« かぶとえびの煮物 | Accueil | 温室効果ガス削減の経済効果 »

17/11/2009

なぞなぞのなぞ

 こういうのを見かけた。なぞなぞのすすめに好意的なコメントがあり、皆さん、なぞなぞがすきそうだ。
http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/13dd53e2a9a923aa982b853766c1c850
 元の文に載ってるナゾナゾだが、「使う時しまって、使わない時使う物は何だと思いますか?」の回答は「お風呂のふたですよ」だそうだ。
 このナゾナゾでは、同じ「使う」というコトバでふたつの場合が表現されている。風呂「全体」を使うのと、風呂のふたという「その部分」を使う場合だ。
 こういうパターンは風呂のふただけじゃない。ボトルキャップだって、ボールペンのキャップだってそうだ。
 道具は使わない場合には収納されることが多い。そうすると収納に使うものは、すべて答えになる。洋服のハンガー、刀の鞘、布団収納用の空気抜き。
 これらは「何を」使うかが別の場合だったが、「誰が」使うかが別の場合でも回答になる。
 元の例は「お見合いの場で、男女二人きりになり、どう会話を進めたらいいかまごついているとき」だそうだが、「おつきあいしだして、男女二人きりになり、どう切り出したらいいかまごついているとき」なら、
 「いつも使っているのに、使う時には使わない物は何だと思いますか?」「すみません。わかりません。」「あなたのパンツですよ」というと、それこそ破顔一笑、それをキッカケに「面白い方だ」と思って、・・・・・くれないか。
 このように、なぞなぞというのは、「言語で表現されるモノ」としては異なっているのに、「言語による表現」は同一になっている、つまり実態と言語という異なった位相を、意図的に混同することで回答が得られるわけである。
 誰だって、言語で記述された問題については、「言語で表現されるモノ」という位相の中で回答を得ようとする。物事を考えるということは、本来、そういうことだから。その位相を超越することでなぞなぞは成立するわけである。
 「私は常にウソを言う」のパラドックスと同じで、「ウソを言う」という実態と「ウソを言う」言語表現とは異なる位相にある。
 そうすると、なぞなぞが得意な人には2種類があるんじゃないかと思いあたった。一方は、そもそも物事を考えるにあたって、位相や系を無視する人、もう一方は、物事を考えるにあたって、位相や系をふまえて、メタレベルでの検証を行いながら考える人だ。
 雪原をスキーで歩く場合、隠れてはいるが道の上を歩くというのが一般的なら、元の地形を何も考えずに最短距離を歩く人と元の地形をわかった上で、畑の上を行った方が近いと歩く人みたいな。前者は肥だめに落ちたりもする。
 さて、トンデモさんについて回るのが論理の飛躍だ。論理というのはひとつの位相なり系の中で成立するものだ。だからトンデモさんの多くは、思考にあたって、位相や系を無視する人だ。って、決めつけちゃってるけど、この件については前にも書いてるし。
 そして、トンデモさんをそのままトレースするんじゃなくて、その位相や系のねじれがわかれば、トンデモさんのトンデモぶりがわかるわけである。
 そうすると、ナゾナゾが好きな人というのは、おそらく、トンデモ説に陥りやすい人と、トンデモ説にだまされにくい人のどちらかの傾向があるんじゃないかと思いあたった。
 それは、最初にあげたブクマが証明してくれてる通りだ。

|

« かぶとえびの煮物 | Accueil | 温室効果ガス削減の経済効果 »

Commentaires

食べられないカブトエビをおいしく食べる方法はなーんだ?

蕪とエビを炊き合わせる、ってのもなぞなぞですね。

Rédigé par: kuroneko | le 17/11/2009 à 10:21


食べられない祖父とクリームをおいしく食べる方法はなーんだ?

Rédigé par: Kakinoki | le 17/11/2009 à 12:22

かぶとえびに続いて、謎謎縁鶏を鶏揚げておられ仰天した次第です。
ボクもトンデモさんだと謂うことが明らかになりました。
どうもありがとうございます。
(お気づきとは思いますが、どらねこです。常連様と紛らわしいと思い、ハンドル変えております)

Rédigé par: prodigal cat | le 17/11/2009 à 13:09

 かぶとえびの煮物の出所は、なぞなぞが好きという人ですから。
 なぞなぞにするには、最初から「祖父と」じゃなくて「お爺ちゃんと」にしなきゃ。
 「頭に暗雲」先生は、トンデモに騙されない人の方ですか。ちなみにProdigal_Sonって人もいるんですが、うちじゃ別の名前を使ってるんで、紛らわしくはないか。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 17/11/2009 à 15:18

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/46785185

Voici les sites qui parlent de なぞなぞのなぞ:

« かぶとえびの煮物 | Accueil | 温室効果ガス削減の経済効果 »