchus
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

29/04/2008

今日の野良鳥(4月29日)

 今日も見かけたアカガシラサギ、Ardeola bacchus。うちのあたりだと、そうしょっちゅうは見られないらしいんで何枚か載せた。
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ
アカガシラサギ あまり変わり映えしない。飛行姿勢がまともに撮れてない。


ダイサギ ダイサギ、Ardea alba。ナマズがドンコの類を召し上がってる。
シジュウカラ シジュウカラ、Parus major
メジロ メジロ、Zosterops japonicus。エビぞってる。
コムクドリ コムクドリ、Sturnus philippensis。新ネタだけど、樹上にいたのでちゃんと撮れていない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

初とんぼ

アオハダトンボ アオハダトンボ♀。トンボといえば夏からというイメージだが、このアオハダトンボは4月から孵化するらしい。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

愛国サギ

 昨年の夏頃に話題になった、フラッシュを作るとかの募金ではない。特定外来生物を駆除しているアオサギ、Ardea cinerea
アオサギ
アオサギ
アオサギ

| | Commentaires (8) | TrackBack (0)

28/04/2008

今日の野良鳥(4月28日)

メジロ メジロ、Zosterops japonicus。近所の生垣。
エナガ エナガ、Aegithalos caudatus。入浴前。
マガモ そろそろ仔カルガモを見かける季節だけど、一緒にいるのはマガモ、Anas platyrhynchosのようだ。ここらでマガモが繁殖しているのか、カルガモの仔が間違って付いてきたのか。
アカガシラサギ
アカガシラサギ アカガシラサギ、Ardeola bacchus。渡りの途中にお立ち寄りらしい。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

細い魚を食う

ダイサギ ダイサギが泥鰌の躍り食い。淡水魚は寄生虫の可能性がるので、よい子は真似しちゃいけません。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ニュウがないかジュダイか

 野良鳥シリーズも、カエルのシーズンオフということで、何となく続けているが、うちのモリアオガエルも冬眠から醒めたし、100種に達して、ぼちぼち飽きかけている上に、夏鳥はあまり人里にいないので、ネタが限定される。
ニュウナイスズメ それで、スズメでも撮ろうかと思って撮ったのが100種目のニュウナイスズメ、Passer rutilansだった。このニュウナイスズメの語源には諸説あるそうな。
スズメ ひとつは「ニュウのないスズメ」。ニュウがないに敏感な方もいらっしゃるかも知れないが、鳥は哺乳類ではない。スズメのほっぺたにある斑をニュウというらしいが、そのニュウがないから、ニュウナイスズメ。
 もうひとつは入内雀。入内はジュダイと読むのだが。一条天皇の侍臣に藤原実方がいた。殿上で藤原行成とケンカをしたために、歌枕を見てこいと陸奥国に左遷させられ、失意の内に死んだ。
 この後に、清涼殿に入り込んで飯を平らげてしまう雀が現れ、人々は京に帰りたかった実方の化身だとして、実方雀や入内雀と呼んだ。さらに、この雀は農作物を食い荒らしたともいわれ「入内の復讐」と恐れたようだ。
 また、観智上人という坊さんの夢に雀が現れて、京が恋しくて雀に化して「入内の帰還」をした実方と名乗り、自分のために誦経するように告げたという。翌朝に境内の林に1羽の雀の死骸があるのを見つけた上人は、実方に違いないと考えて供養にと塚を築いた。
 この塚は、このニュウナイスズメを撮影した場所のやや西の寺に今もある。
雀塚

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

3ボタン

 ボタンにも、ジムボタンとか中田ボタンとかいろんな種類があるようだけど、通りがかったお寺にあった牡丹。
ボタン よく見る色。
ボタン 緋牡丹?
ボタン 白いの。
ボンタン これはボンタン?

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良藤(4月28日)

 先日も撮ったフジがもっと開いてきた。
フジ 背景は、河原の野良菜の花。
フジ 一方、逆光気味に陰になっている川の石垣を背景にしてみたら、黒バックになった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

靴下猫?

猫 全体が黒ではないものの黒っぽいが足先だけが白い。こういうのを靴下猫というんだろうか。目つきは悪い。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

越冬殿様

トノサマバッタ トノサマバッタらしきのがいた。成虫で冬を越したんだと思うが秋なら目立たない色が今は目立つ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

27/04/2008

今日の野良亀(4月27日)

イシガメ ニホンイシガメ、Mauremys japonica。まだ川の上流部にいる。ぼちぼち沼や田圃に移動する。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

レンゲと大根

レンゲ
ダイコン

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(4月27日)

ツバメ
ツバメ ツバメ、Hirundo rustica。留まっている所も撮りにくい。背中の紺色が明るくても暗くても出ない。
ノビタキ ノビタキ、Saxicola torquata。通過するだけなので、つい最近にはやたら見たのに、この数日はたまに見るだけ。今日は雌がいた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

26/04/2008

今日の野良鳥(4月26日)

モズ モズ、Lanius bucephalus。
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni。
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

筍チャンプルー

筍チャンプルー 大量の水煮筍をどうするかで、今日、思い立ったのは、ゴーヤの代わりにチャンプルーの具にすること。苦みが少ない分、薄味にして、彩りのためにピーマンも少々入れてみた。 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の藤

フジ 普通は見上げる藤が川沿いの木に絡まって、沿道よりも下に咲いていた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

25/04/2008

魚偏に春

 関東と関西の気質の違いということが、時として話題になる。でも、同じ関西でも、京都と大阪では大違いであるし、関東の東京でも、江戸時代以来の文化が継承されている地域や家庭で育ったか、近代から高度成長期に移入した人たちかでは随分と違うと思う。
 先日、「江戸」の何とかというダンスチームを見かけたのだが、豊島区の人たちで、おそらく、神田の生まれというような人は、おいおい豊島区は江戸じゃねぇだろって思うんだろうな。
 食に関して、豚か牛か、醤油の濃さということが言われるが、赤身魚と白身魚というのもあるかと思う。まぐろ、さらには大トロというのは高価である。しかし、高いと思っても高級魚という感覚が、私にはない。嫌いじゃないんだけど、マグロやカツオといった赤身魚よりも、鯛や鮃といった白身魚が好きである。淡水魚もいいなと思う。こういう魚感覚というのは関西のものかと思う。
 さて、以前に限りなく東京に近い千葉の人と話をしていて、好きな魚は鯛と鱸と聞いた。
というのも、その方の親が育ったのが瀬戸内の両岸で、やはり、その人には西の魚感覚が生きていたわけである。
サワラ それで、魚偏に春といえばサワラである。赤身とも白身とも言い難いが、このサワラも、どちらかといえば西で好まれるのではないかと思う。サワラというのは西京味噌に漬けたものが定番のようだ。でも、鯖を限りなく上品にしたという感じの魚である。鯖と同様に、よほど新鮮でないと生では難しいにしろ、いろんな食べ方を試してみたい。
 それで、今日はゆず風味で焼いてみた。しょうゆとみりんの付け汁に浸し、ゆずを載せて、直火を避けて、グリルで焼いてみた。焼き上がってから、刻んだゆずを載せている。
サワラ そして、茹でたタケノコのをワカメと煮た、若竹を添えてみた。若竹には、庭の山椒を摘んで載せている。
 ということで、いかにも春の晩ご飯である。無知を武器にバンザイアタックをして玉砕した人が呟く晩ご飯も「いかにも春」ではあるが。

| | Commentaires (5) | TrackBack (0)

旬の筍

タケノコ 毎年、この時期には、タケノコを茹でたという記事を書いているような気がする。今日の夕方も閉店間際の八百屋さんが大きめのタケノコが3つで500円とヤケクソ気味に叫んでたので買ってきた。
 その店で茹でたのもあって、そっちを買う方が結局は効率的なのだが、年中行事みたいなものだ。茹でる前の記念写真。この段階で、皮だとかの生ゴミがレジ袋に満杯。
 こんなに茹でてどうするのかの計画もない。でも、そこから新しい調理法のアイデアが出るかも知れない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

24/04/2008

番鷺

アオサギ 軒先で凛々しく番をするアオサギ、Ardea cinerea。(ただし、何を見張っているかは分からない)。

| | Commentaires (2) | TrackBack (1)

23/04/2008

ツツジとアゲハ

アゲハチョウ

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(4月24日)

 どこにでもいる、というかアタリマエに見かける皆さん。
ヤマガラ ヤマガラ、Parus varius。入浴盗撮なので画像が粗い。
エナガ エナガ、Aegithalos caudatus。シンクロ入浴盗撮。
シジュウカラ シジュウカラ、Parus major。入浴盗撮。
シジュウカラ シジュウカラ、入浴後の身繕い。
ツバメ ツバメ、Hirundo rustica。バックはう「ど」ん屋の看板。
シロハラ シロハラ、Turdus pallidus
ハクセキレイ ハクセキレイ、Motacilla alba。東村山市の鳥だそうだ。なお、盛岡市の鳥、喜多方市の鳥は「セキレイ」。東村山市の方が厳密なのか。なお、盛岡も喜多方も市のサイトに写真が出ているのは「キセキレイ」。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

情といふこと

 宇宙…それは人類に残された最後の開拓地である。…それは最後のフロンティア。
とにもかくにも、宇宙船USSエンタープライズ号は人類最初の試みとして5年間の調査飛行に飛び立ったし、宇宙戦艦エンタープライズ号が、新世代のクルーのもとに24世紀において任務を続行したのである。
 さて、スペースシャトル・オービタの1号機もエンタープライズ であったし、原子力空母の一番艦CVN-65もエンタープライズだ。ミッドウェーで日本軍をボコにしたCV-6エンタープライズを襲名したってのもあるだろうけど、どうもアメリカ人は「エンタープライズ」という言葉が好きなようだ。ところが、この「Enterprise」の意味というのが、どう訳せるのか難しい。単純に「冒険心」に対応するというわけではなく、企てるとか、創造的な意味合いがあるようだし。
 フランス人の「esprit」というのも訳しにくい。精神とか機知というのがピッタリでもない。「気がつく」「気が効く」という場合の「気」に近いのかなと思う。
 韓国人の「恨」も難しい。決して「恨み」ではない。理想と現実の間の葛藤ともいうようなものだろうとは思うが、よくわからない。
 一方、日本人のいう「情」というのも説明がしにくい。近世以来の芸能にとって「情」というのは非常に重要だ。単に情感でもなく情景でもあるし、それを単純に「シンパシー」と説明するわけにもいかない。
 最近、他人様のコメント欄で「あはれ」という言葉が話題になっていたが、「あはれ」が近世で限定的になっていくと同時に、旧来の「あはれ」が展開していったのが「情」だろうと思う…たぶん。
 それで、近世芸能の根幹、浄瑠璃の作劇法で、近松門左衛門は「情」が基本だと言ったそうだが、表現手法に言及したのに続き、「憂はみな義理を専らとす」と言ったそうだ。この「義理」というのは、今で言う「義理」というよりも「社会的な必然性」と言った方がいいだろうけれども、そういう社会の中で「難儀やなぁ」という状況の人たちへの共感を描くというのが彼の典型的な「情」の描写だったようだ。そこでは、劇的効果を直接的に言う「あはれなり」というのは下手で、必然性によって劇的効果を得るということを言っているわけである。
 こういう、限定的な「情」というか「情」の劇的な展開というのが、日本の近世以降の作劇法にあるわけで、広義の「情」、単なる情感や情景の描写とは違った感動を誘うわけである。
 さて、もっと近い時代になると、義理と人情を秤にかけりゃ義理が重たい男の世界が人気を得るにいたる。「男の世界」というのは、別に腐女子が喜ぶような世界ではなくて、単にジェンダー・バイアスが強い表現なわけであって、ある社会においては。その社会の必然性が個人的な感情よりも優先される、と一般化すれば味も素っ気もないことを言っているわけである。でも、そこにある葛藤に共感を感じるのが、「情」の劇的な展開ということになる。
 近世芸能の観賞の障害になっているのは、そこでの「義理」や「道理」というものが、到底、理解しにくいということがあるんだろうと思うが、その一方で、吐出できない感情というのも理解されにくいからだろうな、と思う。
 現代においては、社会的な活動を行う上でさえ、モロに個人的感情を吐出することが許容されているわけであり、さらには共感を示さない方が批判さえされてしまう。それは、ある意味では抑圧からの解放であり、好ましいことかも知れない。でも「情」の大安売りみたいに思えてしまい、近世芸能ファンとしては、伝統的な「情」とは違うなぁと思ってしまう。
 一般化できるような個人的感情については、社会的な合理性からも認められるというのは、現代の社会の到達点である。例えば、許容されない恋愛なんてものはない。今日、バスの中で最後部シートに座ったのだが、隣に座っていた2人の高校生は、男性の方が女性のウエストに手を回し抱くような体勢だった。そして手の先で女性の方を撫でようとするのだが、女性の方は、場所が場所なので、その手を捕まえて握っては、撫でられないようにしていた。そういう光景を見ると、高校生の頃を思い出してとても微笑ましい。これも一種の「情」のある光景ではあるんだろうけど、劇的なものではない。
 その一方で、一般化されないような個人的な感情というのもあるわけであり、感情を社会的な合理性の基では抑圧しなければならないこともある。自分の親やその親が属する集団が非道なことを行ったなどとは思いたくない、というのは自然な感情だ。けれども実証的な研究の結果などから、事実と考えざるを得ない。そこで合理性の方を否定するというような心性では、近世以来の芸能の中の「情」というのは理解できないんじゃないかと思う。
 感情的には受け入れたくない合理性を受け入れられるような心性のもと、その感情に共感するというのが「情」の劇的なる部分だろうかと思う。岡山だったかでホームから突き落とされた人の父親が、犯人が「社会復帰したら、世の中のためになる青年になって欲しいと思います」と語ったというニュースがあった時、これこそ「情」だと思った。彼の加害者への「情」という意味ではない。彼に道理のもとに抑制された「感情」があるだろうと、様々な人が想像した上での「共感」である。こういう人がいて、それに共感できる人がいるうちは、「情」という伝統的概念が継承されるんだなと思った。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

座敷わらし?

ジャムパン コンビニに「岩手県立盛岡農業高等学校パン研究班との共同開発商品」というのが売っていた。パッケージに「座敷わらし」のような絵が描いてあるが、2月にT松の池に白鳥を見に行った際に見たような。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

700日目

モリアオガエル
モリアオガエル
モリアオガエル なかなか起きてこなかったモリアオガエルだが、ここんとこの陽気でついにお目覚めのようだ。起きていたのは4匹。冬眠容器の上の枯葉を取ってみると、穴の奥に緑色が見えるので、どうやら冬を越したようだ。
鉢植え なお、冬眠容器が入っている間は、水槽から出しておいた鉢植えだが、冬に裸になった上にさらに葉が出てこんな状態。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22/04/2008

今日の野良鳥(4月22日)

オオルリ
オオルリ オオルリ、Cyanoptila cyanomelana。雄は目立つので再々、見かけるのだが、今日の夕刻にやっと雌か若鳥か青くないのに遭遇。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の猛獣

獅子 人畜無害の大人しいおきものです。こちらは本当です。
欠伸猫 音もなく咆吼。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

21/04/2008

今日の野良鳥(4月21日)

カワセミ カワセミ、Alcedo atthis。このところ遭遇機会が半減。というのも雌雄が一緒にいるようになったためか。
シメ シメ、Coccothraustes coccothraustes。
シロハラ シロハラ、Turdus pallidus。水路で入浴中。
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus。まだいる。青いのはもう見ない。
オオルリ オオルリ、Cyanoptila cyanomelana。高いところでホバリングするので目立つ。
キビタキ キビタキ、Ficedula narcissina。目立ちそうだが、こちらは木の中程によくいるので、目立たない。
キビタキ キビタキの後ろ姿。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

沢瀉や〜

オモダカ 三つ猿型というより、単なる三弁の花。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

20/04/2008

ナノ食品

 川にいる鴨を撮っていると鴨を食いたくなる。同じように、最近は野良菜の花が咲いているのを見ると菜の花が食べたくなる。川にいる鴨を勝手に獲ってはいけないらしいし、魚もそうらしい。線路際の大根や河原の菜の花は摘んでいいのかどうかわからないが、店で売ってるのにリスクを冒すこともないので買ってきた。
菜の花の和え物 ということで、菜の花の和え物である。菜の食品である。
 ところで、ふと考えた。別に菜の花だけじゃなくて、小松菜も水菜も菊菜だって菜の食品だ。緑黄色野菜にはβカロテンが含まれており、摂取することが網膜細胞に効果があることは実証されている。イギリス軍がレーダーの存在を秘匿するために流したデマではない。だから、わざわざ別blogを立ち上げて、科学が万能じゃないなんて見苦しい言い訳をしなくてもいい。そのうち「菜のゼリー」を作ってみよう。

(追記)ついでに「菜のゼリー」の宣伝を考えてみた。
 中国で「反仏デモ」が行われているとマスコミは伝えている。しかし、現地メデイアを調べてみると「反法示威」が行われているとのことだ。およそ法治国家、法の支配による近代国家においては「反法」行為は許されない。しかしながら日本のマスコミでは、「反仏」とチベット問題に関連しての反仏教デモであるかのように報道されている。そうまでして中国におもねるマスコミはどうかしている。「菜のゼリー」を食べて抗議しよう。

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

今日の花鳥風月

アイリス
カワラヒワ
山桜
月

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

中立の恥ずかしさ

 東京と大阪の中間はどこか、地図を見ればわかる。ラダトームとメルキドの中間はどこか、ゲーム上のマップを見ればわかる。では、大阪とラダトームの中間はどこか。
 このblogでは、これまでしばしば「位相の違い」というか、枠組みが違うということを理解できないような話を、例えば「物心がつかない」とか、そういう表現で嘆いていたわけである。世にトンデモさんと言われるケースはその典型なんだろうと思う。
 東京も大阪も現実の地名である。ゲーム上の地名とは違う枠組みにあるわけである。その中間というのはないのだ。
 ところがである。世に位相が違うのに、その中間であると称する人が少なからず存在する。違った枠組みの中の「論」の中立という形だ。
 科学というのは万能ではない。というか、科学というのは発展すればするほど謎が増えてくるようである。昔の人は4つの力はどのように統一的に考えられるかなんて悩まなかったのだ。でも、4つの力について分かってないからと言って、そこにニンゲンリョクを排除するな、ニンゲンリョクが最も大切だから5つの力だ、なんて言い出す馬鹿はいないだろう。でも、いたとして「現代の科学では未知のことも多いので、私は、どちらが正しいとも言えない」というのは輪をかけたアホだろう。科学は事実を理解する方法であり、新たな事実を作るためのものだ。科学でわからないことが多いのは、わかったことが多いからだ。
 進化論と創造論の中立というのもありえないはずだ。進化論というのは「科学」の範疇であり、現実を説明するための成果だ。創造論というのは、ある種の人が尊重してる創作を基にしたフィクションである。位相が違うのである。まともな人は、事実を説明するために進化論を理解し、創作は創作と認識し、その創作に込められた思想を尊重している。科学と創作は、位相が違うから立派に両立しているわけで、わざわざ、否定された位相に持ち出すこともない。一方が否定されている位相にあっては、その中立もまた既に否定されているわけである。
 プロレスラーやバラエティタレントとして、立派に(でもないか)評価されているのに、わざわざ否定された古典芸能界にいるかに振る舞うような滑稽ささえ感じてしまう。
 ニセ科学批判や歴史修正主義批判において、不思議と湧いてくる「中立」というのは、こういう位相の違いが基本的にわかってないんだろうなと思う。
 歴史学だって、過去の事実を説明するための科学だし、科学の範疇の方法で歴史研究が行われている。そこにはわからないことも多いと思うし、新たなことがわかることで、さらにわからないことが増えることもある。わからないから様々な仮説で説明しようという努力も行われている。それは「こうだったらいいな」というハナシとは別世界のわけである。学問研究の成果とは言い難いようなシロモノや歴史小説とは違った位相のハナシだ。読んで心地いいのはどちらか、というのならともかく、事実を説明するという点では、歴史学とニセ歴史の「中立」はありえない。
 時代劇や歴史ドラマはたぶん歴史学のハナシより人気があるし、歴史なんか教えなくても歴史ドラマを教えりゃいいという考え方もあるだろうし、その中立として、歴史ドラマを教えるのはそのドラマのコンセプト次第だという立場もあるだろう。けれども、歴史学をシロートがどう理解するかという位相の上では、両方とも当初から否定されている。
 中立であることは、時として客観的であり、よくわかっている、かのような錯覚をもたらす。ニセ科学やニセ歴史をまるっきり肯定してしまうのも恥ずかしいからと「とりあえず中立」なんて場合もあるだろう。でも位相の違う間で中立であると表明することは、客観視ができていない、わかっていないと表明しているということだ。

| | Commentaires (7) | TrackBack (0)

19/04/2008

今日の野良鳥(4月19日)

オオルリ 鳥がいる、その状はひたきの如く、青い羽、白い腹、その名はオオルリ、Cyanoptila cyanomelana、梢の上にて囀る。
 池と周囲の道路の間の木、たまたますぐ近くに留まったので「上から目線」。そういや今年はアルツに行ってない。
ホオジロ 鳥がいる、その状は雀の如く、羽は褐色の縞模様、白と黒の顔、その名はホオジロ、Emberiza cioides、針葉樹林に棲み、農地にて餌を啄む。
 雄だけ近くの木に留まった。
ホオジロ ホオジロのペア。
タヒバリ 鳥がいる、その状は雲雀の如く、尾羽を上下に振るは鶺鴒の如く、その名はタヒバリ、Anthus spinoletta。
カワガラス 鳥がいる、その状は鳩の如く、全身は黒褐色、渓流にて潜水し、その名はカワガラス、Cinclus pallasii。
カワガラス 同じくカワガラスだが、柄がだいぶ違う。かぼす、じゃなくて巣立ち直後の若鳥。ちゃんと飛べる。
ニュウナイスズメ 鳥がいる、その状は雀の如く、その雄の顔には雀の黒班がなく、その雌は雀より色淡く眉の如き班あり、その名はニュウナイスズメ、Passer rutilans。
ニュウナイスズメ 雄はスズメに近いけどほっぺたに黒班がない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

16/04/2008

今日の野良鳥(4月16日)

ヒバリ ヒバリ、Alauda arvensis。ホバリングしているので飛行中は撮りやすいが、光の状態でたいていはシルエット。silhouette de l'alouette.
ヒバリ 地上のヒバリ。冠羽が立ってないのでらしくない。
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides
ツバメ ツバメ、Hirundo rustica

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

山桜

山桜 山の中腹に咲いてるのが見えた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

15/04/2008

今日の野良鳥(4月15日)

ノビタキ
ノビタキ また。ノビタキ、Saxicola torquata。いつも通る橋からホバリングしてるのが見えるので、つい撮る。
オオルリ
オオルリ またオオルリ、Cyanoptila cyanomelana。紺白のコントラストと上の方に留まるということで、けっこう目立つ。
ツグミ まだツグミ、Turdus naumanni
イカル ひさしぶりにイカル、Eophona personata。「桜にイカル」を撮りたかったが、咲いてる桜で見かけることはなかった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良蛙(4月15日)

ウシガエル 今年はまだウシガエル、Rana catesbeianaしか見てない。声は他のも聞くが。うちのもいつまで寝てるのか。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

危険!触らないで!

危険物 股間を隠しているものに「危険!触らないで!」と書いてある。
 確かに、隠されたモノを使用して人に危害を与えることもあるだろうが、そもそも「危害」と感じない場合にしか、普通は触らないだろう。幼児向けの表示かとも思ったが、「触」と漢字を使用しているのでそうでもなさそうだ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

14/04/2008

今日の野良鳥(4月14日)

メジロ メジロ、Zosterops japonicus。ツバキに留まるかと思ったが、そのまま飛んで行った。
ノビタキ
ノビタキ 夏のヒタキ、その1。ノビタキ、Saxicola torquata。飛行中の昆虫を飛んでは食うので、それを撮ろうとしたが、飛び立ったところしか撮れないし、ピントも甘い。
オオルリ
オオルリ 夏のヒタキ、その2。オオルリ、Cyanoptila cyanomelana。夏のヒタキと言っても、山林に棲むので、人里で見られるのは、数日だけ。
キビタキ 夏のヒタキ、その3。キビタキ、Ficedula narcissina。「福島県の鳥」だそうだ。
セッカ セッカ、Cisticola juncidis。川の中州の上を飛んでるノビタキを撮ってたら、対岸にいた。ちなみに掲載した99種目の野良鳥。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

13/04/2008

今日の野良鳥(4月13日)

ノビタキ ノビタキ、Saxicola torquataの続き。頭が黒くなってるのが雄。
ノビタキ 菜の花にもいるが、河原の枯れすすきにもいる。ノビタキの雌。
ノビタキ よく飛び上がってはホバリングしている。
キセキレイ キセキレイ、Motacilla cinerea。
イソシギ・コガモ イソシギ、Actitis hypoleucosとコガモ、Anas crecca。
キンクロハジロ まだいるキンクロハジロ、Aythya fuligula。潜水中。
キンクロハジロ 浮上。
ヒドリガモ まだいるヒドリガモ、Anas penelope。
ヒドリガモ 
変わった柄のヒドリガモ。他の種との交雑種。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

野良菜の花

菜の花 河原や中州に菜の花が満開。誰かが植えたわけでもないだろうし、野良菜の花だと思う。
ノビタキ
ノビタキ その菜の花にいると目立つノビタキ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

12/04/2008

今日の野良鳥(4月12日)

ダイサギ ダイサギ、Ardea alba。
ダイサギ このダイサギは顔が緑にクチバシが黒く、繁殖色になってきている。
バン バン、Gallinula chloropus。
オオバン オオバン、Fulica atra。
オオルリ 瑠璃色のヒタキ。でも、お馴染みのルリビタキではなく、オオルリ、Cyanoptila cyanomelana。
オオルリ
オオルリ オオルリは脇腹のオレンジがないし、顔もだいぶ違う。
オオルリ 後ろ姿では、腰に斑点がある。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

水辺の白い花

水芭蕉
 ミズバショウの花が咲いている。
ミツガシワ 先日、ボケた画を載せたミツガシワ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11/04/2008

今日の野良鳥(4月11日)

カワセミ カワセミ、Alcedo atthis。近所の川の上流に注ぐ細い川、というか魚がおらずタゴガエルしかいそうにない渓流の脇にいた。この川に棲息しているというより、この川沿いの土の崖に用事があるんだろう。
モズ モズ、Lanius bucephalus。桜の木にいたが、何かくわえてる。昆虫の幼虫のようだ。
ツバメ ツバメ、Hirundo rustica。藁をくわえている。
 ヒナたちを育った巣も、昨年の晩夏から放置され、ほとんど崩れかけておりました。ところがです。何ということでしょう。燕の匠は田圃から泥と藁を運んできたではありませんか、ということだろうか。
ツバメ たまには飛んでいないツバメも、と思ったがやはりツバメらしくない。実はツバメも青い。
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides。今日もあちこちにいた。
ヒバリ ヒバリ、Alauda arvensis。またホオジロと思ったらヒバリだった。初掲載。
ヒバリ 別のヒバリ。ひばりヶ丘近辺とかにはいっぱいいるんだろうか。
ヒバリ ヒバリは飛びながら囀る。ピー、チクビー、チクビー、ピーピー。
ノビタキ ノビタキ、Saxicola torquata。半年ぶりの野比ノビタキ。
ノビタキ
ノビタキ 秋のノビタキは遠目ではスズメだったが、春のノビタキはいかにもヒタキ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

土筆

 先日に見たツクシは、スギナの中に数本という状態だったので、もうツクシのシーズンはオワタと思っていたのだが、今日はほとんどツクシというのを見かけた。
土筆 もうすぐ春ですね、という頃は、土筆の子が恥ずかしげに顔を出しますが、春真っ盛りともなれば、羞恥心もなく屹立している。

土筆 お持ち帰りの場合は、中の2本のような、あまり頭の開いてないもの。「頭が開いてた方が、あのひっかかるみたいな感じがいいのよ」ということはない。

土筆 お持ち帰りしたツクシは、チラシの裏にでも拡げましょう。最近のチラシは両面印刷が多いのが困ったもんだ。

土筆 「袴」といわれる節状の葉を取って水洗いする。袴のところに付いた泥、取った袴がけっこうくっついてたりする。

土筆 湧かした湯に入れて、軽く下茹で。茹ですぎるとツクシの風味がなくなるし、茹でないと頭が苦すぎる。あくまで「軽く」。
 後は、好きなように料理すればいいし、使わない分は保存しておいてもいい。今回は、しめじとコンブと一緒に、甘辛く煮てみた。
山椒 庭を見たら、山椒に葉っぱが出ていたので摘んできて載せることにした。

土筆 出来上がり。作ったうちの1/4くらい。

| | Commentaires (2) | TrackBack (1)

今日の甲殻類

沢蟹 山沿いの道にカニが落ちてた、というわけではなく、道路脇の川から上がってきてるだけ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

山桜も満開

 山桜もほぼ満開。
山桜
山桜
山桜 ソメイヨシノのような、派手だけというか「おバカ」な咲き方じゃなく、おちついてる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

10/04/2008

今日の野良鳥(4月10日)

ルリビタキ まだいたルリビタキ、Tarsiger cyanurus。
シロハラ まだ、よく見るシロハラ、Turdus pallidus。
ビンズイ 雨に濡れながらたたずむビンズイ、Anthus hodgsoni。
カルガモ
カルガモ もうカルガモ、Anas poecilorhynchaの子供がいた。ミツガシワが咲いてるんで、場所がわかりそう。八甲田ではない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

もやしのバター炒め

もやし炒め うちでは、あまりバターを使わない。揚げ物用を別格として、食用油脂でよく使うのはブッチギリで胡麻油、ついでオリーブ油だと思う。けれども、たまに卵や肉を焼いたりに使うので置いてあるわけで、あまり古くなってもいけないと思って、もやし炒めに使ってみた。
 なお、農水省の減産計画の失敗で品不足というバターだが、近所のスーパーを見たら雪印はあった。小岩井と四つ葉も置いてたはずの店では、四つ葉の無塩の方だけあった。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

09/04/2008

今日の野良鳥(4月9日)

 今日は、川縁でなく山際。夏鳥も来てると思うのだが、やはり同じようなのしかいない。冬鳥は雪から避難して来ているので人里にも来るが、夏鳥は山地で充分ってわけだろうか。
ヤマガラ ヤマガラ、Parus variusが梢で囀っていた。
ムクドリ ムクドリ、Sturnus cineraceus。地上でもよく見るのだが、なぜか上にまとまっているのを撮ってしまう。
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni。もう水が入ってる田圃で拾い食い中。
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica。飛び立ったところの方が黄色が鮮やかなので、同じような絵になる。
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides。森林と農地の境目でやたら目にするので、まとめて。世間では「スズメ」と思われているかもしれない。まずペア。
ホオジロ 別のペア。雄の顔がピントをあわせやすいので、雌の方がボケる。
ホオジロ 電線のペア。
ホオジロ 草地には団体さん。雄が3羽見えているが、枯れ草の陰にもいる。
ホオジロ 田起こし中の田圃にいる雄。
ホオジロ 畦の雄。何かくわえてる。
ホオジロ 畑の囲いに留まる雌。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の「花と蛇」

 別に団鬼六原作とか、そういう格調高いもんじゃない。
レンゲ レンゲ。
コブシ コブシ。たぶん。
カタバミ カタバミ。遠景はこちら

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

08/04/2008

今日の野良鳥(4月8日)

 まだいるカモ類。オナガガモはもうお発ち。撮ってないけどヒドリガモも大量にいる。
ハシビロガモ ハシビロガモ、Anas clypeata。飛行中。後よりからなので特徴のクチバシがわかりにくいが柄も特徴的。
キンクロハジロ キンクロハジロ、Aythya fuligula。
コガモ コガモ、Anas crecca。
マガモ マガモ、Anas platyrhynchos。ペアでいたが、雌の方がやたらに白っぽい。
オカヨシガモ オカヨシガモ、Anas strepera。そろそろお発ちの時期なのに新ネタ。
オカヨシガモ ほとんど同じ柄にクチバシが黄色い、雌か?
オカヨシガモ ほとんど同じ顔に柄が違う、クチバシが黄色。「少し」調べるとオカヨシガモの雌らしい。じゃあ、さっきのは何?
ツバメ ついでに、入れ替わりの夏鳥、ツバメ、Hirundo rustica。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

伏見の野良鳥

 伏見という所に用事があり、そのついでに河原に出てみて、いた連中。
ウグイス ウグイス、Cettia diphone。「ホーホケキョ」の「ホー」の最中。
モズ モズ、Lanius bucephalus。
カワウ カワウ、Phalacrocorax carbo。
イソシギ イソシギ、Actitis hypoleucos。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

モモではなくサクラ

紅枝垂桜
紅枝垂桜 比較的開花が遅いらしいベニシダレサクラも満開のようだ。ベニと言っても「ももいろ」だが。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良亀

外来亀 外来種のカメ。タバコを吸わせてみようかとも思ったが、遠いのでヤメ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

06/04/2008

今日の野良鳥(4月6日)

 毎日、おなじようなのとしか遭遇しない。夏鳥と冬鳥の間ということや、こちらも同じような場所しか行動してないからか。
マガモ マガモ、Anas platyrhynchos。雄だけで重なっている。それも3羽。
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides。
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica。
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni。冬鳥だけどまだいる。田圃の準備に耕された後に、虫でもいるのか、チョロチョロしている。
ムクドリ ムクドリ、Sturnus cineraceus。やはり耕されたところにいて、耕耘機が来ると、一斉に近くの木に避難する。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ウホッ!いい薔薇科

ソメイヨシノ
ソメイヨシノ
ソメイヨシノ 毎年載せている近所の川縁のソメイヨシノ。満開中。
紅白 同じ木に赤白と赤白混じりの花が付いてた。撮ったものが何かわからない時は、少し調べるけれど、所詮ネットで「少し」調べるだけなので、桜か梅かわからない。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

05/04/2008

今日の野良鳥(4月5日)

ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides。ここんとこよく見かける。年中いるはずだが、冬の間はあまり見なかった。明るすぎで中間色が飛んでしまった。
ムクドリ ムクドリ、Sturnus cineraceus。やはり年中いるが、ここんとこ目立つ。
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica。やはり年中いる。ここんとこ河原より農地によくいる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

山桜花

山桜  ヤマザクラも咲き出した。ソメイヨシノのようなエキセントリックな派手さのない素朴な花だ。それで、本居宣長(ノリナガ、ノリエガではない。念のため)という人が「しき嶋のやまとごゝろを人とはゞ朝日にゝほふ山ざくら花」と、日本人の美意識は日が差して際だつような山桜の花のような素朴なものと歌ったとか。それでも、上田秋成は「どこの国でも其国のたましいが国の臭気也」と、その国のココロとかタマシイなんぞと言うのは、その国の臭さだということで「しき島のやまと心のなんのかのうろんな事を又さくら花」と歌ったそうな。
 それでも後に宣長の歌は、独自に解釈されて、もっと臭気を放ったらしい。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

午後、つばきにあう

ツバキ 園芸品種というか庭木のツバキにはしょっちゅう遭うのだが、山道から遠くにあったので、たぶん天然もんのツバキ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04/04/2008

今日の野良鳥(4月4日)

カワセミ カワセミ、Alcedo atthis。雄。
カワセミ カワセミの雌。クチバシとくわえた魚が光ってしまったし、ボケとる。このところ、雌雄が近くにいるのを見るがまだ給餌シーンを見ない。
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni。田圃の畦道。
カワラヒワ カワラヒワ Carduelis sinica。飛ぶと黄色が目立つ。
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides。
キジバト キジバト、Streptopelia orientalis。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鼬

イタチ 素早い。顔が隠れかけている。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

03/04/2008

今日の薔薇科

ソメイヨシノ ソメイヨシノ。
ボケ ボケも咲いてた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(4月3日)

ツグミ モノトーンなツグミ、Turdus naumanni。
シロハラ シロハラ、Turdus pallidus。
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala。
モズ モズ、Lanius bucephalus。
エナガ エナガ、Aegithalos caudatus。
コゲラ コゲラ、Dendrocopos kizuki。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の紫

すみれ
つつじ
つつじ

| | Commentaires (0) | TrackBack (1)

土筆

つくし 育ちすぎ。もう食えない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

02/04/2008

今日の野良鳥(4月2日)

メジロ メジロ、Zosterops japonicus。前々エントリの最初の桜のあたり。
イソヒヨドリ イソヒヨドリ、Monticola solitarius。前々エントリの最初の桜より20mくらい上流の石垣。
アオサギ アオサギ、Ardea cinerea。このサイズのアマゴって500円くらいする。
カワガラス カワガラス、Cinclus pallasii。護岸に木が茂っていて、その下。
セグロセキレイ セグロセキレイ、Motacilla grandis。
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni。正面顔。
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides。なぜか菜の花に留まっている。花がないのは漬物用に摘まれたからか。
ツバメ ツバメ、Hirundo rustica。昨日と同じ場所だが、今日はイワツバメが飛んでいない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

アマゴ

アマゴ たぶんアマゴ、Oncorhynchus masou ishikawaeだと思う。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の桜花

桜 近所の川に突き出た桜。たまにイソヒヨドリが留まるが花の付いてない枝。花が咲いてない時にカワセミも留まっていたが、咲いてからは見ない。
桜 名札付きソメイヨシノ。はてなウケしそうなバック。
桜 夜桜。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

あるキャリアの終焉

2月末日
同じキャリアーの利用者が10万人を切る。
3月30日
とりあえずMNP番号予約をする。この時点でも、4月1日以降は、同番号継続が出来ないと案内される。
3月31日
従来は、4月1日0時に契約解除となるため、3月31日までに契約を切り替えないと番号は引き継げない、と案内されていたのが、4月1日以降も引き継ぎ可能という案内がwebサイトに掲載される。なお、4月1日以降も同番号継続可能ということは3月27日に「部外秘」で代理店に案内されていたようだ。
23:56 携帯電話が趣味というお友達から電話。最近は早寝だそうなので、前もって「かけて来ますか。こちらからかけようか」と聞いていたため。
4月1日
tuka0:00 通話が続く。ネットで見ると「圏外になった」という書き込みが見られる。
0:10 ネットにまだ話せてます、と書く。同じ書き込みが数人から。電話の相手から音声が小さくなったと聞く。
0:20 まだ、通話は続く。ネットで見ても、数人が通話中の模様。通話相手は無料通話分が残っているとのことだが、長時間になると悪いからかけ直す、ということが不可能な状況。
0:25 通話している限り、切れることはないのかと電話を切る。表示が圏外になる。
0:29 ネット上に、関西エリアの人から通話中に切断との書き込みがある。もう5分、粘ればよかったのかも。
0:30 自分の携帯番号に電話をかけてみると、使われていないとアナウンスされる。
1:00過ぎ 関東エリアでも切断された模様。
13:30 新しい携帯電話の契約・購入に行く。番号継続は可能。新規契約になるが新規契約事務手続費用は無料。
14:00 登録が済むまで40分ほど待って欲しいとのこと。
15:00 混んでいて登録が済まないので、もうしばらく待って欲しいと言われる。
16::00 従来の端末が「圏外」のまま電源を入れていたため、急激にバッテリーを消耗したらしく、電池切れ。メモリーの転送は再来店してということになる。その前にと、店の人は1900年代発売の機種からのメモリー転送が可能か調べる。新しい携帯電話を受け取る。留守電に一本入っている。
18:00 メール・アドレスは継続不可能だったことがわかる。関係各位には、新アドレス設定後に連絡します。
22:00 1時間ほどかけて、やっと新端末の待ち受け画面のうっとうしいアニメやニューステロップを消すことが出来る。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01/04/2008

今日の野良鳥(4月1日)

 こっちが本当。携帯電話を変えたので、その登録待ち時間の間の散歩中にいた連中。
ビンズイ ビンズイ、Anthus hodgsoni。
シメ シメ、Coccothraustes coccothraustes。
ツバメ ツバメ、Hirundo rustica。川というか河原の枯れすすきの上を飛んでいた。ピンボケ。
イワツバメ イワツバメ、Delichon dasypus。ツバメに混じって飛んでいた。ピンボケ。
イワツバメ このイワツバメもツバメもAFでは追えない、というかファインダーに入ったとたんに出て行ってしまう。でもイワツバメは羽ばたいて高度をかせぎ、そして滑空するという動きをするようだ。羽ばたいて上昇する間はファインダーに捉えやすいので、その間に捉え、ピントをあわせつつ滑空を追っていき、適当なところでシャッターを押せばいい。これだけのことがなぜかうまくいかずに、ピントが甘いのばっかり。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(四月一日)

孔子鳥 コウシチョウ、Confuciusornis。
白鳥 トレビアンなハクチョウ、Cygnus samurai。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

« mars 2008 | Accueil | mai 2008 »