« 校長の仕事 | Accueil | 雨上がりの朝 »

12/05/2008

ロード・オブ・ザ・ループ

 一部の人が見ていた話だが、もはや第3部になると見ている人も少ない。今も第2部のエピローグは続いているし、第3部の途中であるが、第3部は話がループに入ってきているだけではなく、もっと歴史的に根深いループに突入しているようだ。
 以前に、第1部や第2部が話題になった時は、ほとんど取り上げなかったのだが、この「大きなループ」には以前から触れてきたので、ここで感想をあげてみる。
 そもそも、この話の発端はひとつの物語、それも死んだも同然のクダラナイ物語だ。

 その物語を捨てなければ、この世は闇となる。
 遠い遠い昔、理性を滅ぼす魔力を秘めた“ひとつの物語”が作り出された。波動測定器なるものを高額で販売したいという欲望が、この物語に注ぎ込まれていたのだ。
 その物語に屈していった人たちもいた。しかし、物語があまりにバカバカしく無視していた勇者たちが、科学を僭称していると物語に立ち向かった。そして、物語は科学でないと否定された。ニセ科学が敗れたのだ。
 しかし、その後も物語は消えたわけではなかった。

第1部「旅の仲間」
 「網つ国」の街道を旅をする仲間がいた。私が見た所、そもそも同じ村の中で街道を行ったり来たりして、お喋りを楽しんでるようにしか見えないのだが、本人たちは目的地があって旅をしていたつもりのようだ。
 ところが、この旅をする一人が、件の「物語」を語り始めた。何しろ、同じ村の中といえども、天下の街道である。ミンポーカイセーに向かって旅をするとある勇者の末裔に見つかり「こんなのを見つけました。ずばり、「あのインチキ物語」を、信じていらっしゃる一行ですよ。」と言われてしまった。
 「旅の仲間」たちは、仲間に文句を言ったということで、この人相手に口ゲンカを始めたのだが、やはり天下の街道のことである。方々から人々が集まり、オマエらの方が悪いと責められることになった。
 そうして「旅の仲間」は、ある者はいじけ、ある者は一人で騒ぎ、ある者はモーソーの世界に旅立ったり、ある者はなかったことにして勇者にすり寄る。この「旅の仲間」は以下の話にも出ては来るのだが、もはや回想シーンでの端役である。長編にはよくあるパターンだ。

第2部「二つの塔」
 第1部から3ヶ月たった。
 昔から象牙の塔という塔がある。この塔の名は人々に揶揄された呼び方だ。しかし、この塔の功績には大きなものがある。世間の風潮とやらと無縁の所で、ものの理を考える、考察のグレードを上げるための方法論を確立してきたわけである。
 その功績のひとつに「批判」があった。人々が知を共有するために、その知を違いに磨くために使われる。「網の国」では知を共有することが簡単になった。誰でも「知」を磨くことが出来る。
 一方、バベルの塔という塔があった。この塔は今は崩壊している。なぜなら、この塔を建てた人々が、それぞれ違う言葉を使っていたからだ。意思の共有が出来なかったからだ。その教訓から、ある者は、意思を共有できるまで徹底して言葉を尽くそうとする。しかし、ある者は、そもそも塔を作ることが傲慢だ、所詮、意思の共有など出来ない、私がそう思ったんだから、それでいいじゃないか人間だもの。とか思うようになっていた。
 そして「批判は攻撃だ、私はそう思いました」ということから、第2部が始まるわけである。そして、この第2部は、私にとっては、意外な結末を迎える。
 理屈にあわないからイケナイということに対して、感情を害したからイケナイのですねということで「イケナイ」が一致してしまい、何と無く終わる。
 ただ、この終わり方に満足できない人は多いようで、事実関係をきちんと検証することの大切さという話は今も続いている。

第3部「王の帰還」
 第2部から1ヶ月。
 「網つ国」は共和制だ。王などいない。しかし、昔から「御作法」という王を擁立しようという動きがあった。この「御作法」という王は、他の国では統治はしていないのだが君臨している。
 「網つ国」の「御作法」王は、「無断リンク禁止」とか「引用や言及には許可を」とか、およそ、著作物の公表という概念にはなかったものに、「おつきあい」のレベルのマナーを持ち込むというものであった。
 このような王の擁立に対しては。共和制の人たちは「そもそもwwwとは」とか「仕様でも法的にも可能なことは前提にすべき」と撃退してきたのであるが、「網つ国」に「著作物の公表」より「井戸端会議」や「給湯室の雑談」や「居酒屋談義」に馴染んだ人が移住してくる度に、十年一日のごとく、擁立騒ぎが巻き起こる。
 そして、この巨大なループにこの話が呑み込まれていくというのが第3部だ。そもそもの勇者の指摘はケシカラン、「御作法」王に不敬であるということになる。
 第2部で登場した「批判は攻撃」の種族が、このループに巻き込まれると「私は権力は批判するが、一般市民は批判しない」ということになる。およそ、どこの誰ともわからない一般市民の批判は不可能だ、一般市民が公表した意見を批判しているわけであり、「批判」と「攻撃」の混同と「著作物の公表」と「井戸端会議」の混同という、ダブル混同でっす。なお、このシーンは俯瞰撮影ではないと思うのだが。
 話は、第1部や第2部の続きではあるが、もはやテーマは「網つ国」の昔からのループに入ってしまった。ジャンプ漫画が長編化するとネタにつまって格闘技大会になるように、「網つ国」の話は長編化してネタにつまると、御作法ネタになる。ただし、このループに入ってしまうことで、発端のニセ科学という「物語」がクダラナイということが前提と化して定着するのなら、それはそれでいいことだろう。

|

« 校長の仕事 | Accueil | 雨上がりの朝 »

Commentaires

 某LとRを間違えてるのか間違えてないのか分からない人のブログみたんですけど,お兄さんのコメントことごとく相手にされてないように見えるんですが(笑) 論理とか難しすぎてわかんないんじゃないかと。もっと「人間力」(笑)に訴えないと。
 私も何か書こうかと思いつつ,なんか面倒そうで。

Rédigé par: 某清純派 | le 12/05/2008 à 11:29

 いえいえ「対話」の精神を説く以上、相手にしないなんてことは出来ません。とても平易に書いてるし。
 それに常人にはない「体験による想像力」の方が相手をしてくれてますし、blog主さんの人間力で、私と彼女の「Complexity and Contradiction」について思考をまとめてらっしゃるところでしょう。
 ところで、「子供の」じゃなくて親分の専門の方の「認知」の問題も、「体験による想像力」にかかると…

Rédigé par: 南郷力丸 | le 12/05/2008 à 12:05

 ついでに、このエントリーのタイトルがカタカナなのも、LとRを間違えてるのか間違えてないのかわからないよりも、どっちでもいいからです。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 12/05/2008 à 12:32

こういう網つ国に最近入ってきたものですから、ジャーゴンが飛び交っているなかに入っていくのがちょっと大変で、なおさら、それってどういうこと?と尋ねるのが場をしらけさせる馬鹿素人みたいでいさかさか気が引けるのです。でも上の「Complexity and Contradiction」。この言葉に出くわしてとても面喰らっています。それほどありふれたものでもないと思うのですが、私の属する分野で、一時、極めて重要なタームでありました。とすれば、南郷さんも同じ分野に属する方なのかと、これまでは思いもしなかった訝しげな疑問が沸き起こっています。馬鹿馬鹿しくも面倒なことで恐れ入るのですが、よろしければその出典、すぐにとは申しません、仄めかしのようなものでよろしいですから、いつかここで触れていただくわけにはいかないでしょうか。

Rédigé par: argon | le 13/05/2008 à 00:51

ついでながら。

Lord of the loop
Road of the loop

ジャーゴンのループに入ってみようとつい虚勢を張ってみました。

Rédigé par: argon | le 13/05/2008 à 01:12

 いちおう、文化について言及している以上、そしてナショナリズムと同じくらいインターナショナリズムに対して懐疑的であるからには、ポストモダニズムに対する初歩的な知識はあります。その中で、このタームは他分野にも使えるキーワードだなぁと思ったということです。
 なお、最初の訳が大いに問題になったということが、このストーリーの元ネタと共通しているのも、出てきた理由かも知れません。
 こういうの二重のコードって言うのかな(違)
 なお、ネットの話ですので Load of the loop という表記もアリです。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 13/05/2008 à 02:13

 あっしがやってる「認知」は,「経験科学」に属するもんですよ。自然科学とか社会科学も「経験科学」ですな。
 もしかするんだけど,相手の人たちって「体験」と「経験」を一緒にしてるんじゃないっすか? ベーコンが「あたしには非難に見えたから,非難なんですぅ」と言ってるの想像しちゃいましたよ。
 ……というこの文章も不親切でイミフメなんでしょうか? この場合のベーコンとはシーザーサラダとかカルボナーラに入っているものではありません,と言わなきゃいけないんですか。

Rédigé par: 清純派親分。 | le 13/05/2008 à 13:38

第二部までは人からまた貸しで読んでいたけど、第三部になるとマニアックでついていけません。それに新しい登場人物が覚えられないんです。

だれか登場人物解説本、書かないかな。

Rédigé par: kuroneko | le 13/05/2008 à 16:18

 そう言っても、ある人は
「シーザーサラダとかカルボナーラに入っているものではないということは、卵焼きとセットになったり、レタスとトマトとセットになっているものですね。」と言い、ある人は
「いいえ、何に入っているは問題ではありません。酢豚にならなかったのには原因があるということが重要です。」と言いますよ。
 そこまで付き合いきれませんので、わかって読んでいる人を対象に、また、ある日に自分のベーコン概念を検証するのに期待し、お話しを続けるのがよろいいでしょう。

 登場人物解説本は、実は第1部からほしいです。ただ、解説すると「言及するなら知らせるべきだ」とか文句を言う人とかいるだろうし、ご本人が他人に言及している程度の言い方ならいいだろうと思っても、自分はいやだという症状のご老人もいます。「カチカンの尊重」をすると作れません。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 13/05/2008 à 16:53

南郷さま。

>最初の訳が大いに問題になった

これで了解しました。
原書と照らし合わせて読んだのですが、M下氏、おそらく高校生の娘さんあたり訳させたのだろうと思うほどひどいものでした。

確かどこかで<共闘しない>というようなことをお書きになっていらっしゃたように記憶しています。私の推測に間違いがなければ、直接の面識はなくとも私たちには共通の知人が何人もいるように思います。というような詮索はこの網つ国ではタブーになっているのでしょうね。ということでこの話はこの辺で。

ちょくちょくお邪魔させていただきます。

(差し障りがあるのであればこのコメント、削除下さい。)

Rédigé par: argon | le 13/05/2008 à 22:39

 「共闘しない」と書いたのは私じゃないです。私の場合、その場その場でテキトーにというスタンスなんで、予め方針を示すこととかないもんで。
 ちなみに、argonさんの関係の話は、うちの近所じゃ、しのぶさんちに多いです。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 14/05/2008 à 00:24

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/41177443

Voici les sites qui parlent de ロード・オブ・ザ・ループ:

» なぞの独り言 [PledgeCrewの日記]
おうおうにして、曖昧な「賛同者」は「批判者」よりも危険である。 なぜなら、「批判」の言葉は相手に考えることを強いるが 「賛同」の言葉は警戒心を緩め、考えることを放棄させるからだ。 しかも、それが本当に相手を理解したうえでの「賛同」ではなく その人のきわめて偏... [Lire la suite]

Notifié le le 12/05/2008 à 13:31

» [独語]カフカの世界 [nagonaguの日記]
ずいぶん前*1に、カフカの「変身」を脚色/演出し芝居にした事がある。粉川哲夫さんに唆されて、のめりこんだ結果だった。新潮社のカフカ全集を購入し、手紙から何から片っ端から読み飛ばした。おかげさまで、全集は私の財産になり、いまでも時々読んでいる(少しムリした発... [Lire la suite]

Notifié le le 13/05/2008 à 02:35

» 相対化していることは別に中立でも,ましてや頭が良いわけでもない。 [日々カタログ。 ]
 pokoponのお兄さんが,最近ネットでちょっと話題の「水からの伝言」騒動でい [Lire la suite]

Notifié le le 14/05/2008 à 20:54

« 校長の仕事 | Accueil | 雨上がりの朝 »