« mai 2008 | Accueil | juillet 2008 »

30/06/2008

今日の野良鳥(6月30日)

メジロ メジロ、Zosterops japonicus。
ツバメ ツバメ、Hirundo rustica。
カワセミ カワセミ、Alcedo atthis。
カワセミ 上とは違う個体だが今年生まれの兄弟、まだ彩度が低い。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

27/06/2008

今日の野良鳥(6月27日)

スズメ スズメ、Passer montanus。巣立ち直後らしい。近寄っても飛ばない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ 近年、見かける機会の多くなったノウゼンカズラ。蜂が好むようだ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

25/06/2008

ヘルペスの警備?

立入禁止
立入禁止 夕方に通りがかった池が「立入禁止」になっていた。鯉ヘルペスのためだそうだ。
 さらには、池周辺に警官がいっぱい。兵庫県警、愛知県警、香川県警、徳島県警からも応援が来ているようだ。鯉ヘルペスもたいへんそうだ。
警備車輌

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

24/06/2008

今日の野良鳥(6月24日)

メジロ メジロ、Zosterops japonicus。入浴盗撮。
キジバト キジバト、Streptopelia orientalis。最もよく見かけるがめったに撮らない。
ツバメ ツバメ、Hirundo rustica。巣立ちしてカラになった巣も多いが、こういう巣もある。
ダイサギ ダイサギ、Ardea alba。まだクチバシが黄色い。
アオバズク アオバズク、Ninox scutulata。先々週にも載せたの。
アオバズク
アオバズク
アオバズク 先々週は同じ木の同じ場所にいたのだが、少し離れた木にいた。周囲が騒々しいからか。それで、今日いた木は周囲の葉が少ないので、先々週より別の角度で撮りやすい。
アオバズク
アオバズク アオバズクのウィンク。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

今日の蝶

ツマグロヒョウモン ツマグロヒョウモン、Argyreus hyperbius
ナミアゲハ ナミアゲハ、Papilio xuthus
ムラサキシジミ ムラサキシジミ、Narathura japonica

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23/06/2008

今日のホタル

ヘイケボタル うちの近所まで帰ってきたら、ここ数日、めっきり見なくなったホタルがいたので撮った。他の生物に間違われないよう、ストロボ撮影なので、蛍の光は写っていない。
 帰ってきてから、ホタルも陸棲節足動物なのでカエルさんのお土産にすればよかったかと気付いた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

カラスアゲハ

カラスアゲハ
カラスアゲハ やたらカラスが多い公園だが、カラスアゲハまでいた。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

今日のランチ

 途中の公園でお弁当を食べることにした。
睡蓮 睡蓮が咲いてた「たまご」みたいに撮ろうと思ったけど、距離があって俯瞰しきれず。
弁当 ところがこの公演、やたらと野良猫と野良烏、野良鳩が多い。場所を探し、子供が多くて、野良の方々がいない所で食べた。テキトーに作ってるので弁当の見栄えは悪い。そのうちキャラ弁に挑戦しようかな。
パンダ 薄汚れたパンダを見ながら食べた。綺麗にしても、ドジョウを奇麗にしたり、焦げ付きを繕うより安上がりだと思う。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

GHQ

GHQ マジメに写真を撮る人なら、手前のトラックが通り過ぎるのを待ったり、広角で撮るんだろうが、テキトーに撮ってるのがよくわかる。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

谷間の駅

 いつもは、省線じゃなくて国電JRか営団地下鉄に乗り換えたり、タクシーに乗るところを歩いてみた。
東京駅 マジメに写真を撮る人なら、手前のタクシーが通り過ぎるのを待つんだろうが、テキトーに撮ってるのがよくわかる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22/06/2008

今年の梅はうめ〜か2

梅酒 昨日に取り入れた梅が小瓶分だけ余ったので、今日はジンベースを漬けてみた。
 まだ、木には実が残ってるけど、晴れ間が出てから。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

21/06/2008

今年の梅はうめ〜か1

梅の実 ピンクの方の梅の実がそろそろ取り入れないといけないのだが雨模様。それでも、下から届く範囲のを回収した。
 まず、漬けたのはブランデー。4リットル1瓶と小瓶1つ分になった。
梅酒

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

19/06/2008

ガラスのかえる

ガラスのかえる

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

18/06/2008

今日のトンボ(6月18日)

コシアキトンボ コシアキトンボ、Pseudothemis zonata

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

757日目

モリアオガエル
モリアオガエル▲ アジサイが咲いた。

◀ 天井にぶら下がるやつ。

▼ 床の上にいるやつ。
モリアオガエル

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

愛と覚悟

 あるトコロで、公開した文は、他人がどのようにでも言及することが出来る。他人が勝手に出来ることは、止めてくれと言っても無意味で、つまりは、公開した文はどのように言われるかわからない。その言われたことに対応するしかない。ということを書いた。アタリマエのことだ。
 このことを、「批判される覚悟」と表現した人もいた。それで、その用語をそのまま使ったりもしたのだが、何か落ち着かない。ちゃんと準備を整えて失敗しないようにしたら「覚悟の自殺」と言うけれど、いくらお鍋や調味料をきちんと揃えても「覚悟の自炊」とは言わないわけである。普通は「覚悟」ってのは死ぬの生きるのって場合に使うことが多いわけで、中学生のイジメじゃないんだから、単なる批判だのネットの匿名記事だのに「覚悟」などと言うのはやはりオサマリが悪い。
 いわば、言語感覚の差なんだけど、相手の納得力を引き出すのは、相手の言語感覚に合わせた表現のわけで、その場の主も、覚悟たぁ大層なと思ってそうなので、同じことを違う書きか方で書いたわけである。
 一方で、批判に愛が必要なんて書いてる人もいる。言わんとすることはわかるが「愛」という用語はどうなのかと思う。こちらによかれと思っていろいろ言う人はいるし、大きなお世話だと思っても、無下にはできない。相手に悪意がなく善意だとわかってる場合というのは、迷惑でも何とか穏便にオヒキトリいただきたいと思うわけである。そういう「善意」を「愛」という極めて多様な概念を含む用語で表現するのも何かオサマリが悪いように思う。
 こういう言語感覚にはスタイルの問題もあるのかとも思う。blogには「ごっこ」要素というのがあると思う。映画とかDVDとかの感想を書くのだが、つい「評論ごっこ」化しそうになってしまう。客観視の必要な「評論」ではなく、主観的な見方を説明している感想のわけであるから、何か「評論ごっこ」ぽくなるのは嫌だ。それでも「馬鹿げた見方」の時にはあえて「評論ごっこ」みたいなスタイルにしたりもする。書く内容というか書いてる内容にあわせて、つい「ごっこ」スタイルになって、日常的な言語感覚と離れていくというのもあるのだろうか。
 「批判される覚悟」も「愛ある批判」も、「私自身の言語感覚からするとオサマリが悪い」だけのことで、スタイルなのか言語感覚なのか、理由あってのことだろう。感覚なんて人それぞれだ。読み手の好き嫌いはあるだろうけど、言語感覚の差だとわかってしまえば言いたいことはわかるわけだし、ご自由にされればいいことである。むしろ面白いからいいと思う。
 落語に「延陽伯」というのがあって、「土埃がたって眼に入った」というのを「ドフウ、ハゲしうしてショウシャ、ガンニュウす」、米の置き場所を聞くのに「あーら、わがきみ、しらげのありかはいづくなりや?」なんていう人が出てくるわけだけど、そんな感じ。落語だと、言ってることがわからないもんで「カンヤ、ダンブツのギなり」なんて返事をするわけである。ヤカンと仏壇をひっくり返して。それに対して「批判される覚悟」も「愛ある批判」も言いたいことはわかる。
 ただ、こういうわかりやすい場合だけじゃなくて、単なるスタイルだ、単に言語感覚がズレてるだけということに気付かない場合もけっこうあると思うわけで、こういう参入障壁もあるんだなと思った。

| | Commentaires (2) | TrackBack (2)

17/06/2008

今日の野良鳥(6月17日)

 今日はコシアカツバメ、Hirundo dauricaだけ。
コシアカツバメ ツバメの巣はお椀型だけど、コシアカツバメはトックリ型。なので巣にいる時が撮れないので、飛行中を撮るしかない。
コシアカツバメ
コシアカツバメ
コシアカツバメ 留まっているのもいるのだが、腰の特徴がわかりにくいポーズが多い。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の卵塊

モリアオガエルの卵塊 今シーズンはこれまで見てなかったモリアオガエルの産卵池に行ってみた。新しめのが1個だけ。いつもは十数個あるのだが、すでにシーズンは終わってしまっていて、のんびりしたのが1組だけいたってことだろうか。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

柳花笠星蜂雀

ヤナギハナガサ 最近、ちょくちょく見る花。ヤナギハナガサ、Verbena bonariensisというらしい。ホバリングしながら口先を花に差し込んでいるのはホシホウジャク、Macroglossum pyrrhosticta

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

16/06/2008

布 VS 紙

コーヒーメーカー うちでコーヒーを煎れる時にはコーヒーメーカーを使う。使い捨ての紙フィルターの方式だ。それで、一度にマグカップ1杯と保温ボトル一本分くらいを煎れるわけだ。
 でも1杯だけほしい時もある。その場合は、カップの上に陶製の枠を載せ、紙フイルターを入れて作る。煎れた後にそのままフイルターごと捨てればいい紙フィルターが面倒でなくていい。
 布フィルターもある。主にアウトドア用だ。軽い布フィルターだけあれば作れるわけだし、概ね、流水が豊富なトコロでは洗うのは面倒ではない。
 缶コーヒーのキャッチコピーに「ネル・ドリップ」というのがあるので、布フィルターの方がうまいのだろうか、ふとそう思って、たまたま、今日は布フィルターを使ってみた。
 飲んだら一緒。洗うのが面倒なだけであった。やっぱり、布フィルターはアウトドア専用でいいや。

| | Commentaires (3) | TrackBack (1)

今日の野良鳥(6月16日)

カワセミ
カワセミ
カワセミ カワセミ、Alcedo atthis
シジュウカラ シジュウカラ、Parus major。電線の上で何か食うとる。
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

麦秋

麦秋 昨日の写真のバックにもなっていたように昨日の撮影。関連するエントリーを他所で見かけたので、風景も載せてみた。麦秋というのは初夏のことらしい。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

15/06/2008

今日の野良鳥(6月15日)

ヒバリ
ヒバリ ヒバリ、Alauda arvensis。こいつだけは、留まっている時より飛んでいる時の方がピントを合わせやすい。
ヒバリ ヒバリもこういう所にいると地上でもピントがあう。
ヒバリ ヒバリの親子連れ?
ムクドリ ムクドリ、Sturnus cineraceus
アマサギ アマサギ、Bubulcus ibis
アマサギ アマサギの名前は、亜麻色の長い首を風がやさしくつつむかららしい。
コチドリ コチドリ、Charadrius dubius。お馴染みのイカルチドリより2回りくらい小さい。
オオヨシキリ パンクなウグイスじゃなくて、オオヨシキリ、Acrocephalus arundinaceus
オオヨシキリ
オオヨシキリ オオヨシキリはやっぱり口を開けてないと地味。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

麦わらトンボ

シオカラトンボ シオカラトンボ。雌の方はムギワラトンボと言われるが、麦わらというか麦の上。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

覆面ねこ

覆面猫 バイキンマンというかパーマンというか。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

駅のポスター

MOT 駅に貼ってあったポスター。古田敦也の出身校が何か始めるらしい。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(6月14日)

 14日はでえとで遅くなったので翌日アップ。
イソヒヨドリ イソヒヨドリ、Monticola solitarius。いつもはアンテナや電線上で見かけるが、今日はその近くの線路の上にいた。
カルガモ カルガモ、Anas poecilorhyncha。待ち合わせ場所にいた。
ゴイサギ ゴイサギ、Nycticorax nycticorax

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

13/06/2008

今日の野良鳥(6月13日)

イソヒヨドリ イソヒヨドリ、Monticola solitarius。鳴き声でよく気付くけれど、近所にいるのは建物の上で見かける。
ツバメ ツバメ、Hirundo rustica。留まっているのもよく見かける。
コシアカツバメ コシアカツバメ、Hirundo daurica。こちらは飛んでるところばかり。ピントを合わせきれない。
ゴイサギ ゴイサギ、Nycticorax nycticorax。これくらいデカイと飛んでても撮りやすいのだが。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

日向ぼっこ III

日向ぼっこ 先日とほとんど同じ場所に今日も日向ぼっこをしてる人がいた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鹿(6月13日)

野良鹿  今日見た鹿はなぜか橋下とおるので、ほぼ真上から。
野良鹿
野良鹿 そのまま、河原というか川を歩いてる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

12/06/2008

今年のホタル

ホタル 蛍が飛んでた。毎年、載せているので今年も。
 ちなみに、横方向はホタルが飛んだ軌跡。縦方向のギザギザは手ブレ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(6月12日)

アオバズク アオバズク、Ninox scutulata。一昨日と全く同じ所にいた。一昨日は片脚で留まって、片脚は腹の前の羽毛に隠していたが、今日は両脚で留まっている。撮った時刻が違い右側から陽が当たっているので眩しいのか、片目が小さい。
トビ トビ、Milvus migrans。猛禽類つながり。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の揚羽蝶

ナミアゲハ
ナミアゲハ 昼間に見かけた成虫。アジサイをバックに何かわからん花の周りを飛んでた。

 夜に見かけた幼虫はよその壁を這ってた。サナギになる時は食草から離れるようなので、その途中かも。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

10/06/2008

今日の野良鳥(6月10日)

メジロ メジロ、Zosterops japonicus
コシアカツバメ コシアカツバメ、Hirundo daurica。やっぱり飛んでる燕は捕りにくい。コシアカツバメなのだが、腹側ではよくわからない。
アオバズク アオバズク、Ninox scutulata。青葉の頃にやってきて神社林とかにもよくいるらしい。
アオバズク 昼間は眠いらしい。
アオバズク でも後に回ると、頚を回転させて見る。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ちびヒバカリ

ヒバカリ ヒバカリ、Amphiesma vibakari。スズメはともかく、ムクドリあたりに見つかれば食われてしまいそうな大きさ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日のキノコ

きのこ
きのこ 公園内の林の中に出ていたけど名前は調べてない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

09/06/2008

今日の野良鳥(6月9日)

セグロセキレイ セグロセキレイ、Motacilla grandis。セキレイの幼鳥は種類がわかりにくいが、たぶん。
コゲラ コゲラ、Dendrocopos kizuki。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

日向ぼっこII

カナヘビ 爬虫類に日向ぼっこは必須のようだ。尻尾の長いニホンカナヘビ、Takydromus tachydromoides。ちなみに「報告」したのはアオガエルで知られるシュレーゲルさん。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

京鹿子

キョウカノコ キョウカノコという花らしい。娘道成寺や娘証城寺とは関係ないようだ。
 シカのコではない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

08/06/2008

747日目

モリアオガエル やっと水槽を掃除。
モリアオガエル 最大のでやっと6cm。
モリアオガエル
モリアオガエル

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(6月8日)

ダイサギ ダイサギ、Ardea alba
ゴイサギ ゴイサギ、Nycticorax nycticorax
ゴイサギ ゴイサギ。アタマのてっぺんに毛が三本。

| | Commentaires (0) | TrackBack (1)

07/06/2008

今日の野良鳥(6月7日)

ツバメ ツバメ、Hirundo rustica
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica
カルガモ カルガモ、Anas poecilorhyncha。今の時期の風物詩みたいなの。
カルガモ 別のカルガモ一家。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今年のたまご

モリアオガエルの卵塊
モリアオガエルの卵塊 先日とは別のモリアオガエルの産卵池に行ってみた。冬にルリビタキとジョウビタキが追いかけっこをし、周囲でトラツグミが地面を突いていたところ。
 卵塊が数個あった。鳴き声も聞こえるのだが、ここは葉っぱが茂っていて親は発見出来ず。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

日向ぼっこ

日向ぼっこ 梅雨入りしたのかわかんないけど、晴れ間に川縁で日向ぼっこするお姉さんたち。

| | Commentaires (6) | TrackBack (0)

06/06/2008

今日の野良亀(6月6日)

ツバメ ツバメ、Hirundo rustica。テントの下に巣を作っているのも多く、色合いがいろいろ。

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

跳ぶ魚

オイカワ 池の水面上を低空で、陸棲節足動物が飛んでいるらしく、魚が跳ねていたが何の魚かわからないので、テキトーにアタリをつけて撮ってみた。オイカワのようだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の紫

ハナショウブ
ハナショウブ
ハナショウブ たぶんハナショウブ各種。
Allium giganteum 巨大な葱坊主みたいなの。百合属じゃなくユリ科らしい。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

05/06/2008

今日の野良鳥(6月5日)

キジ
キジ キジ、Phasianus versicolor。モリアオガエルの産卵池の近く。見かけたのは雄だけ。
キジ キジの鳴いてるところ。曇っててシャタースピードが遅い。
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica
ツバメ ツバメ、Hirundo rustica。もう巣立ってる巣もあるが、これは孵ったとこらしく、ヒナが見えない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良蛙(6月5日)

 早朝にモリアオガエルの産卵池に行ってみたが、まだ卵塊はない。今年は遅いのか、降りそうな曇天なのに鳴き声もしてなかった。
モリアオガエル でも雌のモリアオガエル、Rhacophorus arboreusが竹製の欄干の上にいた。
モリアオガエル 体長約85mm。うちのよりだいぶデカイ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

03/06/2008

アゲハのこども

アゲハの幼虫 2週間ほど前は1・2mmだったアゲハの幼虫。上の葉っぱを坊主にして大きくなってる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

742日目

モリアオガエル ガラスは拭いてないけど。小型の2匹。
モリアオガエル 上から。
モリアオガエル 大きめのミントグリーンの。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01/06/2008

今日の野良鳥(6月1日)

カワセミ カワセミ、Alcedo atthis。一昨日とは離れた場所。
コシアカツバメ コシアカツバメ、Hirundo daurica。ツバメより1ヶ月遅れくらいで見かけるようになる。
コシアカツバメ 顔は見えないけど、腰が赤いコシアカツバメ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

つるばら

つるばら

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« mai 2008 | Accueil | juillet 2008 »