« juillet 2009 | Accueil | septembre 2009 »

31/08/2009

今日の野良鳥(8月31日)

メボソムシクイ メボソムシクイ、Phylloscopus borealis
コルリ
コルリ
コルリ コルリ、Luscinia cyane。一昨日のよりは青っぽいけど、あんまり青くない。
コルリ コルリの右はスズメ。
コルリ
コルリ 別のコルリ、やや青っぽい。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

30/08/2009

今日の野良鳥(8月30日)

メジロ
メジロ メジロ、Zosterops japonicus
ヤマガラ ヤマガラ、Parus varius
キビタキ
キビタキ
キビタキ
キビタキ
キビタキ キビタキ、Ficedula narcissina。♂。
キビタキ
キビタキ
キビタキ たぶん、キビタキ。
キビタキ
キビタキ このあたりになるとキビタキか青くないオオルリかわからん。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日のトンボ(8月30日)

ミルンヤンマ

▲      ▼
ミルンヤンマ
ミルンヤンマ 暗いとこにいて、撮れてないけど。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

29/08/2009

今日の野良鳥(8月29日)

 昨日と同じ種類。
チュウサギ チュウサギ、Ardea intermedia。近所ではあまり見ないのだが。
コルリ
コルリ 青くないコルリ、Luscinia cyane

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

28/08/2009

今日のだしはだし入りだし

だしソーメン 今日はソーメンのだしに山形風の「だし」を入れてみた。山形の「だし」は出し汁でもなく、お祭りの時に引っ張り回すものでもなく、野菜のみじん切りと刻み昆布と削り節を酒と醤油で漬けたもの。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(8月28日)

アオサギ アオサギ、Ardea cinerea
ダイサギ ダイサギ、Ardea alba
チュウサギ チュウサギ、Ardea intermedia
コサギ コサギ、Egretta garzetta
 並べると、こんなに違うのに、という感じだが、単独で見ると見分けがつかないことはよくある。違う種でさえ。
イソシギ イソシギ、Actitis hypoleucos。行水中。
イソシギ イソシギとイカルチドリ、Charadrius placidus。やっぱり、並べるとずいぶん違う。
コルリ
コルリ コルリ、Luscinia cyane。青くないけど。もう渡りの季節のようだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

27/08/2009

今日のトンボ(8月27日)

 いつもより奥地だけど、鳥はいつものようなのしかおらず、それに木の上ばかりだったので、トンボだけ。クイズ形式にしてみた。出題者も正解がわかってないのもあるけれど。 
オオルリボシヤンマ
オオルリボシヤンマ
オオルリボシヤンマ 飛ぶ時には、なかなか止まってくれない。やっと留まったら暗いところで、撮りにくかった。
a.アオオニヤンマ。
b.ペキオニヤンマ。
c.オニヨリコワイペキニャンマ。
d.a〜cのどれでもない。
タカネトンボ
タカネトンボ 逆光で、止まってくれないのでわかりにくい。
a.ギンサナエ。
b.シオカラサナエ。
c.ダイガクノートノウラビョウシノサナエ。
d.a〜cのどれでもない。
ネキトンボ
ネキトンボ 近所にいるショウジョウトンボと似ているが微妙に違う。
a.ショジョトンボ。
b.ショウジョトンボ。
c.ショウジョウジトンボ。
d.a〜cのどれでもない。
ヒメアカネ
ヒメアカネ 頭の飾りがないのでわかりにくいけれど。
a.ヒメアカネ。
b.マイコアカネ。
c.マイコーアカネ。
d.カビジョウアカネ。
ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ サギソウと一緒に写そうと思ったが、足許が悪く三脚も立てられず絞り込めなかった。でも、このトンボは1円玉と一緒に撮る風習があるらしい。
a.1円より小さいハチジュッセントンボ。
b.単位は省略してハチジュウトンボ。
c.10万倍してハッピャクマントンボ。
d.さらに100万倍のハッチョウトンボ。
オオイトトンボ
オオイトトンボ モノサシトンボ、アオモンイトトンボ、アジアイトトンボに似ているが微妙にどれでもなさそう。
a.モノホシトンボ。
b.パチモンイトトンボ。
c.ヒガシアジアイトトンボ。
d.a〜cのどれでもない。
オオアオイトトンボ 池ではなく、湿地の近くの林の中にいた。
a.上のイトトンボの♀。
b.タイスウモノサシトンボ。
c.エンキンホウモノサシトンボ。
d.a〜cのどれでもない。。

| | Commentaires (9) | TrackBack (0)

26/08/2009

今日の行水盗撮

ヤマガラ ヤマガラ、Parus varius
エナガ
エナガ エナガ、Aegithalos caudatus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

牛丼

 そういえば、しばらく牛丼を食べていない。そういう人は多いはずだ。
 BSE問題で、アメリカ産牛肉の輸入が止まり、牛丼の販売が中止された。その後に輸入再開されたものの、あるチェーン店は「安全性が確認されてない」と使用しなかった。そう言われている牛肉を無理に食べることもないし。実際のリスク云々というよりも、あの松岡農水相がなぜか唐突に「日本食の認定」なぞと言いだし、輸入再開を求めていた外食チェーンの業界団体の人が委員となって、農水省の天下りの受け皿になりそうな団体を作ろうとしたという一連の動きに嫌気がさしたってのが実のところだが。
 さて、「安全性が確認されてない」と言ってた方のゼンショー・グループの「すき家」だが、こちらは、残業代の割増賃金が不払いだと労働基準法違反の疑いで同社を告訴した店員を、「どんぶり5杯のご飯を無断で食べた」と窃盗の疑いで告訴するという、報復というかせこい嫌がらせとしか思えないようなことをしたわけで、以来、ゼンショー・チェーンは絶対に避けるという人も多いだろう。
 かくて、牛丼を食べさせる店は多いが、入る気にならないという状況だ。
 でも、牛丼というのは、こういう店で売っているだけではない。先日に淡路島に行ったのだが、島の名産はタマネギと牛肉だ。それで淡路島牛丼というのが、島のあちこちで食べられる。島内産の材料を使うという共通点のみで、内容は店によって違う。しかし、昼食後に島に着き、夕食前に島を発ってしまって、食べていない。
 そういう経緯で、しばらく牛丼を食べていないが、食べてみたい、と思い、作ってみた。
牛丼 牛細切れの脂分の多いトコとタマネギのみじん切り、ショウガ少々を白ワインでコトコト煮込んでだしを作る。
 そのだしを濾したものと醤油で、残りの牛肉とタマネギを煮込んで具にした。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

25/08/2009

今日のトンボ(8月25日)

ギンヤンマ ギンヤンマ。産卵中。
トンボ 逆光でよくわからない。見た目はオオシオカラトンボの♂っぽいけど、産卵してる。
アオモンイトトンボ
アオモンイトトンボ
アオモンイトトンボ
アオモンイトトンボ
アオモンイトトンボ
アオモンイトトンボ アオモンイトトンボ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

つくつく法師

ツクツクボーシ

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

24/08/2009

今日の野良鳥(8月24日)

ダイサギ ダイサギ、Ardea alba
コサギ コサギ、Egretta garzetta
イカルチドリ イカルチドリ、Charadrius placidus
イソシギ
イソシギ イソシギ、Actitis hypoleucos

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日のトンボ(8月24日)

シオカラトンボ? シオカラトンボのようだけど、妙に羽が茶色いし、微妙に違ってる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23/08/2009

今日の野良鳥(8月23日)

 今月になってご無沙汰してた近所の山麓。腹黄色いの。
ヤマガラ ヤマガラ、Parus varius
キセキレイ キセキレイ、Motacilla cinerea
キビタキ
キビタキ
キビタキ
キビタキ キビタキ、Ficedula narcissina

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

21/08/2009

今日の野良鳥(8月21日)

カワセミ カワセミ、Alcedo atthis。♀。繁殖、子育てが終わって分散してきている。
カワセミ 同じカワセミの♀だが、やや上流にいた。移動したんじゃなく、違う個体。
イカルチドリ イカルチドリ、Charadrius placidus
ゴイサギ ゴイサギ、Nycticorax nycticorax。幼鳥。いわゆるホシゴイ。
ササゴイ 似てるが、こっちは若いササゴイ、Butorides striatus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日のトンボ(8月21日)

ウスバキトンボ アカネちゃんかと思ったが、ウスバキトンボか。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

20/08/2009

今日のトンボ(8月20日)

マユタテアカネ
マユタテアカネ うちに来てたアカネちゃん。羽の柄が違うので、違う種類と思ったが、両方、マユタテアカネのようだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

19/08/2009

今日の野良鳥(8月19日)

コシアカツバメ
コシアカツバメ コシアカツバメ、Hirundo daurica。ツバメの中に混じっていてもわかる。サナエちゃんやアカネちゃんよりわかりやすい。
セグロセキレイ セグロセキレイ、Motacilla grandis

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日のトンボ(8月19日)

 昨日に撮ったのはコオニヤンマのバリエーションのうちかと思い、今日は近所でコオニヤンマを見かけたら、一通り撮ってみた。
コオニヤンマ
コオニヤンマ
オナガサナエ
コオニヤンマ 後で見ると、コオニヤンマとちゃうのが混じってるような。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

18/08/2009

今日のトンボ(8月18日)

ナツアカネ この2種の違いはわかるようになった。たぶんナツアカネ。
アキアカネ で、こっちがアキアカネ。
 そういえば昔、カビジョウアカネ、遊ぼうよ、って歌があった。
オニヤンマ これもわかる。オニヤンマ。
コオニヤンマ オニヤンマと思って撮ったが違うようだ。で、小顔だからコオニヤンマかと思ったが、胸の前半の模様が微妙に違う。ということで、わからん。

| | Commentaires (7) | TrackBack (0)

17/08/2009

今日のトンボ(8月17日)

ギンヤンマ 銀というか水色のとこがないけどギンヤンマだろう。産卵中のようなので♀だろう。
オナガサナエ 近くの路上にいたサナエちゃん。近所によくいるコオニヤンマかと思ったが頭の後ろの模様が違う。
リスアカネ 羽の先端に色があるアカネちゃん、先日のはのしめカンタービレだったけど、微妙に違う。リスアカネかな。
アオモンイトトンボ たぶんアオモンイトトンボ。うちの近所にはアジアンよりアオモンが多いようだ。
アオモンイトトンボ で、同じとこにいたこれが♀か?
クロイトトンボ たぶんクロイトトンボ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(8月17日)

カワセミ カワセミ、Alcedo atthis。♀は久々かも。
カワセミ こちらのカワセミは♂の子どものようだ。
スズメ スズメ、Passer montanus。大きさ比較用。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日のソーメンつゆ

トムやんくんソーメン インスタントのトムヤンクンをそのままソーメンつゆにしてみた。インスタントなので具が寂しいので、冷凍剥きエビをチンしたもの、フクロタケがないのでマッシュルーム、コリアンダーと大葉の切れっ端を足している。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

15/08/2009

昨日・今日のトンボ(8月14・15日)

 14日にお出かけ先で撮った分。
ウチワヤンマ ウチワヤンマか。
コフキトンボ シオカラトンボっぽいけれど、やや小型。この色のが大量に飛んでて、ムギワラトンボが近所にいなかった。
アジアイトトンボ アオモンイトトンボと思う。


 近所の。変わりばえしないけれど。
コシアキトンボ コシアキトンボ。黒いところが写るようにすると白いところが飛ぶ。
ウスバキトンボ 側面が写っているので判定しやすい。判定できる人にとってはで、私はわからん。それよりも脚が4本だと思って他のを見たら、けっこう4本脚が多い。
ベニイトトンボ 赤い糸。ベニイトトンボ。
キイトトンボ 黄色い糸。キイトトンボ。
イトトンボ 緑の糸はわからん。
モノサシトンボ
モノサシトンボ 青い糸で。やや大きめのはモノサシトンボか。飛んでる時に白いものを抱えているように見える。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

昨日・今日の野良鳥(8月14・15日)

コサギ コサギ、Egretta garzetta
カワウ カワウ、Phalacrocorax carbo
ヒシクイ ヒシクイ、Anser fabalis。越夏中で換羽中。
カンムリカイツブリ カンムリカイツブリ、Podiceps cristatus
カワセミ
カワセミ
カワセミ カワセミ、Alcedo atthis

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の殿様

トノサマガエル トノサマガエル。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

13/08/2009

今日のイトトンボ(8月13日)

イトトンボ 碧の。
アオモンイトトンボ 尻だけ青い。アオモンイトトンボ?
イトトンボ 胴体の柄は似てるけど、色が違う。
ベニイトトンボ
ベニイトトンボ
ベニイトトンボ
ベニイトトンボ 赤いの。ベニイトトンボ?「希少種」にしてはやたらにいるし、微妙に違うのもいるような気もする。

| | Commentaires (7) | TrackBack (0)

12/08/2009

今日の野良鳥(8月12日)

ゴイサギ ゴイサギ、Nycticorax nycticorax
カワセミ
カワセミ カワセミ、Alcedo atthis。子どもは、やや腹黒い。
ヤマセミ
ヤマセミ
ヤマセミ
ヤマセミ ヤマセミ、Megaceryle lugubris
ヤマセミ
ヤマセミ ヤマセミの親子。
ヤマセミ ヤマセミの子ども。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

今日のトンボ(8月12日)

オニヤンマ
オニヤンマ オニヤンマだろう。
シオカラトンボ たぶんシオカラトンボ。
シオカラトンボ 似てるが、微妙に違うの。
トンボ ショウジョウトンボっぽい。
イトトンボ わからん。
クロイトトンボ たぶんクロイトトンボ。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

鷺草

サギソウ 鷺に見えないこともない。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

11/08/2009

豚茄子ソーメン

 近所の畑の婆ちゃんがナスを採り入れてるところに遭遇し、ひとつ貰った。それでよそ様でみたソーメンだしをアレンジして試してみた。
豚茄子ソーメン 刻んだナスと豚ミンチをゴマ油で炒め、そこにソーメンつゆとおろしショウガ、とんがらしと酢を少し入れた。ソーメンにぶっかけてから、刻んだ大葉を散らした。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

10/08/2009

鯉のあらい

 鯉の洗いが売ってた。鯉というのは大名魚と言って、昔は大名よりあがらなんだそうなので、買ってみた。
鯉の洗い 当然、青菜を堅う絞ってごまでも振って添えてみた。なぜか、おからの炊いたんも追加。
 飲み物は、もちろん味醂を焼酎で割ったもの。井戸で冷やさないといけないが井戸がない。冷蔵庫で間に合わせた。

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

ちょっと買い物

 今から朝食と新聞を買いに行く。
 土曜日に新聞を止めた。いつまでというから、高校野球が終わる(正確には、その翌日)までと答えておいた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ろんりてきしこう

 この方は「あなたはろんりてきしこうができてない」といわれるらしい。ご本人は「褒め言葉かもしれないと思い始めた」らしいけれども、やっぱり、ろんりてきしこうができない、よりもできる方がいいだろう。そこで、なぜ、ろんりてきしこうができないのか、この方がいわれた例とは違うかもしれないが、思い当たった「ありがち」な例をまとめてみた。

 まず、ろんりてきしこうができないというより、しこうそのものをしようとさえしないのではないか。
 地底人は友好的か攻撃的か、誰か知ってる人はいるだろうか、おそらくいないだろう。ということは、どちらの可能性も考えるべきである。従って、地底人の攻撃に備える必要がある。攻撃に備える必要がないというのは、友好的であるという前提がなければ成立しない。つまり、友好的か攻撃的かという出発点のしこうさえしていないのである。

 次に、ろんりてきしこうには、ろんりだけでなく、最低限のじじつにんしきも必要だ。彼はO型だ、私はB型だ、従って、つきあえばいい、というのはろんりてきだ。でも、O型の男性とB型の女性は相性がいいということを知っていなければ、このようなろんりてしこうはできない。
 例えば、電子機器を作る場合でも、半導体ひとつひとつを組み立てていくことはない、ある程度に半導体が集積された部品を使う。このように、ろんりてしこうには、ろんりをひとつひとつ組み立てるのではなく、じじつやていせつを使うことがある。ここでは、血液型を例にしたが、真弓先生や東中野先生の説でもおなじことだ。そういう基本を知らないとろんりてきしこうができない。
 別に、こういうちしきを得るのは難しいことではない。マンガにもなってるし、本を読まなくたってネットでも得ることはできる。専門書なんか読む必要はない、読んでもかえって混乱するだけだ。

 さらに、ろんりというものがわかっていない。「pならばq、qならばr、ならば、pならばrである」というのはろんりてきしこうの初歩だ。「タマはニャーとなく、ニャーとなくのはネコだ、ならば、タマはネコだ」ということだ。同じように「野球はスポーツだ、スポーツは外来語だ、ならば、野球は外来語だ」「関西の肉じゃがは牛だ。牛は角を持つ、ならば、関西の肉じゃがは角を持つ」というのは、三段跳び論法と言ってろんりてしこうの基本だ。
 これは、最初にあげた方より、むしろ、ちょちょんまげさんに理解してほしい。「スポーツ」や「牛」でなくて「科学」について、お友達のろんりてきしこうを理解するには必要なことだから。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

09/08/2009

城内実の件(追記あり)

 城内実が、眞鍋かをりさんの名前や写真を盗用というか勝手に使ったという件については、いろんな所で言及されているんで、今更、書くこともないのだが、不思議に思ったこと。
 城内側は「ポスターを撤去するつもりはない」そうだけど、タレントの肖像というのは財産価値があるわけだから、当然に使用料を請求されることや、真鍋さんがポスターに使われたことで、既にタレント活動に支障をきたしているわけで、その損害賠償を請求されることも考えているんでしょうね。
 さらには、”ポスターに記載している演説会への参加については「後ほど依頼する予定だった」としている。”らしいけど、その演説会って、ポスターに載せてるわけだし、日時も決まっているんですかねぇ。真鍋さんのスケジュールも確かめずに「後ほど依頼する予定だった」のでしょうか。さらには「後ほど依頼」して何とかなるほど、真鍋さんはヒマだと思ってたんでしょうか。
 そもそも無断使用も問題だけど、その後の言い訳で、余計に墓穴を掘っている。この上は、さらに「信念を貫いて」自滅していただきたいものだ。


 以上が、7月31日にアップした分。
 その後、許可は貰った、いや、出してないとか食い違いがあるようだ。それで、城内側のいい分を全面的に信用すると、こういうことになる。
 城内実は、誰も支持しない真鍋さんが、支持してくれていると一方的に思いこんで、本人や事務所でもない第三者に写真掲載を依頼し、参加のオファーさえしていない演説会のポスターを作って貼った。
 城内側のいい分を全面的に信用するとマヌケな話としかいいようがない。城内は耳かきやに行ってはいけない種類の人のようだ。もちろん、言い分が食い違っているということは、ウソという可能性もあるだろうし、マヌケなのかウソつきなのかはわからない。
 ところで、誰か、城内実が外務省に入ったのは、公務員試験でか、外交官試験でか御存知ないでしょうか。

| | Commentaires (5) | TrackBack (1)

07/08/2009

今日のトンボ(8月7日)

コオニヤンマ 大きめだからオニヤンマと思ったけれど、背中の模様が微妙に違う。
オオシオカラトンボ 直前まで繋がってた、シオカラっぽいトンボ。
ヒメアカネ
ヒメアカネ 先日は判定のつかなかった2回り小さなアカネちゃん。同じとこにいたし、同じ種類だろうと思う。
ノシメトンボ
ノシメトンボ 先日には見かけなかったアカネちゃん。


 追記
 ヒメとマイコの違いは、頭の飾りがあるとわかりやすいということで、画像を追加。
ヒメとマイコ 

| | Commentaires (5) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(8月7日)

 今日も、先日のお山だが、午後に用事があって、早々に引き上げ。
カワガラス
カワガラス
カワガラス カワガラス、Cinclus pallasii
カワセミ
カワセミ カワセミ、Alcedo atthis
キバシリ
キバシリ キバシリ、Certhia familiaris
コガラ ヤマガラとコガラの団体さんの中に、ヤマガラの子どもともコガラともわかりにくいのがいた。
コガラ この角度だとコガラ、Parus montanusのようだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

06/08/2009

最近のキノコ

 雨が多かったので、やたらによく見かけるが、目立ったやつだけ。
キノコ
キノコ
キノコ 

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

04/08/2009

今日のトンボとか(8月4日)

オニヤンマ でかいの。
ヒメサナエ
ヒメサナエ 柄は似てるが、はるかに小さい。近所のサナエちゃんより小さく、イトトンボかと思ったくらい。
オオシオカラトンボ
シオカラトンボ シオカラトンボに見えても、実はいろんなのがいるらしい。
ナツアカネ
アキアカネ たくさんいた、オレンジの。
トンボ 色合いは似てるけれど、近所のアカネちゃんより2回りばかり小さい。
ミヤマカワトンボ
ミヤマカワトンボ 羽は似てるが胴体が微妙に違う。


カラスアゲハ タイトルの「とか」はこれ。同じとこにいたカラスアゲハ。

| | Commentaires (8) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(8月4日)

 今日は、近所の山麓でなくて、もうちょい奥まった山。昨夏は何度か行ったのだが、今年はながめせしまに今日が初めて。
キセキレイ キセキレイ、Motacilla cinerea
カワガラス カワガラス、Cinclus pallasii
アオゲラ アオゲラ、Picus awokera。ペアでいた。
アオゲラ 別のところにいたアオゲラ、お天気が良すぎるとコントラストが付きすぎる。
アオゲラ ペアの片割れのアオゲラ。曇ってくると空がバックで色が出ない。
キバシリ
キバシリ キバシリ、Certhia familiaris。滋賀県に行かないといないと思っていたが、地元というか市内にもいた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良蛙(8月4日)

モリアオガエル 昨晩に上陸したばかり、という感じのモリアオガエル。
ヒキガエル ヒキガエルだとは思うのだが。
ヒキガエル でも、渓流の岩の上にいた。ヒキガエルが雨で増水して流されてきたのか、ナガレヒキガエルなのか不明。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

03/08/2009

今日の鶏はむ

鶏ハム 先日も紹介したが、ジップロックに入れてお湯にドボンする鶏はむを最近はオレンジ仕立てにすることが多い。それで今日は、漬けたオレンジジュースを多い目にし、先日のトマトソース同様にバジルを足して、サラダのドレッシングにもしてみた。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

02/08/2009

女性の方が立候補しやすいという問題

 国会議員の女性の比率は12.3%だそうだ。それで衆議院に関していえば、前回選挙で43人が当選し、9%だったそうだ。立候補者では147人で女性の比率は13%。従って、女性の当選率は29%。ちなみに男性では42%だ。
 ここ10年、衆参両院とも、立候補者に占める女性の比率よりも、当選者に占める女性の比率が下回っている。
 これを、女性の立候補者の方が当選する率が低い、というのは事実ではあるが厳密には違う。より正確に言うのならば、当選する可能性が低い立候補者に女性の比率が高い、ということになる。
 正確なデータはないが、奇矯な政見を持つ、いわゆる泡沫候補には男性が多いように思える。にもかかわらず、このような結果になるのは、所属政党の支持層などの関係で、公認候補が当選する可能性が低い選挙区に女性候補を立てる比率が高いからだろう。
 その理由は簡単だ。立候補や議員活動のための休職が一般的じゃないからだ。女性の方が選挙活動をする時間がとれるからだ。立候補者の生活の面倒をどのくらい政党が見るかは知らない。けれども、ある程度は見るとすると、その負担はたぶん女性の方が少ないからだ。
 選挙活動は「公共の場」での社会活動だ。その種の活動をしているのは女性が多いと思う。うちでも、回覧板を持って来るのはたいてい女性だし、PTAや町内会への参加率も女性が高いだろう。男性の方は、勤務という「私的活動」を通じてしか社会活動をしていないことが多い。
 ややこしい書き方をしてきたが、単純に書けば、当選の見込みがないのに選挙に出るには、女性の方が何かと支障がないし、安く上がるから都合がいいということだ。それは「ぶっちゃけ、日本では女性の方が貧乏になりやすい」のと同じ背景から来ているのだ。
 別に、そういう政党がよろしくないという意味ではない。そういう社会だから、政党もそうせざるを得ないわけである。
 女性の議員比率が日本は低すぎるようだ。なので、この格差は何とかしなくちゃいけない。そして、女性の方が立候補しやすいという状況もその背景にあるし、問題なんじゃないの。

| | Commentaires (6) | TrackBack (0)

01/08/2009

叡電デオ300

叡電デオ300 コンビニとかで売っていた電車の玩具で、モデルは今の叡山電車、元の京福電鉄のデオ300。
叡電デオ300 それで、電動化などパーツを交換してちょっと加工してみた。もう1台あるんで、そっちはもうちょい加工度をあげるつもり。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« juillet 2009 | Accueil | septembre 2009 »