« 今日の野良鳥(12月31日) | Accueil | とら »

31/12/2009

牛後というか牛尾

鶏頭 鶏頭…
牛テール 牛尾というのは間違いで、正しくは「鶏口牛後」なのだが「竜頭蛇尾」との混用か、けっこう見られるようである。
テールの煮込み ということで、丑歳も最後ということで、牛尾の煮込みを作ってみた。

|

« 今日の野良鳥(12月31日) | Accueil | とら »

Commentaires

去る年を惜しむのはなかなか出来ないことです〜
テールシチューおいしそすぎです
こういうときは呼んで下さい(笑)

Rédigé par: ピンク | le 01/01/2010 à 00:04

 じゃあ今年は作ったら呼びます。でもトラの尾って売ってない。それてに踏むもんで食うもんでないし。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 01/01/2010 à 09:51

虎の尾、花屋さんにないかな?

http://www.bloom-s.net/kanri/sansu.htm

Rédigé par: kuroneko | le 01/01/2010 à 22:15

ちょうど同じ食材を年末に入手していて。こちらは近所の韓国家庭料理店で教えられたレシピ。
まずたっぷりの水から強火で1時間ぐらい煮込みます。手づかみできそうなほど猛烈なアクが出ます。1時間ほどそうして煮込んだあと、スープを捨てて中身だけを水洗いし、あらためてたっぷりの水に、ひとつかみの米と一かけのニンニクを入れ、とろ火で少なくとも1日以上煮込みます。浮き出た油とアクを取り除き、水が少なくなれば足します。米がとろけてスープが白濁し、身が箸で柔らかくほぐれるようになれば出来上がりです。たっぷりのスープと共に、好みの塩コショーと青ネギで頂きます。アジアの大地の豊かさとかぐわしさが味わえるはずです。

Rédigé par: argon | le 03/01/2010 à 04:16

 虎の尾って多肉植物なのね。アロエみたいにして食うのかな。
 牛の尾は、ショウガ、ニンニク、セロリとアク取りしつつ、ひたすら煮込み、その後にスープと牛尾と野菜を煮込んだもので、塩・こしょう・ワイン・醤油で味を調えてます。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 03/01/2010 à 19:39

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/47167711

Voici les sites qui parlent de 牛後というか牛尾:

« 今日の野良鳥(12月31日) | Accueil | とら »