« 今日の野良鳥(1月9日) | Accueil | 昨日今日の野良鳥(1月12日) »

11/01/2009

松竹座1月公演「霊験亀山鉾」(1月10日)

 某「宗家理解者」の今年の歌舞伎見物の目標は「片岡ススヌ君を拝みたい」だそうだが、こちらは早くもクリアーしてしまった。クリアーしたかったわけではないけど。
 さて、6年前の前回の国立劇場での上演も見ているのだけれど、焼き場の場面しか記憶に残っていない。けれども、見ているうちに前回の記憶も戻ってきた。
 初っぱなは飛脚が仇討ち話を聞くシーン。そういや、この飛脚、前回は松三郎さんだったっけ。今回、改め仁三郎は次のシーンで、巻物を松之助さんに渡す役。そして次がススム君が殺されるシーン。見ていないけど、20年前の前々回は我當さんがやってたらしい。
 歌舞伎にしては、ややこしめの話だけど、要するにお父さん3兄弟が「藤田」方で、息子のいとこたちが「石井」方。仁左衛門、秀太郎、孝太郎、段四郎は前回と同じ役。で、前回染五郎がやったヒーロー役が愛之助で、その跡に薪車。芝が扇に。
ハクセキレイ 前回の焼き場の場面しか記憶に残っていないというのが、秀太郎さんが本水の中で逃げ回りながら殺されるシーンが印象的だったから。今回は、あまりにあっさり殺される。この場面、3人が3様に殺されるわけで、せっかく本水を使うわけだけど、やっぱり正月ってことで、あっさりめにしたのか。
 大詰、祭礼の傘鉾を持った「祭の衆」が出てきて、そういや前回、この先頭が松三郎さんだったと思い出す。歌舞伎の公演について書くのなら、主役級を中心に言及すべきだろうけど、仁三郎さんの名題披露公演でもあるので。そして、仁三郎じゃなくて「仁王三郎」で仁左衛門が討たれ、おしまいの口上。
 正月らしくない演し物だけど、松嶋屋を見せる芝居でした。なお、画像は松竹座の隣のすき焼き屋の屋根にいたハクセキレイ。

|

« 今日の野良鳥(1月9日) | Accueil | 昨日今日の野良鳥(1月12日) »

Commentaires

 この芝居の様子は,お正月のNHK教育で少し流れました。松三郎さん,じゃなかった仁三郎さんも良かったですね。
 ススヌさんは殺されますか。というか,また太ったという噂を聞いたんですが,本当ですか? それじゃ波にも乗りにくい。

Rédigé par: 某清純派 | le 12/01/2009 à 19:19

 太ったかはわからないです。というのも、以前どうだったかの印象がないのと、出番が狸忠信をやった人と一緒で太って見えないし。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 12/01/2009 à 23:07

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/43711049

Voici les sites qui parlent de 松竹座1月公演「霊験亀山鉾」(1月10日):

« 今日の野良鳥(1月9日) | Accueil | 昨日今日の野良鳥(1月12日) »