« 今日の野良鳥(6月17日) | Accueil | 757日目 »

18/06/2008

愛と覚悟

 あるトコロで、公開した文は、他人がどのようにでも言及することが出来る。他人が勝手に出来ることは、止めてくれと言っても無意味で、つまりは、公開した文はどのように言われるかわからない。その言われたことに対応するしかない。ということを書いた。アタリマエのことだ。
 このことを、「批判される覚悟」と表現した人もいた。それで、その用語をそのまま使ったりもしたのだが、何か落ち着かない。ちゃんと準備を整えて失敗しないようにしたら「覚悟の自殺」と言うけれど、いくらお鍋や調味料をきちんと揃えても「覚悟の自炊」とは言わないわけである。普通は「覚悟」ってのは死ぬの生きるのって場合に使うことが多いわけで、中学生のイジメじゃないんだから、単なる批判だのネットの匿名記事だのに「覚悟」などと言うのはやはりオサマリが悪い。
 いわば、言語感覚の差なんだけど、相手の納得力を引き出すのは、相手の言語感覚に合わせた表現のわけで、その場の主も、覚悟たぁ大層なと思ってそうなので、同じことを違う書きか方で書いたわけである。
 一方で、批判に愛が必要なんて書いてる人もいる。言わんとすることはわかるが「愛」という用語はどうなのかと思う。こちらによかれと思っていろいろ言う人はいるし、大きなお世話だと思っても、無下にはできない。相手に悪意がなく善意だとわかってる場合というのは、迷惑でも何とか穏便にオヒキトリいただきたいと思うわけである。そういう「善意」を「愛」という極めて多様な概念を含む用語で表現するのも何かオサマリが悪いように思う。
 こういう言語感覚にはスタイルの問題もあるのかとも思う。blogには「ごっこ」要素というのがあると思う。映画とかDVDとかの感想を書くのだが、つい「評論ごっこ」化しそうになってしまう。客観視の必要な「評論」ではなく、主観的な見方を説明している感想のわけであるから、何か「評論ごっこ」ぽくなるのは嫌だ。それでも「馬鹿げた見方」の時にはあえて「評論ごっこ」みたいなスタイルにしたりもする。書く内容というか書いてる内容にあわせて、つい「ごっこ」スタイルになって、日常的な言語感覚と離れていくというのもあるのだろうか。
 「批判される覚悟」も「愛ある批判」も、「私自身の言語感覚からするとオサマリが悪い」だけのことで、スタイルなのか言語感覚なのか、理由あってのことだろう。感覚なんて人それぞれだ。読み手の好き嫌いはあるだろうけど、言語感覚の差だとわかってしまえば言いたいことはわかるわけだし、ご自由にされればいいことである。むしろ面白いからいいと思う。
 落語に「延陽伯」というのがあって、「土埃がたって眼に入った」というのを「ドフウ、ハゲしうしてショウシャ、ガンニュウす」、米の置き場所を聞くのに「あーら、わがきみ、しらげのありかはいづくなりや?」なんていう人が出てくるわけだけど、そんな感じ。落語だと、言ってることがわからないもんで「カンヤ、ダンブツのギなり」なんて返事をするわけである。ヤカンと仏壇をひっくり返して。それに対して「批判される覚悟」も「愛ある批判」も言いたいことはわかる。
 ただ、こういうわかりやすい場合だけじゃなくて、単なるスタイルだ、単に言語感覚がズレてるだけということに気付かない場合もけっこうあると思うわけで、こういう参入障壁もあるんだなと思った。

|

« 今日の野良鳥(6月17日) | Accueil | 757日目 »

Commentaires

なんか、ぼやーっと思っただけなんですけど。
「覚悟の自殺」って、その結果を見てから、そう呼ぶ言葉ですよね。
…でも「批判される覚悟」は、結果でも、事前でも有りか。すんません、単なる感想です。


>こういう参入障壁もあるんだな
<
野良鳥、野良蛙が参入障壁の人もいるみたいです。

Rédigé par: 碧猫 | le 19/06/2008 à 01:39

 言語感覚の差なんでしょうけど、普通は「覚悟」って、困難なことや「本来は避けたいこと」に言うんですよね。
ということは「批判される覚悟」という表現を使うこと自体、「批判」に対するネガティブなイメージがあるのかなとも思っちゃうわけです。確かにネット上だと批判ともいえないような「批判」もあるんですけど、「批判」をそういうイメージで捉えてるのなら、「言論とか議論とは無縁の人生を送られることをお勧めします。きっとそれなりに楽しいことでしょう。」http://d.hatena.ne.jp/EMYL/20080617#p1

 写真だけの野良鳥、野良蛙が参入障壁だと、うちの近所には来れないですよね。実物がいますから。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 19/06/2008 à 03:09

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/41568064

Voici les sites qui parlent de 愛と覚悟:

» みんなの『愛論』リンク集 <随時更新中> [世の中を騒がすNewsとOLの考察]
「愛」について書かれた記事がこんなに沢山♪(*^-^*) 嬉しいです♪TBありがとうございます!! ■愚樵空論  ・身体性と精神性の調和 ■そいつは帽子だ!  ・はたらく喜び    ・育てる理由  ・人権を尊重する気がないのなら    ■alice-2008の日記  ・愛?    ■乗りかかった小舟  ・「愛」について   ■光るナス   ・「愛」シリーズ   ■晴耕雨読   ・「愛はすべて「自己愛」である。」     ・「愛は「自己愛」であ... [Lire la suite]

Notifié le le 19/06/2008 à 22:12

» 差別(追記・更新あり) [そいつは帽子だ!]
こんなブログがあるんですよ。 人のことを「白痴」と罵る方を称揚するブログです。 http://taraxacum.seesaa.net/article/100107759.html 地下に眠るMさま、いらっしゃいませ。 コメント、ありがとうございます。 ちなみに、ありがとうと言われたコメントは、これ(>..... [Lire la suite]

Notifié le le 20/06/2008 à 06:44

« 今日の野良鳥(6月17日) | Accueil | 757日目 »