« avril 2009 | Accueil | juin 2009 »

31/05/2009

今日の野良鳥(5月31日)

 今日は、なぜか「り」で終わるのばかり。
ケリ ケリ、Vanellus cinereus
カンムリカイツブリ カンムリカイツブリ、Podiceps cristatus
オオヨシキリ オオヨシキリ、Acrocephalus arundinaceus
ヒバリ
ヒバリ
ヒバリ ヒバリ、Alauda arvensis

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今年も麦秋

麦秋 やはり麦秋はローアングルでないと。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

30/05/2009

今日の野良鳥(5月30日)

 今日は入浴の盗撮。
メジロ メジロ、Zosterops japonicus
ウグイス
ウグイス ウグイス、Cettia diphone
ヤブサメ
ヤブサメ ヤブサメ、Urosphena squameiceps

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

27/05/2009

今日も天狗さま

テングチョウ 今日も見かけたテングチョウ、Libythea celtis。天狗さまは山にいるんだと思っていたが、市街地の石垣に生えた草に留まっていた。もっとも「日本国第一の大天狗」縁の所だったが。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(5月27日)

アオバズク
アオバズク アオバズク、Ninox scutulata。今年もいらした、というか4月にはいらしていたんだけど、留まってる木の周囲での杭を打つ音に驚いたのか、しばらく行方不明になっていた。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

26/05/2009

今日の天狗さまほか

テングチョウ テングチョウ、Libythea celtis。太郎坊や僧正坊じゃなくて、薬師坊のお山の麓にいた。
コミスジ コミスジ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

25/05/2009

今日の野良鳥(5月25日)

ヤブサメ
ヤブサメ
ヤブサメ 山道でヤブサメ、Urosphena squameicepsの群と遭遇。ヤブサメって群を作るとは知らなんだ。薄暗くて撮れない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

24/05/2009

昨日のサナエちゃん

ムカシヤンマ
ムカシヤンマ 昨日に見かけたサナエトンボの類らしきの。名前がわからないので載せてなかったけれど、コメントに期待。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

谷空木?

タニウツギ ここんとこ山道でやたら見かける。タニウツギかと思うのだが「日本海側に多い」らしい。見たのは太平洋側なんだが。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(5月24日)

メジロ メジロ、Zosterops japonicus
キビタキ キビタキ、Ficedula narcissina

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23/05/2009

浅葱斑

アサギマダラ
アサギマダラ ひらひら飛んでたので撮ろうとしているうちに留まってしまった。

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(5月23日)

 トケンの類でもおらんかと思ったが、いつもの。皆遠い。
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides
サンショウクイ サンショウクイ、Pericrocotus divaricatus
サシバ サシバ、Butastur indicus。以前もこの木に留まっていた。気に入ってるんだろうか。
キバシリ キバシリ、Certhia familiaris。これだけは梢の上でなくて、木の向こうから顔を出した。
キバシリ 林間のキバシリ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22/05/2009

今日のモリタマ(5月22日)

モリアオガエルの卵塊
モリアオガエルの卵塊 雨だったので、そろそろかと、帰りに一駅乗り越してモリアオガエルの産卵池に寄ってみた。かなり新しい卵塊がまだ2個だけ。まだ明るかったせいか鳴き声はしない、キビタキが鳴いてたけど。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(5月22日)

チョウゲンボウ
チョウゲンボウ チョウゲンボウ、Falco tinnunculus


チョウゲンボウ
チョウゲンボウ 一緒に撮ったけど載せていなかったのを追加。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の科学

 昭和を象徴する巨人軍・長嶋茂雄選手は「4番打者」。古くから伝わる「四季」「四天王」「四国巡礼」、「四面楚歌」や「四神相応」といった四字熟語から、現代の「アラフォーブーム」まで、日本の文化には4が欠かせません。数学のうえでも、4色問題は格別の難問だったといいます。こどもの日もとうに終わったが、不思議な数「4」を究めてみましょう。
 野球のスーパースターのほとんどは4番打者だ。野球を美しく印象づける数字が4と言えるだろう。例えば長嶋選手も4番だった。その前の4番の川上哲治も、長嶋が衰えた後、4番打者となった王もスターだった。長嶋以前の背番号3の千葉茂が、勝率3割未満の3年連続最下位の監督としか知られていないのとは対照的だ。後に讀賣が低迷したのも、多くの人が「4番不在」を理由にあげているが、背番号3不在をあげるのはよほどの馬鹿だけだ。4つのベースを回って点が入る野球で最も華やかなのは満塁ホームランの4点だし、イチローは4番バッターじゃないが、4割バッターが期待されている。
 数学の世界で4の不思議さが現れているのは「いかなる地図も、隣接する領域が異なる色になるよう塗るには4色で十分」という定理だ。この単純な定理が長年にわたり証明されず、今もコンピューターを駆使しての「力ずく」でしか証明できない。
 この4の不思議な力は、地図でなく、現実の世界が4を基本に出来ているからだろう。世界を東西南北の4方向に分けることは一般的だ。考えてみると北極、南極があるように、南北は絶対的に決まる一方、ひたすら東に行くと、やがて西になってしまうから、別に「東西」「南」「北」の3つでもいいはずだ。なのに4方向にしているのは、4が基本だからだ。春夏秋冬と1年を4分割するのも不思議だ。連続しているのだから、いくつにだって分けられるはずなのに、4分割するというのも、人々が「4」が基本と思っているからで、机の脚だって3本あれば安定するのに、わざわざ4本にしているのと同じだ。
 現在の文化も4が基本になっている。そもそも文明の発祥も、エジプト、メソポタミア、インダス、黄河と、四大文明だ。四大文明に限らず「四大」云々というものは多い。例えば四大都市圏だ。名古屋だけは三大都市圏と言う人もいそうだが、単に人口が多いだけの田舎が入って、複数の政令市を含む北九州都市圏が入らないのは不合理だ。「三大何とか」というのは多くは無理矢理だし、佐賀では祐徳稲荷を、茨城では笠間稲荷を三大稲荷と称しているように、根拠も論理もない。
 釈迦は「生老病死」の4つの苦から脱する教えを始め、キリストの言行はマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4人の記録によって広められ、後の多くの人々の思想的背景になっている。宗教とは無縁のように思われているマルキシズムも、チコ、ゼッポ、グルーチョ、ハーポという、実は5人兄弟だったうちの4兄弟によって作られたものだ。
四大名旦 一方、4人姉妹といえば、マーチ家のメグ、ジョー、ベス、エイミーが世界的には、歌江、照枝、花江の三人姉妹よりもはるかに有名だ。チェーホフの「三人姉妹」があるという反論もあるだろうが、これには「4幕のドラマ」という副題があり、さらに「かもめ」「ワーニャ伯父さん」「桜の園」とあわせて四大戯曲とされている。シェークスピアには四大喜劇と四大悲劇がある。
 そして、4の不思議な力を最も証明しているのは「うらない」だろう。その代表が「四柱推命」だ。何種類もある血液型の中でABO型だけが占いに使われるのも、4パターンに分けられるからだろうし、どんな馬鹿でも4パターンくらいなら覚えられるからじゃなくて、4の不思議なパワーのためだ。最も親しまれている占いツールはトランプだし、それは4種のスートからなる。
 トランプだけでなく、ゲームの世界でも4には大きなパワーがある。四暗刻も四槓子も大四喜も小四喜も役満だが、3だと役満は大三元のみだ。ゆるキャラの中でも「ひこにゃん」が圧倒的に人気を得たのも、カロムという4人ゲームの本場だったからという説がある。もうひとつ、徳川四天王の井伊直政ゆかりのいいにゃんこだからという説もあるが。
 この徳川四天王のように、日本人は、ある場合には、この4の不思議な力を得るべく、四天王という形の臣下を持った、金太郎さんも頼光四天王の一人だ。日本人のルーツは、源、平、藤、橘の4姓だという。
 一方で、4の不思議な力を畏れることもあり、部屋番号などで四号室を避けるということも行われている。これについては「四はシで死に通じる」という俗説があり、確かに日本の音楽には、ドレミの4番目の「ファ」と「シ」を避けたものも多い。でも、それは「ヨン」と読めばすむ話で、現に他の数字は音読みの場合でも「ヨン代目」だとか「ヨ畳半」などと言っている。これは、やはり4の不思議なパワーのせいだろう。
 そもそも自然界の「力」自体が4種類だ。
 

| | Commentaires (6) | TrackBack (7)

21/05/2009

今日の野良鳥(5月21日)

ゴイサギ ゴイサギ、Nycticorax nycticorax。一昨日に見かけた幼鳥が今日もいた。
 ちなみに、ゴイサギが貰った「従五位」というのは、地方議会の副議長クラスのようだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良茸

きのこ
きのこ 名前は調べてない。頭の丸っぽいのと、凹っぽく平らなキノコ。あっちょんぷりけ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

おいで野洲

おいで野洲 昨日に見かけた看板。最大の観光ポイントはこの看板かも。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

20/05/2009

今日の野良鳥(5月20日)

ゴイサギ ゴイサギ、Nycticorax nycticorax。今日は成鳥と遇ったが、茂みの向こう。
モズ モズ、Lanius bucephalus。年中いるが夏は目立たない。
ヒバリ ヒバリ、Alauda arvensis。休耕田の伸びた草の中。
カンムリカイツブリ カンムリカイツブリ、Podiceps cristatus
カンムリカイツブリ 正面顔。頭の上がなんとなくギャオス。
カンムリカイツブリ 抱卵中のカンムリカイツブリ。
ケリ ケリ、Vanellus cinereus。飛びけりというやつ。
ケリ りくにおりるけり。
タマシギ タマシギ、Rostratula benghalensis。休耕田の伸びた草の隙間。
タマシギ タマシギの♂はこっちを向いてくれた。
タマシギ タマシギの♀は顔こそ見せるがケツを向けたまま。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良猿

ニホンザル
ニホンザル 昨日はハチクマが100羽飛んでた。サンコウチョウも鳴いてたという山に行ってみた。で、見たのは猿軍団。Monky! not Abe.

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

19/05/2009

今日の野良鳥(5月19日)

オオルリ
オオルリ オオルリ、Cyanoptila cyanomelana
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ ハヤブサ、Falco peregrinus
ゴイサギ
ゴイサギ ゴイサギ、Nycticorax nycticorax
カワセミ カワセミ、Alcedo atthis

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

今日のトンボ(5月19日)

キイロサナエ
ニホンカワトンボ 名前はまだ調べてない

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

14/05/2009

今日の野良鳥(5月14日)

ヒバリ ヒバリ、Alauda arvensis
アマサギ
アマサギ アマサギ、Bubulcus ibis
アマサギ まだ白いアマサギも混じってる。
オオヨシキリ
オオヨシキリ
オオヨシキリ
オオヨシキリ
オオヨシキリ オオヨシキリ、Acrocephalus arundinaceus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

13/05/2009

昨日・今日の野良鳥(5月12・13日)

シジュウカラ シジュウカラ、Parus major。妙に黒い。
アオバト アオバト、Treron sieboldii
マミジロ
マミジロ
マミジロ
マミジロ
マミジロ
マミジロ
マミジロ マミジロ、Turdus sibiricus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

12/05/2009

今日の野良ちょうちょう

アオスジアゲハ アオスジアゲハ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11/05/2009

エンジュ エンジュだと思うけど、あちこちで咲いてる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

10/05/2009

実写版のドロンジョさま

映画版ドロンジョさま
映画版ドロンジョさま 最近、増えたドロンジョさま。実写映画版のがモデル。
 左のはサイダーの景品。

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

なんじゃもんじゃ

なんじゃもんじゃ 本名は忘れたけど、通称「なんじゃもんじゃ」の木らしい。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

09/05/2009

今日の野良鳥(5月9日)

 今日の連中は、皆、非協力的。
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides
オオルリ
オオルリ オオルリ、Cyanoptila cyanomelana。ほとんどシルエットだったり、茂みの向こうだったり。
キビタキ キビタキ、Ficedula narcissina。♀は薄暗いところ。
キビタキ キビタキ♂に至ってはほとんどシルエットの上に枝に隠れてる。
サンショウクイ サンショウクイ、Pericrocotus divaricatus。上の方ばかり飛ぶ。
サンショウクイ 抱卵中のサンショウクイは茂みの中。
サシバ サシバ、Butastur indicus。あまりに遠い。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

06/05/2009

今日の野良鳥(5月6日)

オシドリ オシドリ、Aix galericulata。買い物ついでに近所の池に寄ったら、まだワンペアだけいた。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

05/05/2009

今日の野良鳥(5月5日)

ヒバリ
ヒバリ ヒバリ、Alauda arvensis
オオヨシキリ
オオヨシキリ オオヨシキリ、Acrocephalus arundinaceus
キジ
キジ キジ、Phasianus versicolor
チュウシャクシギ
チュウシャクシギ チュウシャクシギ、Numenius phaeopus
タシギ
タシギ タシギ、Gallinago gallinago
ムナグロ
ムナグロ
ムナグロ ムナグロ、Pluvialis fulva
ムナグロ まだ黒くなっていないムナグロと一緒にいる、まだ黒くなっていないハマシギ、Calidris alpina
ハマシギ ハマシギはだいぶ小さいので、草に隠れがち。
アオアシシギ
アオアシシギ アオアシシギ、Tringa nebularia
アオアシシギ・ダイゼン アオアシシギと同じくらいの大きさの嘴の短いのがいた。ダイゼン、Pluvialis squatarolaのようだ。
ダイゼン
ダイゼン このダイゼンも腹黒くなるようだが、まだ全くなっていない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日のC56

C56 電車に乗ってたら蒸気機関車が走ってるのが見えた。
C56 田んぼで野良鳥を見てたら通過。
C56 同じく。鳥用のレンズなのでフレームからはみ出す。なので、これは3枚の画像を貼り合わせている。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04/05/2009

今日の野良藤

フジ 栽培してあるのより短い。

| | Commentaires (2) | TrackBack (1)

03/05/2009

今日の野良鳥(5月3日)

ツバメ ツバメ、Hirundo rustica
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica
シメ シメ、Coccothraustes coccothraustes
アカハラ
アカハラ
アカハラ アカハラ、Turdus chrysolaus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

02/05/2009

昨日・今日の野良鳥(5月1・2日)_2

ユリカモメ ユリカモメ、Larus ridibundus。しっかり頭が黒くなってる。
アマサギ アマサギ、Bubulcus ibis。しっかり亜麻色が出てきている。
ケリ ケリ、Vanellus cinereus。 
タシギ タシギ、Gallinago gallinago
ムナグロ ムナグロ、Pluvialis fulva。胸の黒くないのや、腹黒いのや、タシギもいた。
ムナグロ ムナグロだけ。
アオアシシギ
アオアシシギ アオアシシギ、Tringa nebularia。脚は碧くない。
タカブシギ
タカブシギ タカブシギ、Tringa glareola
チュウシャクシギ
チュウシャクシギ チュウシャクシギ、Numenius phaeopus
オオソリハシシギ
オオソリハシシギ オオソリハシシギ、Limosa lapponica

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

昨日・今日の野良鳥(5月1・2日)_1

マヒワ マヒワ、Carduelis spinus。珍しく1羽だけでいた。
イスカ
イスカ イスカ、Loxia curvirostra。ほとんどシルエットだったので、昼のイスカ撮りも半端に終わった。
サンショウクイ サンショウクイ、Pericrocotus divaricatus
サンショウクイ サンショウでなく蜘蛛の巣をつっついてた。
サンショウクイ 新居制作中だったようだ。
ヒバリ ヒバリ、Alauda arvensis
キジ キジ、Phasianus versicolor
キジ キジだとわかるけど、ケツ写だけじゃあんまりなので、と思ったけど、今度は尻尾が写ってない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

5月1日の夕陽

夕日

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01/05/2009

今日の野良貂

ホンドテン 路上で寝てた。
ホンドテン 近づくと起きた。ホンドテンのようだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« avril 2009 | Accueil | juin 2009 »